書籍販売TOP » 書籍販売 » 税務 » 相続税・贈与税 » 相続実務における雑種地評価

相続実務における雑種地評価

  

相続実務における雑種地評価

著 者 税理士法人 チェスター 編
出版社 清文社
発行日 2016年2月1日
判 型 B5判  216頁
概 要 通達でカバ-できない評価上のポイントを個別具体的に整理し、実際の評価業務を想定した29のケーススタディで実務の流れを把握できるよう、わかりやすく解説。
ISBN 978-4-433-56365-3

定価:2,376円(税込)

会員価格:2,138円(税込)

※書籍購入にはプロフェッションネットワークの会員登録が必要です。ご登録はこちら

※すでに会員登録がお済みの方はこちらからログインしてください。


冊 

【商品説明】


通達でカバ-できない評価上のポイントを個別具体的に整理し、実際の評価業務を想定した29のケーススタディで実務の流れを把握できるよう、わかりやすく解説。

【目次】


第1章 土地評価の基本
第1節 土地の評価上の区分
第2節 地積
第3節 共有財産
第4節 路線価方式
第5節 特定路線価
第6節 倍率方式


第2章 雑種地評価の概要
第1節 雑種地の定義と判定
第2節 雑種地の評価単位
第3節 雑種地の評価方法
第4節 区域区分に応じた雑種地評価の相違点
第5節 賃借権等と雑種地
第6節 雑種地評価の現場


第3章 ケース別雑種地評価
第1節 駐車場の評価(路線価地域)
第2節 駐車場の評価(倍率地域)
第3節 駐車場の評価(市街化調整区域)宅地比準①
第4節 駐車場の評価(市街化調整区域)宅地比準②
第5節 駐車場の評価(市街化調整区域)農地比準
第6節 アパート併設の駐車場の評価
第7節 時間貸し駐車場の評価
第8節 利用単位① 雑種地の上に存する権利
第9節 利用単位② 一団の雑種地
第10節 利用単位③ 市街地農地と雑種地が隣接する場合の評価
第11節 駐車場の貸家建付地の評価の可否(家屋か構築物か)
第12節 雑種地である広大地の評価(市街化区域内)
第13節 雑種地である広大地の評価(市街化調整区域内)
第14節 私道の評価
第15節 ゴルフ場の用に供されている土地の評価
第16節 ゴルフ練習場の評価
第17節 堅固な構築物の敷地である雑種地の評価
第18節 臨時的な使用に係る賃借権の評価
第19節 将来の契約更新が確実と認められる賃借権の評価
第20節 相当の地代を支払っている場合の構築物敷地の評価
第21節 遊園地等の評価
第22節 文化財建造物の敷地の評価
第23節 鉄道または軌道の敷地の評価
第24節 都市公園の用地として貸し付けている敷地の評価
第25節 市民緑地として貸し付けている敷地の評価
第26節 管理協定契約が締結されている土地の評価
第27節 風景地保護協定が締結されている土地の評価
第28節 雑種地と小規模宅地等の特例(構築物の有無)
第29節 雑種地と小規模宅地等の特例(私道における適用)


冊 


関連セミナー/研修

Copyright ©2012- Profession Network Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll to top
Go to home