書籍販売TOP » 書籍販売 » 税務 » 法人税 » 会社の税金実務必携

会社の税金実務必携

  平成29年版/図解・業務別

会社の税金実務必携

著 者 公認会計士・税理士 溝端浩人、公認会計士・税理士 妙中茂樹、
公認会計士・税理士 山本敬三、税理士 松本栄喜、公認会計士・税理士 城知宏 編著
出版社 清文社
発行日 2017年9月4日
判 型 B5判  400頁
概 要 平成29年度税制改正関連法令等対応の最新版。
日常的な会社税務、決算対策、特別な事案、社長個人の税金など経営の視点を織り混ぜて解説!
巻末には総合計算例も収録。
ISBN 978-4-433-60757-9

定価:3,456円(税込)

会員価格:3,110円(税込)

※書籍購入にはプロフェッションネットワークの会員登録が必要です。ご登録はこちら

※すでに会員登録がお済みの方はこちらからログインしてください。


冊 

【商品説明】


平成29年度税制改正関連法令等対応の最新版。
日常的な会社税務、決算対策、特別な事案、社長個人の税金など経営の視点を織り混ぜて解説!
巻末には総合計算例も収録。

【目次】

序章 会社に関する税金


●会社の税金編
 Ⅰ 事業活動と会社の税金
  1 人材活用と税務
  2 生産活動と試験研究活動の税務
  3 営業活動と税務
  4 有価証券投資と税務
  5 不動産投資と税務
  6 圧縮記帳と税務
  7 建物や機械を取得したときの税務
  8 海外活動と税務
 Ⅱ 決算対策・経営戦略と会社の税金
  1 消費税と税務
  2 同族会社と税務
  3 決算対策と税務
  4 税務調査の対応と税務
  5 会社の一生と税務
  6 グループ法人と税務


●社長の税金編
  1 社長の税金チェックポイント
  2 会社と社長間の取引と税金
  3 事業承継と社長の税金


冊 


関連セミナー/研修

Profession Journal関連記事

「税理士損害賠償請求」頻出事例に見る原因・予防策のポイント【事例56(法人税)】 「株式移転完全子法人から設立の日以後最初に受ける配当は100%益金不算入になると説明し、多額の配当が実行されたが、実際には50%が益金算入となる配当であったため、正しい説明を受けていれば配当は行わなかったとして損害賠償請求を受けた事例」
公開日:2017年11月22日 (掲載号:No.245) 齋藤 和助
家族信託による新しい相続・資産承継対策 【第26回】「家族信託の活用事例〈株式編①〉(非上場会社において、親から子への事業承継を予定しているが、子が経営について未熟であるため、株の名義を移したうえで親が意思決定権を保有し続ける事例)」
公開日:2017年11月22日 (掲載号:No.245) 荒木 俊和
役員インセンティブ報酬の分析 【第9回】「株式交付信託②」-平成29年度税制改正の影響-
公開日:2017年11月22日 (掲載号:No.245) 中野 竹司
NEW!《速報解説》 自民党 中小企業・小規模事業者政策調査会及び経済産業部会、「中小企業・小規模事業者の円滑な世代交代・事業承継に資する支援策の抜本拡充を求める決議」を取りまとめ~事業承継税制の抜本的見直し等、税制支援による承継時の負担軽減を求める~
公開日:2017年11月21日  Profession Journal 編集部

Copyright ©2012- Profession Network Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll to top
Go to home