書籍販売TOP » 書籍販売 » 労務・法務・経営 » メディカルサービス法人をめぐる法務と税務

メディカルサービス法人をめぐる法務と税務

  改訂増補

メディカルサービス法人をめぐる法務と税務

医療法人・MS法人間取引の実務ガイド

著 者 税理士 佐々木克典 著
出版社 清文社
発行日 2018年5月1日
判 型 A5判  304頁
概 要 平成29年4月2日以降の事業年度から義務化される医療法人と関係事業者との取引報告制度の具体的な解説を交え、メディカルサービス法人の法務と税務を詳細解説。
ISBN 978-4-433-64708-7

定価:3,024円(税込)

会員価格:2,722円(税込)

※書籍購入にはプロフェッションネットワークの会員登録が必要です。ご登録はこちら

※すでに会員登録がお済みの方はこちらからログインしてください。


冊 

【商品説明】


平成29年4月2日以降の事業年度から義務化される医療法人と関係事業者との取引報告制度の具体的な解説を交え、メディカルサービス法人の法務と税務を詳細解説。

【目次】


第1章 MS法人の概要
1 MS法人とはどのような法人ですか
2 MS法人は何が問題とされているのですか
3 持分のある医療法人が設立できなくなったのはなぜですか
4 MS法人はどのように活用されていますか
5 MS法人を設立するメリットは何ですか
6 MS法人を設立するデメリットは何ですか
7 MS法人の業務は法令で定められているのですか


第2章 MS法人のガバナンス 
1 MS法人の法人形態にはどのようなものが考えられますか
2 医療法人とMS法人の役員は兼務が認められますか
3 株式会社の機関設計はどのように考えますか
4 一般社団法人の特徴はどのようなものですか
5 相続税の納税猶予により相続税の負担を軽減できますか


第3章 医療法人の種別ごとのMS法人との関係
1 MS法人との取引があっても特定医療法人の承認は受けられますか
2 特定医療法人制度FAQではMS法人との取引をどう定めていますか
3 特定医療法人の申請においてどのような指摘例がありますか
4 MS法人との取引は持分のない法人への移行時に特別の利益提供とみなされますか
5 認定医療法人がMS法人に利益供与をした場合どうなりますか
6 認定医療法人はMS法人と取引ができますか
7 MS法人との取引があっても社会医療法人の認定は受けられますか
8 監査対象法人はMS法人との取引は認められますか


第4章 医療法人とMS法人との取引
1 医療法人は不動産賃貸業が行えますか
2 医療法人からMS法人へ資産を譲渡することはできますか
3 医療法人がMS法人に寄附をした場合どのような影響がありますか
4 院長個人からMS法人へ不動産を譲渡することができますか


第5章 取引報告書の記載
1 MS法人との取引報告制度はどのような手続きですか
2 関係事業者との取引報告書は必ず提出しなければなりませんか
3 関係事業者との取引報告書の記載方法
4 関係事業者との取引報告書の開示


第6章 MS法人による医療関連業務
1 保険薬局を開設するにあたりどのようなポイントがありますか
2 コンタクトレンズ販売を開始するにあたりどのようなポイントがありますか
3 介護事業を開始する手続きにはどのようなものがありますか
4 不動産賃貸業を開始するにあたりどのようなポイントがありますか
5 給食事業を開始するにあたりどのようなポイントがありますか
6 医療機器リース業を開始するにあたりどのようなポイントがありますか
7 クリーニング業を開始するにあたりどのようなポイントがありますか
8 労働者派遣業を開始するにあたりどのようなポイントがありますか


冊 


Profession Journal関連記事

《速報解説》 国税庁、小規模宅地等特例の平成30年度改正に係る改正措置法通達を公表~貸付事業の事業的規模を明確化~
公開日:2018年7月17日  角田 壮平
「税理士損害賠償請求」頻出事例に見る原因・予防策のポイント【事例62(法人税)】 「法人成り初年度に「雇用者給与等支給額が増加した場合の法人税額の特別控除」(所得拡大促進税制)の適用が受けられたにもかかわらず、これを適用せずに申告してしまった事例」
公開日:2018年5月24日 (掲載号:No.269) 齋藤 和助
理由付記の不備をめぐる事例研究 【第45回】「リース取引(減価償却費)」~法人税法上のリース取引に該当しないと判断した理由は?~
公開日:2018年4月5日 (掲載号:No.263) 泉 絢也
「税理士損害賠償請求」頻出事例に見る原因・予防策のポイント【事例60(消費税)】 「公表裁決事例(「個別対応方式による仕入税額控除額の計算に当たり、一括仕入れの調剤薬品等の仕入れを共通売上対応分であるとした用途区分に区分誤りはなかった」)を知り、所轄税務署で個別相談した結果、裁決と同様の計算が可能との回答を得たため、過去に遡って損害賠請求を受けた事例」
公開日:2018年3月22日 (掲載号:No.261) 齋藤 和助

Copyright ©2012- Profession Network Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll to top
Go to home