書籍販売TOP » 書籍販売 » 税務 » その他の税務 » 相続・事業承継に役立つ生命保険活用術

相続・事業承継に役立つ生命保険活用術

  改正通達に対応

相続・事業承継に役立つ生命保険活用術

著 者 税理士 木下勇人 著
出版社 清文社
発行日 2020年8月3日
判 型 A5判  256頁
概 要 相続・事業承継問題を体系的に示し、通達改正でこれまでの実務に変更を生じさせる部分とそうでない部分を明確にするとともに、生命保険のメリット・デメリットなどを、Q&Aでわかりやすく解説。

【著者セミナー開講!】

木下勇人の木下塾「出口戦略としての生命保険活用」

 バレンタインショックによる法人節税保険への警鐘、コロナショックによる世界的不景気への潮流など、大きな転機に差し掛かった生命保険業界ですが、税理士として提案すべき「保障」は何も変化するものではありません。ただ、税理士実務における各種場面で、生命保険のもつ本質的な機能を改めて見つめなおす時期が到来したと考えて良いのではないでしょうか。
 本講義では、過去の法改正分も含めた、相続・事業承継実務の各場面における生命保険の出口戦略を検証することを目的とします。

【セミナーと当著書がセットになった「お得な書籍付きセット」もお申込み受付中!】

▶Webセミナーはこちら  ▶DVDセミナーはこちら

ISBN 978-4-433-72760-4

定価:2,860円(税込)

会員価格:2,574円(税込)

※書籍購入にはプロフェッションネットワークの会員登録が必要です。ご登録はこちら

※すでに会員登録がお済みの方はこちらからログインしてください。


冊 

【商品説明】


相続・事業承継問題を体系的に示し、通達改正でこれまでの実務に変更を生じさせる部分とそうでない部分を明確にするとともに、生命保険のメリット・デメリットなどを、Q&Aでわかりやすく解説。

【目次】


第1章 相続・事業承継の本質的理解
 1 各種事業者による「相続」マーケットへの参入契機
 2 個人における「相続」問題
 3 法人における「事業承継」問題
 4 両者の関係を整理する複眼的視点
 5 問題解決手法としての生命保険の利点と限界
 6 問題解決手法としての遺言の利点と限界


第2章 個人保険・法人保険の本来の活用法
 1 生命保険本来の機能検証
 2 個人保険のレバレッジ効果と活用場面
 3 法人保険のレバレッジ効果と活用場面
 4 バレンタイン・ショック後の生命保険提案


第3章 Q&Aで検討する相続・事業承継実務と生命保険活用の連携


冊 


関連セミナー/研修

Copyright ©2012- Profession Network Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll to top
Go to home