金融・投資商品の税務Q&A

海外取引を含む所得課税関係の最新事例
  • 2,970 円 (会員価格) (税込)
  • 定価: 3,300 円 (税込)
  • 著者

    PwC税理士法人 箱田晶子、PwC税理士法人 高木宏、PwC税理士法人 西川真由美 著

  • 出版社

    清文社

  • 発行日2020年11月19日
  • 改訂年新版
  • 判型A5判 328 頁
  • ISBN978-4-433-73330-8

国内外取引を広く扱い、豊富な経験と蓄積を盛り込んだ事例を厳選!
「金融所得一体課税」をはじめとする最新の改正税法に基づき、株式、債券、投信信託、ETF、太陽光パネル等、多様な商品の所得課税関係を徹底解説。

在庫3個

現在、取り扱っておりません。

【商品説明】

国内外取引を広く扱い、豊富な経験と蓄積を盛り込んだ事例を厳選!
「金融所得一体課税」をはじめとする最新の改正税法に基づき、株式、債券、投信信託、ETF、太陽光パネル等、多様な商品の所得課税関係を徹底解説。

【目次】

序 章 金融商品の税務の概要
Ⅰ 居住者に対する課税の概要
Ⅱ 金融・投資所得に関する課税の概要
Ⅲ 金融所得に関する非課税規定
Ⅳ 国外金融所得に係る留意点
Ⅴ 金融取引と消費税

第1章 株式の税務

第2章 債券の税務

第3章 預貯金の税務

第4章 投資信託、投資法人の税務

第5章 組合・パートナーシップの税務

第6章 その他の金融・投資商品の税務

【著者紹介】

箱田晶子(はこだ・あきこ)
PwC税理士法人 金融部 パートナー。税理士。
金融機関、ファンド等に対し、内外の投資信託、仕組債、リッパケージローン等の金融商品に関する税務上のアドバイス、クロスボーダーのファンド投資ストラクチャー組成に関する税務コンサルティングサービスを数多く行っている。
主な共著書に『投資ストラクチャーの税務(九訂版)』『信託の税務』(税務経理協会)、『逐条解説 投資信託約款』(きんざい)等がある。

高木宏(たかぎ・ひろし)
PwC税理士法人 金融部 パートナー。公認会計士・税理士。
日本の不動産会社、リース会社、機関投資家に対して国外のアウトバウンド投資に際しての投資ストラクチャーに関する税務アドバイス、外資系ファンド、海外年金、ソブリンウェルスファンドに対して日本向けインバウンド投資に際しての投資ストラクチャーに関する税務アドバイス、J-REITに対する税務アドバイスを行っている。
主な共著書に『リース取引の会計と税務』(税務研究会)、『開発型不動産証券化の知識と実際』(ぎょうせい)、『知的財産ビジネス』(日経BP)等がある。

西川真由美(にしかわ・まゆみ)
PwC税理士法人 金融部 ディレクター。税理士。
日系及び外資系の銀行、証券会社、信託銀行、リース会社等の金融機関に対して信託やリースを含む金融商品や投資、ファイナンスストラクチャーの開発案件、新規投資案件の検討時において税務面からのアドバイザリー業務に関与している。