書籍販売TOP » 書籍販売 » 税務 » 判例解釈でひもとく改正法解説と企業対応策

判例解釈でひもとく改正法解説と企業対応策

  働き方改革関連法

判例解釈でひもとく改正法解説と企業対応策

著 者 弁護士 岩出誠 編著
出版社 清文社
発行日 2020年3月30日
判 型 A5判  360頁
概 要 同一労働同一賃金・パワハラ・セクハラ・マタハラ・カスハラ等について、改正の流れと法的根拠等について詳解するとともに、事案を含む最新の判例を紹介し、企業の実践的実務対応上の留意点についても解説。
ISBN 978-4-433-75460-0

定価:3,080円(税込)

会員価格:2,772円(税込)

※書籍購入にはプロフェッションネットワークの会員登録が必要です。ご登録はこちら

※すでに会員登録がお済みの方はこちらからログインしてください。


冊 

【商品説明】


同一労働同一賃金・パワハラ・セクハラ・マタハラ・カスハラ等について、改正の流れと法的根拠等について詳解するとともに、事案を含む最新の判例を紹介し、企業の実践的実務対応上の留意点についても解説。

【目次】


第1章 働き方改革関連法の動き
 第1節 概要
 第2節 働き方改革関連法(施行)のタイムスケジュール


第2章 パートタイム・有期雇用労働法
~同一労働同一賃金関連~
 第1節 同一労働同一賃金の考え方
 第2節 パート社員・契約社員・派遣社員の待遇改善と改正のポイント
 第3節 判例裁決事例(主に労契法20条関係における判例・裁判例を中心に)


第3章 労働施策総合推進法(旧雇用対策法)
 第1節 パワーハラスメント対策の法制化の流れと概要
 第2節 男女雇用機会均等法の改正
 第3節 育児・介護休業法の改正ポイント
 第4節 取引先や顧客からの著しい迷惑行為(カスハラ)に関する指針


冊 


Copyright ©2012- Profession Network Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll to top
Go to home