書籍販売TOP » 書籍販売 » 税務 » 消費税 » 消費税課否判定要覧 [第4版]

消費税課否判定要覧 [第4版]

  

消費税課否判定要覧 [第4版]

著 者 税理士 福田浩彦、税理士 相澤 博、税理士 二宮 良之
出版社 TAC出版
発行日 2019年7月25日
判 型 A5判  313頁
概 要 【10%の税率変更に対応】「課税」「非課税」「免税」「不課税」の
課否判定が一目でわかる!判定の根拠となる法令・通達の番号を詳しく記載!

*本書は、平成31年4月現在の法令・通達に基づいています。
 消費税率10%(国税分7.8%、地方税分2.2%)の改正に対応した、最新書籍です!
ISBN 978-4-8132-8299-0

定価:1,944円(税込)

会員価格:1,750円(税込)

※書籍購入にはプロフェッションネットワークの会員登録が必要です。ご登録はこちら

※すでに会員登録がお済みの方はこちらからログインしてください。


冊 

【商品説明】


【10%の税率変更に対応】「課税」「非課税」「免税」「不課税」の
課否判定が一目でわかる!判定の根拠となる法令・通達の番号を詳しく記載!

*本書は、平成31年4月現在の法令・通達に基づいています。
 消費税率10%(国税分7.8%、地方税分2.2%)の改正に対応した、最新書籍です!

【目次】

はじめに

第1章 消費税の概要
第2章 消費税 課否判定表
1.損益計算書科目
・売上高
・売上原価
・販売費及び一般管理費
・営業外収益
・営業外費用
・特別損益
・輸出入取引
・国外取引

2.貸借対照表科目

索引


冊 


関連セミナー/研修

Profession Journal関連記事

会計検査院「平成29年度決算検査報告」で特定検査対象となった税制上の論点整理 【前編】「開廃業手続による事業の引継ぎを行って事業を開始した場合における個人事業者の消費税の納税義務の免除について」
公開日:2019年3月7日 (掲載号:No.309) 米澤 勝
「税理士損害賠償請求」頻出事例に見る原因・予防策のポイント【事例71(消費税)】 「「課税事業者届出書」を提出すべきところ誤って「課税事業者選択届出書」を提出したため、調整対象固定資産の仕入れ等を行った場合の「簡易課税制度選択届出書」の提出制限(平成22年改正)により「簡易課税制度選択届出書」の提出はなかったものとみなされてしまった事例」
公開日:2019年2月28日 (掲載号:No.308) 齋藤 和助
外資系企業の税務Q&A 【第3回】「日本にPEを有しない外国法人が日本国内で商品の仕入・販売を開始する場合の消費税の取扱い」
公開日:2018年11月29日 (掲載号:No.296) 中島 崇賢
「税理士損害賠償請求」頻出事例に見る原因・予防策のポイント【事例64(消費税)】 「特定期間で課税事業者になっていたことに気づかず、建物売却に係る消費税の納付が発生してしまった事例」
公開日:2018年7月26日 (掲載号:No.278) 齋藤 和助

Copyright ©2012- Profession Network Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll to top
Go to home