Profession Journal » その他お知らせ » 連載記事一覧(労務)

連載記事一覧(労務)

筆者:Profession Journal 編集部

文字サイズ

労 務

◆ ◇ ◆ ◇ ◆

《現在連載中の記事一覧》

◆ ◇ ◆ ◇ ◆

※現在連載中の記事については、第1回へのリンクのみ表示しています。
各連載の目次については、リンク先の記事の最下部にある連載目次をご覧ください。

 

◆ ◇ ◆ ◇ ◆

《連載終了記事一覧》

◆ ◇ ◆ ◇ ◆

※各記事は公開日現在の法令等によっていますので、閲覧の際はご留意ください。
▼ 記事のタイトルをクリックすると目次が開きます ▼

◆賃金請求権の消滅時効変更に伴う未払残業代等の企業対応

◆テレワーク導入に伴う労務上の課題と対応策

◆組織再編時に必要な労務基礎知識Q&A

「組織再編時に必要な労務基礎知識Q&A」(岩楯めぐみ)

〔総論〕

〔合併編〕

〔会社分割編〕

◆新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う会社対応のポイント

「新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う会社対応のポイント」(寺本匡俊)

◆「働き方改革」でどうなる? 中小企業の労務ポイント

◆副業・兼業社員の容認をめぐる企業の対応策と留意点

◆外国人労働者に関する労務管理の疑問点

「外国人労働者に関する労務管理の疑問点」(永井弘行)

◆「無期転換ルール」の確認とその対応

「「無期転換ルール」の確認とその対応」(麻生武信)

◆[平成29年1月1日施行]改正育児介護休業法のポイントと実務対応

◆被災したクライアント企業への実務支援のポイント〔労務面のアドバイス〕

◆「確定拠出年金等改正法」の成立について

◆違法な長時間労働に関するブラック企業に対し、初の「企業名公表」へ~リスク回避に向けて企業ができること~

◆改正労働者派遣法への実務対応《派遣元企業編》~人材派遣会社は「いつまでに」「何をすべきか」~

「改正労働者派遣法への実務対応《派遣元企業編》~人材派遣会社は「いつまでに」「何をすべきか」~」(岩楯めぐみ)

◆改正労働者派遣法への実務対応《派遣先企業編》~派遣社員を受け入れている企業は「いつまでに」「何をすべきか」~

「改正労働者派遣法への実務対応《派遣先企業編》~派遣社員を受け入れている企業は「いつまでに」「何をすべきか」~」(岩楯めぐみ)

◆中小企業事業主のための年金構築のポイント

「中小企業事業主のための年金構築のポイント」(佐竹康男,古川裕子)

◆義務だけで終わらせない「ストレスチェック」の活かし方

◆[平成27年9月30日施行]改正労働者派遣法のポイント

◆確定拠出年金制度の改正をめぐる今後の展望

「確定拠出年金制度の改正をめぐる今後の展望」(秦 穣治)

【第1回】 今回改正の背景と全体像

1 改正の背景

2 改正の全体像

【第2回】 今回改正が意味すること①

1 退職給付企業年金(DB)・確定拠出企業年金(DC)共通の問題

2 DCの資産運用に関し追加予定の諸規制

3 DC投資教育に関する新しい整理

【第3回】 今回改正が意味すること②

4 実施のスピード感

5 運営管理機関をはじめとする金融機関の反応

【第4回】 今回法改正案に盛り込まれたこと①

1 中小企業対象「簡易型DC制度」創設

2 個人型DCへの「小規模事業主掛金納付制度」の創設

3 拠出限度額の年単位化

4 個人型DCの加入対象拡大と新個人型DC拠出限度額

【第5回】 今回法改正案に盛り込まれたこと②

5 企業型DCの新拠出限度額&自助努力の選択肢

6 制度間のポータビリティの拡充

7 その他の措置

【第6回】 今後検討されること

1 DB・DC合算での拠出限度額

2 DB・DC共通の給付ルール

3 新DC個人型の問題

4 商品除外問題

5 指定運用方法の設定(デフォルト設定)

◆専門的知識等を有する有期雇用労働者等に関する特別措置法」を活用するポイント

「専門的知識等を有する有期雇用労働者等に関する特別措置法」を活用するポイント」(佐藤 信)

◆最新!《助成金》情報

「最新!《助成金》情報」(五十嵐芳樹)

  • 【第1回】 雇用関連助成金の活用(その1)

    1 雇用関連助成金の目的

    2 雇用関連助成金の手続と手順

    3 雇用関連助成金の意義

    4 雇用関連助成金の費用

    5 雇用関連助成金の支給対象事業主

    6 中小事業主の範囲

    7 雇用関連助成金の申請に際しての注意点

    8 雇用関連助成金の担当窓口

    9 主な雇用関連助成金

  • 【第4回】 雇用関連助成金の活用(その4)《キャリア形成促進助成金》

    1 キャリア形成促進助成金の目的

    2 キャリア形成促進助成金の申請の流れ

    3 支給額

    4 成長分野等人材育成コース

    5 グローバル人材育成コース

    6 育休中・復職後等能力アップコース

    7 若年人材育成コース(中小企業限定)

    8 熟練技能育成・継承コース(中小企業限定)

    9 認定実習併用職業訓練コース(中小企業限定)

    10 自発的職業能力開発コース(中小企業限定)

    11 中長期的キャリア形成コース(平成26年10月新設)

    12 一般型訓練(中小企業限定)

    13 東日本大震災復興対策による特例措置

  • 【第10回】 雇用関連助成金の活用(その10)《建設労働者確保育成助成金(後編)》

    [Ⅵ] 若年者に魅力ある職場づくり事業コース(事業主経費助成)

    [Ⅶ] 若年者に魅力ある職場づくり事業コース(事業主団体経費助成)

    [Ⅷ] 建設広域教育訓練コース(推進活動経費助成)

    [Ⅸ] 建設広域教育訓練コース(施設設置等経費助成)

    [Ⅹ] 新分野教育訓練コース(経費助成)

    [Ⅺ] 新分野教育訓練コース(賃金助成)

    [Ⅻ] 作業員宿舎等設置コース(経費助成)

  • 【第13回】 雇用以外のその他の助成金情報

    [1] 業務改善助成金

    [2] 職場意識改善助成金(職場環境改善・改善基盤整備コース)

    [3] 職場意識改善助成金(テレワークコース)

    [4] 受動喫煙防止助成金

◆テレワーク・在宅勤務制度導入時に気をつけたい労務問題

◆過労死等防止対策推進法と企業への影響

◆国際出向社員の人事労務上の留意点(海外から日本編)

「国際出向社員の人事労務上の留意点(海外から日本編)」(平澤貞三)

◆会社ができるメンタルヘルス《事前・事後》対策

「会社ができるメンタルヘルス《事前・事後》対策」(筒井恵美子)

◆派遣労働者と派遣先の労働契約の成否と実務対応~マツダ防府工場事件一審判決~

◆経営サイドから見た『ブラック企業』とリスク対策

◆改正労働契約法──各企業への適用に当たっての注意点

◆高年齢者の継続雇用を巡る企業対応(最高裁平成24年11月29日判決を受けて)

◆中国「社会保険法」の外国人に対する強制適用 ~適用開始から1年超が経過した、当局実務運用を含む現状解説~

◆廃止予定の「受給資格者創業支援助成金」について─今年度末までの事前届出が必要─

◆〔改正〕継続雇用制度の実務対応

◆改正労働契約法

「改正労働契約法」(桑野真浩)

◆一体改革で企業労務はこう変わる

◆〔緊急掲載〕雇用調整助成金等の支給要件変更について

◆改正労働者派遣法のポイントと企業対策

このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者紹介

  • Profession Journal 編集部

    会員の皆さまに役立つ情報を提供してまいります。
    Profession Journalへのご意見・ご要望はこちらから。

    税務・会計Web情報誌 Profession Journalは、実務書出版社の「株式会社清文社」と「資格の学校TAC」の合弁会社である「株式会社プロフェッションネットワーク」が管理・運営を行っています。

        

    ▷気に入った記事・気になる記事を見つけたら・・・

    各記事ページにあるSNSの「いいね!」ボタンを押して拡散してください!

    タイトル横の「ブックマークする」ボタンを押せば、ページ右の「ブックマーク一覧」からすぐにご覧いただけます!
    ※「ブックマークする」ボタンは、会員ログイン後に表示されます。

    FOLLOW US!!
      

Profession Journal関連記事

Profession Journal » その他お知らせ » 連載記事一覧(労務)

Copyright ©2012- Profession Network Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll to top
Go to home