セミナー/研修TOP » 決算整理・決算書関係

決算整理・決算書関係

  • スタンダード
    2018年7月12日( 木 ) ~ 2019年6月30日( 日 )
    経理の実務を短期間に学習し実務に即した書類作成を習得!

    DVD講座

     「はじめての経理実務書類作成」は、経理実務手続きを実例を通して学ぶことができる講座です。経理の業務で必要となる書類をトレーニング・シートとして使用し、実務に即した書類作成を講義内で行います。
     単に、シート空欄に数値を記入させるだけの講座ではなく、その数値が入る根拠を学びながらの講義ですので、初めての方に安心して受講していただける内容となっています。
     会計・税理士事務所に就職希望だが経理実務は未経験という方は、お客様への業務のアドバイスができるようになるためにも、習得しておきたい知識です。

     本講座は、教材と動画で繰り返し学習ができるDVD講座です。

    講師吉川 博基

    詳細をみる

  • スタンダード
    2018年7月12日( 木 ) ~ 2019年6月30日( 日 )
    プロとして身につけたい「財務分析」のツボを徹底理解!

    DVD講座

     当講座は、財務諸表(財務3表:貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書)に記載されている内容に加えて、その記載されている数値をもとに、企業の状況を分析する手法を学習する入門講座です。
     会計事務所や一般企業経理担当者として、クライアント(あるいは自社)が継続的に成長していくためには、月次決算書や年次決算書を通じてクライアント(あるいは自社)の財務状況を多角的に分析し、一歩進んだ情報を提供することがますます必要になってきます。
     会計の専門家・コンサルタントとして身につけておきたい知識の1つです。

    本講座は、教材と動画で繰り返し学習ができるDVD講座です。

    講師高畑 光伸

    詳細をみる

  • エキスパート
    2018年7月12日( 木 ) ~ 2019年6月30日( 日 )
    財産債務調書等について提出義務者、作成する際の注意点、財産債務の評価方法など、誤りやすいポイントを解説!

    DVD講座

    本講座では、実務上重要となる『財産債務調書』の提出義務者について、従来から制度化されている『国外財産調書制度』の提出義務者とあわせて整理し、記載する財産債務の価額の算定方法や記載方法について解説した上で、財産債務調書及び国外財産調書に係る過少申告加算税等の特例の内容についても説明します。

    本講座は、教材と動画で繰り返し学習ができるDVD講座です。

    講師島添 浩

    詳細をみる

  • エキスパート
    2018年7月12日( 木 ) ~ 2019年6月30日( 日 )
    ~連結納税の基本的な仕組みや導入によるメリットを解説~


    DVD講座

     連結納税は100%の支配関係にある企業グループを一体として捉え、一括して法人税の納税を行う制度ですが、その適用は納税者自身の選択に委ねられており、導入によるメリット・デメリットがあります。
     当初は複雑に感じられた本制度ですが、平成14年度の制度創設から時間の経過とともに、徐々に企業の納税方式の一つとして定着しつつあるといえるでしょう。
     当講座では連結納税の基本的な仕組みから、この制度の選択を検討する際の判断のポイント、導入前や導入後に留意すべき手続きなどを紹介していきます。

     本講座は、教材と動画で繰り返し学習ができるDVD講座です。

    講師吉田 知至

    詳細をみる

  • エキスパート
    2018年8月23日( 木 ) ~ 2019年6月30日( 日 )
    法人成りのメリット・デメリットを理解し、有効活用しましょう!!

    DVD講座

     個人事業を法人化することのメリット、デメリットを紹介し、それを踏まえての法人成りの税務、法人成り後の注意点を紹介していきます。
     法人成りを取り扱う際に、処理上どのような点に注意しなければいけないか、また、設立した法人に対する資産の移転や賃貸をする場合の取扱いなどを網羅的に解説します。

    講師内山 隆一

    詳細をみる

  • スタンダード
    2018年8月24日( 金 ) ~ 2019年6月30日( 日 )
    消費税の還付を受けるための条件と手続きについて、法律内容を理解しながらマスターしましょう!

    DVD講座

     消費税の還付を受けるためには、課税事業者に該当していることや簡易課税制度の適用を受けていない事業者であることなど、いくつかの条件が備わっていなければなりません。平成22年度税制改正においては、自動販売機を利用した消費税還付スキームを防止するための改正措置が行われ、平成28年度税制改正においては、高額特定資産を取得した場合の納税義務の免除の特例が新設されたことにより、消費税の還付を受けるための条件が複雑かつ厳しくなってきています。当講座では、法律的な内容を交えながら消費税の還付を受けるための条件や手続きについて解説していきます。

     本講座は、教材と動画で繰り返し学習ができるDVD講座です。

    講師二宮 良之

    詳細をみる

  • エキスパート
    2018年8月24日( 金 ) ~ 2019年6月30日( 日 )
    ~経過措置規定の実務上の留意点(事前対策や各種契約書の記載方法などのポイント)とは~

    DVD講座

      
     消費税率の10%引上げ時においても8%引上げ時(平成26年4月1日)と同様に様々な経過措置が設けられています。
     この経過措置は、施工日以後の取引であっても旧税率で処理することとなる規定ですが、工事の請負や資産の貸付けに関する経過措置、予約販売や通信販売に関する経過措置、旅客運賃等や電気料金等に関する経過措置、売上返還・仕入返還・貸倒れに関する経過措置など様々な経過措置規定があります。
     また、工事の請負や資産の貸付けに関する経過措置などについては、指定日(平成31年4月1日)の前日までに契約等を締結する必要があり、その対応策を講じる時期や経理処理を行う時期が各経過措置によって異なることから注意が必要となります。
     そこで、本講座では、各経過措置の規定について確認し、その対応策について解説します。

     本講座は2018年7月30日(月)TAC渋谷校にて開催された研修をDVD研修セミナーとしたものです。
     本講座は、教材と動画で繰り返し学習ができるDVD講座です。

    ★下記セミナーもあわせて受講されることをお勧めします。
     『消費税軽減税率制度〈制度理解編〉~制度の概要、導入後の消費税の計算方法を徹底理解!~』
      詳細・お申込みはこちら
     『消費税軽減税率制度〈実務運用編〉~事前対策と実務上の留意点を徹底攻略!~』
      詳細・お申込みはこちら
     『消費税インボイス方式と請求書等の記載方法~導入により適用要件が変更される仕入税額控除、適格請求書等の記載内容とは~』
      詳細・お申込みはこちら
    ★お得なパックもございます。
     『基礎から学ぶ消費税軽減税率基本パック』
      詳細・お申込みはこちら
     『消費税集中マスターセミナーパック』
      詳細・お申込みはこちら

    講師島添 浩

    詳細をみる

セミナー/研修TOP » 決算整理・決算書関係

Copyright ©2012- Profession Network Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll to top
Go to home