セミナー/研修TOP » スタンダード » 営業・マーケティング他 » 〈Web講座〉相続・事業承継(信託基礎編)

〈Web講座〉相続・事業承継(信託基礎編)

~注目分野「信託」の基本構造からニード喚起まで~

WEB講座

 平成18年に改正され、自己信託や受益者連続型信託などの設定が可能となり、近年急速に注目を集めつつある信託について解説します。遺言や成年後見人だけでは解決できない、資産や事業の承継の問題が信託を使うことで驚くほど簡単に解決することが可能となります。
 当講座は、信託の基本構造などの基礎知識のインプットから始め、事例を多く活用しながら、信託の使い方を解説します。
 信託のニーズは、表面に出ていません。信託に精通した方が、相続・事業承継やファイナンシャルプランニングなどの相談を受ける中で、潜在的な信託ニースを掘り起こしあげることが求められます。
 当講座受講後には、信託の組成(信託の設計図の作成などのプランニング、関係する専門家の差配等)はもちろん、ニード喚起もできるようになることを目的としています。

※より実践的な内容を具体例を交えながら解説する『相続・事業承継(信託応用編)』もございます。
 『相続・事業承継(信託応用編)』はこちら

本講座は、Webで講義動画(スマートフォンやタブレットなどモバイル端末にも対応)を繰り返し視聴して学習できるWeb講座です。

お申し込み

Profession Journal 検索

開催日時

2016年7月22日( 金 ) ~ 2017年6月30日( 金 )
上記は、講座のお申込受付期間です。【視聴期限:2017年7月31日まで】

対象者

税理士・公認会計士及び会計事務所職員の方、ファイナンシャルプランナー、金融関係の営業職の方、保険代理店、宅地建物取引士、ハウスメーカーで営業職の方など

講座の特色

 平成18年に改正され、自己信託や受益者連続型信託などの設定が可能となり、近年急速に注目を集めつつある信託について解説します。遺言や成年後見人だけでは解決できない、資産や事業の承継の問題が信託を使うことで驚くほど簡単に解決することが可能となります。
 当講座は、信託の基本構造などの基礎知識のインプットから始め、事例を多く活用しながら、信託の使い方を解説します。

 信託のニーズは、表面に出ていません。信託に精通した方が、相続・事業承継やファイナンシャルプランニングなどの相談を受ける中で、潜在的な信託ニースを掘り起こしあげることが求められます。
 当講座受講後には、信託の組成(信託の設計図の作成などのプランニング、関係する専門家の差配等)はもちろん、ニード喚起もできるようになることを目的としています。

税理士・公認会計士の方はもちろんのこと、ファイナンシャルプランナー、金融関係の営業職などの方についてもお勧めの講座です。


・この講座は、Web(インターネット)にて講義を視聴していただく講座です。
再生速度調節機能(0.8~2倍速)などの便利な機能(※)も搭載し、ご自分のペースに合わせて24時間いつでもどこでも受講ができます。
(※)パソコンでプラウザがWindows®のInternet Explorere8~11で視聴される場合のみ
・視聴期限(2017年7月31日)までは、何度でも繰り返し視聴できます。
・また、スマートフォンやタブレット端末にも対応!
ライフスタイルに合わせて学習できるこのWeb講座をぜひご利用ください。
(※動作環境につきましては「諸注意」の項目より必ずご確認ください)





なお、同じ内容のDVD講座もございます。
DVD講座の受講料・お申込はこちら

講師

蟹江 乾道 氏

(かにえ・けんどう)

蟹江乾道税理士事務所 所長
税理士・CFP®

税理士事務所を運営する中で、相続・事業承継等の資産税業務を中心に取扱う。
相続税申告関与の他、近年では民事信託にも取り組み、多数の信託契約の締結に関与。
全国で税理士や司法書士、弁護士向けの民事信託に関するセミナーを開催している。

セミナー詳細

相続・事業承継(信託基礎編)
~注目分野「信託」の基本構造からニード喚起まで~

(収録日:第1回2016年7月1日/総講義時間:約1時間57分)
(収録日:第2回2016年7月1日/総講義時間:約1時間44分)

■ プログラム
1 もし信託がなかったら…
(1) 認知症になった後の贈与は可能?
(2) 熟年再婚夫婦 妻に相続した財産の行方は?
(3) 遺言書作成後に認知症発症。後見人が資産を処分したら?
2 信託の基本
(1) 信託とは
(2) 用語解説
(3) 基本構造
(4) 所有権と課税関係
3 民事信託を使った解決方法
(1) 認知症になった後の贈与は可能?
(2) 熟年再婚夫婦 妻に相続した財産の行方は?
(3) 遺言書作成後に認知症を発症。後見人が資産を処分したら?
4 民事信託の具体例①(福祉型)
(1) 事例紹介
(2) 放置するとどうなるか?
(3) 後見制度を使うとどうなるか?
(4) 民事信託での解決方法
5 民事信託の具体例②(受益者連続型)
(1) 事例紹介
(2) 放置するとどうなるか?
(3) 遺言を使うとどうなるか?
(4) 民事信託での解決方法
6 入門編のまとめ

■サンプル動画はこちら ↓↓(画像をクリック)↓↓

■事前にWebの動作環境を必ずご確認ください。
・PC用の動作確認はこちら
・モバイル用の動作確認はこちら

■Web講座のログイン画面はこちら

教材

■ オリジナルテキスト 相続・事業承継(信託基礎編)(B5版 26頁)

【教材発送について】

ご入金確認後、2週間程度でのお届けとなります。
(年末年始・大型連休・夏季休暇・弊社倉庫の棚卸等の一部の時期などは、通常よりもお時間をいただく場合がございます。)

お申し込み時点における、ご登録の住所へお送りいたします。
お申し込みの前に、必ずお客様のご登録住所をご確認ください。
ご住所や電話番号に変更がある場合は、会員登録情報の変更をお願いいたします。


※会員登録情報の確認・変更はこちら

諸注意

お申込み前に必ずご利用になるパソコン等の端末にて動作環境および動作をご確認ください。
 ・PC用の動作環境および動作の確認はこちらから
 ・モバイル用の動作環境および動作の確認はこちらから 

Web講座のログイン画面はこちら

■会社等、ご自宅以外から接続する場合、セキュリティーの設定などにより一部ご利用できない場合があります。

■ インターネットプロバイダへの接続料金ならびにNTT等の電話回線使用料、パケット通信料はお客様負担となります。

この講座は、教材等商品到着後のキャンセルによる返金はできません。

■Web講座にログインするためのユーザIDとパスワードは教材に同梱されている「会員証」に記載されております。

■当講座の受講期限:2017年7月31日(月)

■キャンセルによる返金の手続き■
  • 【会場での開催セミナー/研修の場合】
    <銀行振込みの場合>
     開催日の前営業日(土日祝祭日等除く)17:00までに弊社あてに電話 ⇒ 「返金依頼書」をFAX ⇒ 原本を郵送してください。
     手続き完了後、受講料を返金(振込手数料控除後)いたします。
     なお、「返金依頼書」はこちらよりダウンロードしてご使用ください。

    <クレジット決済の場合>
     開催日の前営業日(土日祝祭日等除く)17:00までに弊社あてに電話 ⇒ 「返金依頼書」をFAXしてください。(原本の郵送は必要ありません)
     手続き完了後、お申し込み時にご利用いただいたクレジットカード会社を通じてのご返金となります。(詳細はご利用のクレジットカード会社に直接ご確認ください。)
     なお、「返金依頼書」はこちらよりダウンロードしてご使用ください。
     弊社より受講料の返金はございませんので、返金依頼書の振込先情報のご記入は不要です。

  • 【DVD講座・Web講座など通信講座の場合】
     教材到着後、もしくはWeb講座にログインするためのユーザID・パスワードの交付後は、キャンセルによる返金はできません。

受講料

会員区分 受講料
会員以外の方(Web講座)35,500 円 (税込)
一般会員(Web講座)25,500 円 (税込)
プレミアム会員(Web講座)20,600 円 (税込)
一般会員(無料)又はプレミアム会員(有料)にご登録いただいた後にお申し込みいただくと、通常より優待価格で受講可能です。 会員登録はこちら、会員制度はこちら

お申し込み

関連セミナー/研修

関連書籍

Copyright ©2012- Profession Network Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll to top
Go to home