書籍販売TOP » 書籍販売 » 税務 » 相続税・贈与税 » 相続税申告で迷いがちな債権・債務

相続税申告で迷いがちな債権・債務

  

相続税申告で迷いがちな債権・債務

法務・税務の取扱いと留意点

著 者 税理士 小林 磨寿美 著
出版社 清文社
発行日 2015年1月13日
判 型 A5判  296頁
概 要 相続税の申告における債権・債務について、基本的考え方、債権・債務に関する帰属の判断の仕方から、財産評価のノウハウ、準確定申告の注意点まで、裁決例・裁判例を多く取り上げポイントを解説。
ISBN 978-4-433-52234-6

定価:2,640円(税込)

会員価格:2,376円(税込)

※書籍購入にはプロフェッションネットワークの会員登録が必要です。ご登録はこちら

※すでに会員登録がお済みの方はこちらからログインしてください。


冊 

【商品説明】


相続税の申告における債権・債務について、基本的考え方、債権・債務に関する帰属の判断の仕方から、財産評価のノウハウ、準確定申告の注意点まで、裁決例・裁判例を多く取り上げポイントを解説。

【目次】


第1章 被相続人等に係る債権・債務の民法的問題と税務
1 相続において承継される債権・債務の範囲
2 相続放棄
3 限定承認


第2章 被相続人に係る債務の取扱い
1 債務控除
2 債務の評価


第3章 被相続人に係る債権の評価
1 債権と民法
2 債権の評価


第4章 同族株式の評価における債権・債務の取扱い
1 債権・債務の取扱いの原則
2 債権の取扱い
3 債務の取扱い


第5章 債権・債務と準確定申告等
1 医療費控除との関係
2 不動産所得がある場合

冊 


関連セミナー/研修

Copyright ©2012- Profession Network Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll to top
Go to home