セミナー/研修TOP >  実務に使える税務用語解説

実務に使える税務用語解説

税法実務において多用する、各種実務用語の詳細と、実務においての具体例を解説します。

実務に使える税務用語解説

年末調整

年末調整

源泉徴収義務扶養控除年末調整源泉徴収票給与支払報告書法定調書
2017.09.14プロフェッションネットワーク

給与等の支払者が年末調整を行う際の対象者、扶養控除等申告書や保険料控除申告書(兼)配偶者特別控除申告書、住宅借入金等特別税額控除申告書など給与所得者が提出すべき書類、源泉徴収票の作成など給与等の支払者が提出すべき書類の詳細、事業者が作成し提出する法定調書など、年末調整の全般について概要を解説します。
初めて年末調整を行う経理や総務人事、事務など年末調整担当部署のご担当者様など、実際に実務に携わる方でも安心して年末調整の流れや書類の書き方をご理解いただけるよう、このページで解説する内容を、易しくかつ実務に即して詳細に解説するDVDセミナー講座もご案内しております。

「年末調整」の詳細解説を読む

減価償却費の計算方法と基礎知識

減価償却費の計算方法と基礎知識

法人税還付額納税税務会計
2017.09.14プロフェッションネットワーク

固定資産のうち、建物、機械装置、器具備品など利用または時の経過により価値が減少する減価償却資産に対し、取得原価を各事業年度に費用配分する減価償却は、会計理論的には、個々の資産ごとにその使用状況に応じて減価償却費を計算すべきとされますが、その計算に必要な資産ごとの耐用年数や残存価額を見積もることは容易ではありません。
このページでは減価償却費の計算方法と基礎知識について解説いたしますが、初めて減価償却に携わられる経理ご担当者様でも安心して実務に必要な知識を身に付けていただけるよう、易しくかつ実務に即して詳細に解説するDVDセミナー講座もご案内しております。

「減価償却費の計算方法と基礎知識」の詳細解説を読む

税務調整と税効果会計

税務調整と税効果会計

税務調整税効果会計実効税率一時差異繰延税金資産・繰延税金負債
2017.09.14プロフェッションネットワーク

当期純利益の計算では、税引前当期純利益から法人税等が差し引かれて当期純利益が算定されていますが、税引前当期純利益に法人税等の実効税率を乗じた金額はここで差引かれる法人税等に一致しません。これは会計上の収益または費用と課税所得計算上の益金または損金の認識時期が相違するためであり、法人税等の計算基礎となる課税所得が税引前当期純利益と期間対応していないことに因ります。
そこで、会計的な観点から税効果会計を適用することによって、税引前当期純利益と法人税等を期間対応させる会計処理が行われるようになり、実務において税効果会計の処理を行うには、その会計基準を理解するのみならず、税引前当期純利益と法人税の課税所得の違いを分析できる法人税の知識が必要となります。
このページで解説する内容に関して、税効果会計の基本的な仕組みを理解するとともに、税効果会計と法人税申告書との関係について解説する実務家向けDVDセミナー講座も当ページでご案内しております。

「税務調整と税効果会計」の詳細解説を読む

セミナー/研修TOP >  実務に使える税務用語解説

Copyright ©2012- Profession Network Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll to top
Go to home