目的・テーマ別で選べるセミナー/研修

新着セミナー

  • New エキスパート 2024年07月08日( 月 ) ~ 2025年06月30日( 月 )

    組織再編税制 Webセミナー研修


    ~経営戦略としての組織再編をめぐる税務上の取扱いについて解説!~

    WEB講座

     合併などの組織再編成では、資産の移転に伴う「譲渡損益」や、「みなし配当」・「株式の譲渡損益」など多くの課税関係が発生するほか、欠損金の引継ぎや移転資産を再編後に譲渡した場合の特例的な取扱いなど、様々な点に留意する必要があります。
     これらは組織再編成自体を行うかどうかの判断自体にも影響を及ぼすことがありますので、思わぬ課税が生じないよう、体系的に全体像を把握した上で検討をすることが大切です。
     また、近年では改正により組織再編税制の見直しも行われており、この点についても確認をしておく必要があります。
     当講座では、組織再編成時の課税関係のポイントを解説するとともに、実務上の留意点や申告関係の取扱いについても触れていきます。



           本講座はWeb(スマートフォンやタブレットなどモバイル端末にも対応)の動画講義を繰り返し視聴して学習
          できるWeb講座です。

    講師 吉田 知至氏
  • New エキスパート 2024年07月08日( 月 ) ~ 2025年06月30日( 月 )

    【実践できる実務対策】上場株式等に係る所得税等の申告の実務上の取扱い Webセミナー研修


    ~配当、譲渡について複雑な課税関係を整理し、申告実務上の注意点を解説!~

    WEB講座

     上場株式等の配当等および譲渡所得等については、近年、多くの改正がされ、課税関係が複雑となっています。
     また、選択適用できる制度も多く、実務では有利な判断等をしなければなりません。
     当講座では、課税関係を整理し、ケーススタディ(具体例)を用いて有利選択を確認した上で、住民税との関係まで、実務上のポイントを解説します。


           本講座はWeb(スマートフォンやタブレットなどモバイル端末にも対応)の動画講義を繰り返し視聴して学習
          できるWeb講座です。

    講師 福田 浩彦氏
  • New エキスパート 2024年07月08日( 月 ) ~ 2025年06月30日( 月 )

    グループ通算制度の導入から申告までの実務 Webセミナー研修


    ~はじめてグループ通算制度を学習する方のために制度の基礎を解説!~

    WEB講座

     グループ通算制度を導入するにあたって、そもそもどのような制度なのかを理解しなければ活用することはできません。
     当講座では、そもそもグループ通算制度とはどのような制度か、選択すると何が変わるのか、メリット・デメリットは何か、制度開始時の留意点など、はじめてグループ通算制度を学習する方にも分かりやすく、基本的な項目を中心に解説します。

           本講座はWeb(スマートフォンやタブレットなどモバイル端末にも対応)の動画講義を繰り返し視聴して学習
          できるWeb講座です。


    講師 吉田 知至氏
  • New エキスパート 2024年07月08日( 月 ) ~ 2025年06月30日( 月 )

    国外転出時課税 Webセミナー研修


    ~申告漏れに注意したい「国外転出時」に係る取扱いの要点を解説!~

    WEB講座

     国外転出時課税制度とは、国外転出をする一定の居住者が、1億円以上の有価証券等を所有等している場合には、国外転出時にその有価証券等を譲渡等したものとみなして、含み益に対して所得税が課税される制度です。
     また、この制度は、国外に居住する親族等に対して、有価証券等を贈与した場合や相続した場合にも適用されます。
     当講座では、この制度の適用要件や各種手続きの方法等を確認し、確定申告を行う際の注意点について解説していきます。

     本講座はWeb(スマートフォンやタブレットなどモバイル端末にも対応)の動画講義を繰り返し視聴して学習
    できるWeb講座です。

    講師 島添 浩氏
  • New エキスパート 2024年07月08日( 月 ) ~ 2025年06月30日( 月 )

    【実践できる実務対策】消費税実務上の判断ミスを防ぐ対応策〔届出書・申請書編〕 Webセミナー研修


    ~Q&A形式のケーススタディをもとに、様々なリスクを回避する対応策を解説!~

    WEB講座

     税理士職業賠償責任保険の税目別支払件数と支払金額において、その両方で最も多いのが消費税で、全体の5割近くを占めています。
     消費税には納税者が有利な方法を選択できる制度が多数存在することが、要因の一つと考えられますが、一方で、消費税における選択届出書は、原則として「事前」に提出するため、適用を受けたい事業年度にこれに気付いても、選択が認められず、納税者に損害を与えるケースが多くなります。
     当講座では、「ケーススタディ消費税実務における判断ミスと対応策」書籍を教材として、判断ミスなどの実務上のリスクを回避できるようにQ&A 形式で紹介し、知っておくべき知識やその対応策を解説します。
    ※当講座は書籍第1章を解説する〔届出書・申請書編〕となります。
    ※当講座は書籍「ケーススタディ消費税実務における判断ミスと対応策」がベースの講座となります。
     書籍ご購入をご希望の方は下記よりご購入ください。
     ⇒ご購入こちら


           本講座はWeb(スマートフォンやタブレットなどモバイル端末にも対応)の動画講義を繰り返し視聴して学習
          できるWeb講座です。

    講師 齋藤 和助氏
#