タイプから選べるプロフェッションネットワークのセミナー/研修

  • スタンダード
  • エキスパート
  • オリジナル
  • 新人研修

最新情報

最新情報一覧

スタンダードテーマごとに基礎から完全マスター

  • 2018年2月1日( 木 ) ~ 2019年3月31日( 日 )
    ~弁護士のための資産税講座~

    DVD講座

     平成27年からの基礎控除縮減に伴い相続税申告が必要な納税者が従来の2倍となりました。また、相続人の権利意識が強くなっており、相続事件も増加傾向です。それら相続事件を処理するには、権利行使による財産取得と見合いの相続税を知ることが解決への糸口となります。
     そこで、相続税全般知識から実務上の処理まで、弁護士として知っておくべき税務知識と実務上の活用法を弁護士の立場に立って解説します。
     弁護士および弁護士事務所職員の方はもちろん、税理士および公認会計士で、弁護士とアライアンス(提携業務)を行う方又は行う予定の方にも予備知識としておススメのセミナーです。


     本講座は教材と動画で繰り返し学習ができるDVD講座です。

    講師木下 勇人

    詳細をみる

  • 2018年2月1日( 木 ) ~ 2019年3月31日( 日 )
    ~弁護士のための資産税講座~

    WEB講座

     平成27年からの基礎控除縮減に伴い相続税申告が必要な納税者が従来の2倍となりました。また、相続人の権利意識が強くなっており、相続事件も増加傾向です。それら相続事件を処理するには、権利行使による財産取得と見合いの相続税を知ることが解決への糸口となります。
     そこで、相続税全般知識から実務上の処理まで、弁護士として知っておくべき税務知識と実務上の活用法を弁護士の立場に立って解説します。
     弁護士および弁護士事務所職員の方はもちろん、税理士および公認会計士で、弁護士とアライアンス(提携業務)を行う方又は行う予定の方にも予備知識としておススメのセミナーです。


     本講座はWeb(スマートフォンやタブレットなどモバイル端末にも対応)の動画講義を繰り返し視聴して学習できるWeb講座です。


    講師木下 勇人

    詳細をみる

  • 2018年2月1日( 木 ) ~ 2019年3月31日( 日 )
    ~司法書士のための資産税講座~

    DVD講座

     司法書士業務の遂行にあたり、登記申請において注意すべき税務、特に相続税を中心とする資産税関連の知識は必須となります。
     また、相続登記を受任した際、相続税申告で必要になる書類が重複したり、相続税全般の知識をクライアントから求められることも少なくありません。
     そこで、登記業務の遂行や窓口業務を行う際の税務上の留意点や今後の司法書士業務拡大のための糸口を解説します。
     司法書士および司法書士事務所職員の方はもちろん、税理士および公認会計士で、司法書士とアライアンス(提携業務)を行う方又は行う予定の方にも予備知識としておススメのセミナーです。


     本講座は教材と動画で繰り返し学習ができるDVD講座です。

    講師木下 勇人

    詳細をみる

  • 2018年2月1日( 木 ) ~ 2019年3月31日( 日 )
    ~司法書士のための資産税講座~

    WEB講座

     司法書士業務の遂行にあたり、登記申請において注意すべき税務、特に相続税を中心とする資産税関連の知識は必須となります。
     また、相続登記を受任した際、相続税申告で必要になる書類が重複したり、相続税全般の知識をクライアントから求められることも少なくありません。
     そこで、登記業務の遂行や窓口業務を行う際の税務上の留意点や今後の司法書士業務拡大のための糸口を解説します。
     司法書士および司法書士事務所職員の方はもちろん、税理士および公認会計士で、司法書士とアライアンス(提携業務)を行う方又は行う予定の方にも予備知識としておススメのセミナーです。


     本講座はWeb(スマートフォンやタブレットなどモバイル端末にも対応)の動画講義を繰り返し視聴して学習できるWeb講座です。


    講師木下 勇人

    詳細をみる

  • 2017年10月5日( 木 ) ~ 2018年6月30日( 土 )
    法人税の実務において「棚卸資産」や「有価証券」等重要性の高いテーマの取扱いや別表の記載を学習

    DVD講座

     「棚卸資産」、「有価証券」、「外貨建資産の換算等」、「控除対象外消費税等」、「その他の損金(保険料、入会金など)」など、実務において重要性の高いテーマについて法人税法上の取扱いや実務での取扱いなどを解説します。
     また、費用の認識時期に関しての「債務確定基準」や「設立第一期」の取扱いなども、実務において知っておきたい重要なテーマとして解説していきます。


    講師伊原 健人

    詳細をみる

  • 2017年9月11日( 月 ) ~ 2019年3月31日( 日 )
    ~経営者からイチモク置かれる「選ばれる」税理士とは~

    WEB講座


    ★より多くのクライアントからの信頼を勝ち取るためのセルフブランディング術
    ★年収を3倍にするノウハウを一挙公開

    「プレミアム会員」の方限定!受講料無料!(要申込)

    「プレミアム会員」の詳細はこちら

    【移動中や隙間時間を活用できる!】
    本講座は、Webで講義動画(スマートフォンやタブレットなどモバイル端末にも対応)を繰り返し視聴して学習できるWeb講座です。


    講師西村 有紀子

    詳細をみる

  • 2017年8月1日( 火 ) ~ 2018年6月30日( 土 )
    税制改正のポイントをわかりやすく解説

    DVD講座

     平成29年度の税制改正は、配偶者控除及び配偶者特別控除の見直し、役員給与の支給形態の多様化、中小企業向け税制の整備、所得拡大税制の拡充など、実務に影響を及ぼすものが多く、注意が必要です。
     また、平成29年度の税務には直接影響しないものもあり、改正法の適用開始時期にも注意する必要があります。
     当講座では、これらの改正の概要を紹介していきます。

    ・本セミナーは、
    『平成29年度 ことしの税制改正のポイント』(清文社刊)
    『平成29年度 どこがどうなる!?税制改正の要点解説』(清文社刊)
    が特典となっている「特典書籍付セット」での販売となります。

    本講座は、教材と動画で繰り返し学習ができるDVD講座です。

    講師吉田 知至

    詳細をみる

  • 2017年8月1日( 火 ) ~ 2018年6月30日( 土 )
    相続税・贈与税の実務処理に必要な財産評価について分かりやすく解説!

    DVD講座

     相続税と贈与税では、共に無償で取得した財産の価額を基礎に税金計算を行います。したがって申告書を作成する際には、財産の価額がいくらになるかが最も重要な要素となります。
     当講座は、この財産の価額について財産評価基本通達に定められた評価方法(取引相場のない株式評価を除く。)を学習していきます。

    ※「取引相場のない株式」の評価については、別講座で解説しています。
    『取引相場のない株式評価』はこちら

    本講座は、教材と動画で繰り返し学習ができるDVD講座です。

    講師齋藤 和助

    詳細をみる

~スタンダード テーマごとに基礎から完全マスター ~ すべてを見る

エキスパート専門的テーマを掘り下げてフォーカス

  • 2018年5月23日( 水 ) ~ 2019年6月30日( 日 )
    ~小規模宅地等の特例に関する考え方を類型ごとに完全整理!~

    DVD講座

     相続税実務では避けて通ることのできない「小規模宅地等の特例」ですが、たった1つの根拠法令である租税特別措置法第69条の4について、歴史的な観点を含めて制度趣旨から理解し、条文から実務上の論点整理を行います。
     「前編」では要件判定の判断力を養う上で大切な制度趣旨を理解することにまずは重点をおき、その理解の上で、特例に関する類型ごとに実務論点を整理します。
     本講座は平成30年度の税制改正内容も包含しており、本講座を受講することで「小規模宅地等の特例」に関する考え方の完全整理ができます。

     本講座は2018年5月9日(水)TAC渋谷校にて開催された研修をDVD研修セミナーとしたものです。
     本講座は教材と動画で繰り返し学習ができるDVD講座です。

    ★『小規模宅地等の特例に関する実務論点整理(平成30年度改正準拠・後編)
     ~ケーススタディによる類型ごとの完全理解と改正の対応策を解説~』
     もあわせて受講されることをお勧めします。
     詳細・お申込みはこちら


    講師木下 勇人

    詳細をみる

  • 2018年5月23日( 水 ) ~ 2019年6月30日( 日 )
    ~小規模宅地等の特例に関する考え方を類型ごとに完全整理!~

    WEB講座

     相続税実務では避けて通ることのできない「小規模宅地等の特例」ですが、たった1つの根拠法令である租税特別措置法第69条の4について、歴史的な観点を含めて制度趣旨から理解し、条文から実務上の論点整理を行います。
     「前編」では要件判定の判断力を養う上で大切な制度趣旨を理解することにまずは重点をおき、その理解の上で、特例に関する類型ごとに実務論点を整理します。
     本講座は平成30年度の税制改正内容も包含しており、本講座を受講することで「小規模宅地等の特例」に関する考え方の完全整理ができます。

     本講座は2018年5月9日(水)TAC渋谷校にて開催された研修をWeb研修セミナーとしたものです。
     本講座はWeb(スマートフォンやタブレットなどモバイル端末にも対応)の動画講義を繰り返し視聴
    して学習できるWeb講座です。

    ★『小規模宅地等の特例に関する実務論点整理(平成30年度改正準拠・後編)
     ~ケーススタディによる類型ごとの完全理解と改正の対応策を解説~』
     もあわせて受講されることをお勧めします。
     詳細・お申込みはこちら


    講師木下 勇人

    詳細をみる

  • 2018年7月2日( 月 )
    ~制度の概要、導入後の消費税の計算方法を徹底理解!~

    教室開催セミナー

     平成31年10月1日より消費税率の10%引上げに伴い軽減税率制度が導入されますが、具体的には、「酒類・外食を除く飲食料品」と「定期購読契約の新聞」については「軽減税率の対象」として引き続き消費税率8%が適用されることとなります。
     なお、この対象品目については、例えば、飲食店における飲食は軽減税率の対象外となり、テイクアウトは軽減税率の対象となるなど詳細な部分を把握しておかなければ経理処理を誤る可能性があります。
     それに伴い、消費税の計算については、軽減税率制度の導入以降10%と8%の複数税率の経理処理を行わなければならず、従来よりも複雑な計算を行うこととなります。
     そこで、この〈制度理解編〉では、制度の概要をふまえた上で、対象品目の詳細、複数税率における消費税の計算方法など基本的な事項を中心に確認していきます。

    ■ 会場 : 資格の学校TAC 渋谷校
    ■ お申し込み受付 : 6月 28日(木) 17:00まで
    (※銀行振込をご利用の場合のお振込期限も 6月 28日となります)
    ■ 先着順にて、定員になり次第締め切りとさせていただきます。

    ★『消費税軽減税率制度〈実務運用編〉~事前対策と実務上の留意点を徹底攻略!~』
     もあわせて受講されることをお勧めします。
     詳細・お申込みはこちら

    ★大人気セミナーのお席をお得に確保できる期間限定特別パックもございます。
     お申込みはFAX限定、期間限定(6月22日(金)午後5時まで)の特別プランです。
     詳細・お申込みはこちら

    講師島添 浩

    詳細をみる

  • 2018年7月9日( 月 )
    ~事前対策と実務上の留意点を徹底攻略!~

    教室開催セミナー

     軽減税率制度が導入されるにあたって、実務的には事前に留意すべき事項が数多く存在します。例えば、商品等の価格表示、領収書や請求書の記載方法、各システムの変更などについては、施行日前までに対応しておかなければなりません。特に、軽減税率の対象品目を取り扱う業者は、事前準備に相当な時間を要することが想定されることから注意が必要です。
     また、中小企業者の場合、レジシステムや販売管理システムの変更に伴う「軽減税率対策補助金」を受け取ることができますが、その申請手続きについても、施行日の前日までが期限となっています。
     そこで、この〈実務運用編〉では、〈制度理解編〉をふまえた上で、事前対策も含めた実務に影響する論点を中心に確認します。また、複数税率に伴う申告書の記載方法についても解説していきます。

    ■ 会場 : 資格の学校TAC 渋谷校
    ■ お申し込み受付 : 7月 5日(木) 17:00まで
    (※銀行振込をご利用の場合のお振込期限も 7月 5日となります)
    ■ 先着順にて、定員になり次第締め切りとさせていただきます。

    ★『消費税軽減税率制度〈制度理解編〉~制度の概要、導入後の消費税の計算方法を徹底理解!~』
     もあわせて受講されることをお勧めします。
     詳細・お申込みはこちら

    ★大人気セミナーのお席をお得に確保できる期間限定特別パックもございます。
     お申込みはFAX限定、期間限定(6月22日(金)午後5時まで)の特別プランです。
     詳細・お申込みはこちら

    講師島添 浩

    詳細をみる

  • 2018年7月23日( 月 )
    ~導入により適用要件が変更される仕入税額控除、適格請求書等の記載内容とは~

    教室開催セミナー

     軽減税率制度と同時に規定されたのが〈インボイス方式の導入〉であり、平成35年10月1日から施行されます。
     このインボイス方式とは、従来の区分記載請求書等(10%と8%に区分して記載した請求書等)に代えて、インボイス(税額票)である「適格請求書等」の保存を仕入税額控除の適用要件とする制度です。
     なお、この「適格請求書等」を発行するには、税務署長に対して申請を行い適格請求書発行事業者とならなければなりません。また、適格請求書発行事業者となった場合には、必ず課税事業者となり消費税の申告義務が生ずるなど様々な義務を負うこととなります。
     そこで、本講座では、インボイス方式の概要を踏まえて、導入後の消費税の計算方法や適格請求書発行事業者の申請手続きなどについて解説していきます。

    ■ 会場 : 資格の学校TAC 渋谷校
    ■ お申し込み受付 : 7月 19日(木) 17:00まで
    (※銀行振込をご利用の場合のお振込期限も 7月 19日となります)
    ■ 先着順にて、定員になり次第締め切りとさせていただきます。

    ★大人気セミナーのお席をお得に確保できる期間限定特別パックもございます。
     お申込みはFAX限定、期間限定(6月22日(金)午後5時まで)の特別プランです。
     詳細・お申込みはこちら

    講師島添 浩

    詳細をみる

  • 2018年7月30日( 月 )
    ~経過措置規定の実務上の留意点(事前対策や各種契約書の記載方法などのポイント)とは~

    教室開催セミナー

     消費税率の10%引上げ時においても8%引上げ時(平成26年4月1日)と同様に様々な経過措置が設けられています。これらの経過措置は、施行日以後の取引であっても旧税率で処理することとなる規定ですが、工事の請負や資産の貸付けに関する経過措置、予約販売や通信販売に関する経過措置、旅客運賃等や電気料金等に関する経過措置、売上返還・仕入返還・貸倒れに関する経過措置など様々な経過措置規定があります。
     特に、工事の請負や資産の貸付けに関する経過措置などについては、指定日(平成31年4月1日)の前日までに契約等を締結する必要があり、その対応策を講じる時期や経理処理を行う時期が各経過措置によって異なることから注意が必要となります。
     そこで、本講座では、各経過措置の規定について確認し、その対応策について解説します。

    ■ 会場 : 資格の学校TAC 渋谷校
    ■ お申し込み受付 : 7月 26日(木) 17:00まで
    (※銀行振込をご利用の場合のお振込期限も 7月 26日となります)
    ■ 先着順にて、定員になり次第締め切りとさせていただきます。

    ★大人気セミナーのお席をお得に確保できる期間限定特別パックもございます。
     お申込みはFAX限定、期間限定(6月22日(金)午後5時まで)の特別プランです。
     詳細・お申込みはこちら

    講師島添 浩

    詳細をみる

  • 2018年7月11日( 水 )
    ~顧問税理士に必須の事業承継対策を完全マスター(新事業承継税制を含む)~

    教室開催セミナー

     法人顧問税理士として避けて通ることのできない事業承継対策。税理士としては自社株を中心とした事業用資産の「資産承継」がメインになりますが、円滑な事業承継を導くためには、「経営承継」や「後継者育成」も重要なテーマになります。
     本講座では、「経営承継」や「後継者育成」の視点も含めた事業承継対策全般の考え方・進め方を確認するとともに、「資産承継」の中心となる自社株承継の考え方・手法を主に解説します。
     また、平成30年度税制改正の目玉である「新事業承継税制」の内容把握と税理士として知っておく必要のある対応策を公開します。

    ■ 会場 : 資格の学校TAC 渋谷校
    ■ お申し込み受付 : 7月 9日(月) 17:00まで
    (※銀行振込をご利用の場合のお振込期限も 7月 9日となります)
    ■ 先着順にて、定員になり次第締め切りとさせていただきます。

    ★大人気セミナーのお席をお得に確保できる期間限定特別パックもございます。
     お申込みはFAX限定、期間限定(4月23日(月)午後5時まで)の特別プランです。
     詳細・お申込みはこちら

    講師木下 勇人

    詳細をみる

  • 2017年12月18日( 月 ) ~ 2018年12月25日( 火 )

    DVD講座

     相続税申告において財産評価の中心となる土地評価。
     しかしながら、「現地調査」「役所調査」により多額の減価項目が発見されることが多くあるにもかかわらず、実際には机上評価のみで申告しているケースが多く散見されます。
     そこで、「現地調査」では具体的な調査項目とそれに関連する減価項目を、「役所調査」では具体的な課別調査項目とそれに関連する減価項目を各々検証します。
     木下塾長が実務で具体的に調査しているものを検証することで実践力アップを狙います。
     今回は両調査に関係する項目として、「広大地」評価の改正についても解説します。


     本講座は2017年12月6日(水)TAC渋谷校にて開催された研修をDVD研修セミナーとしたものです。
     本講座は教材と動画で繰り返し学習ができるDVD講座です。

    講師木下 勇人

    詳細をみる

~エキスパート 専門的テーマを掘り下げてフォーカス ~ すべてを見る

オリジナルご要望に応じてカスタマイズ

  • ご要望に応じてセミナーを企画いたします。お気軽にお問い合わせください。

    お問い合わせ

~オリジナル ご要望に応じてカスタマイズ ~ すべてを見る

新人研修会計事務所新人向け研修

  • ご要望に応じてセミナーを企画いたします。お気軽にお問い合わせください。

    お問い合わせ

~新人研修 会計事務所新人向け研修 ~ すべてを見る

Copyright ©2012- Profession Network Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll to top
Go to home