書籍販売TOP » 書籍販売 » 税務 » テレワーク導入のための就業規則作成・変更の実務

テレワーク導入のための就業規則作成・変更の実務

  

テレワーク導入のための就業規則作成・変更の実務

著 者 弁護士 池内康裕 著
出版社 清文社
発行日 2021年7月13日
判 型 A5判  264頁
概 要 令和3年3月公表の厚生労働省ガイドラインに基づき、テレワークを通して柔軟な働き方を実現するという観点から、就業規則の解説だけでなく、残業代トラブルを防ぐための対策やフレックスタイム制・事業場外みなし労働時間制等の「柔軟な」労働時間制についてもわかりやすく解説。
ISBN 978-4-433-75751-9

定価:2,200円(税込)

会員価格:1,980円(税込)

※書籍購入にはプロフェッションネットワークの会員登録が必要です。ご登録はこちら

※すでに会員登録がお済みの方はこちらからログインしてください。


冊 

【商品説明】


令和3年3月公表の厚生労働省ガイドラインに基づき、テレワークを通して柔軟な働き方を実現するという観点から、就業規則の解説だけでなく、残業代トラブルを防ぐための対策やフレックスタイム制・事業場外みなし労働時間制等の「柔軟な」労働時間制についてもわかりやすく解説。

【目次】


目次
第Ⅰ章 テレワーク総論
1 テレワークの概念
 1 テレワークの定義
 2 テレワークに関連・類似する用語
 3 テレワークの歴史
2 テレワークのメリット/デメリットを考える
 1 メリット
 2 デメリット
 3 メリット・デメリットを踏まえた検討の視点
 4 テレワークと日本型雇用の未来
第Ⅱ章 テレワークと就業規則
1 就業規則とは
 1 就業規則の意義と効果
 2 企業にとっての就業規則を作成する意味
 3 就業規則の作成義務
 4 就業規則の記載事項
 5 就業規則に何を書いても有効なのか
 6 就業規則の作成と変更手続
 7 就業規則の手続上の有効要件
 8 就業規則の不利益変更
2 テレワーク導入のための就業規則の留意点
 1 法律上、就業規則が必要な場合
 2 法律上、必要がない場面での就業規則の活用
 3 「テレワークに関する就業規則」と一般の就業規則
 4 個別の同意と労働条件の明示
 5 テレワーク導入の手順
第Ⅲ章 就業規則例
1 在宅勤務就業規則例
第1章 総則
第2章 在宅勤務の許可、勤務場所、服務規律
第3章 在宅勤務時の労働時間等
第4章 在宅勤務時の勤務体制等
第5章 在宅勤務時の給与・費用負担
第6章 災害補償
2 緊急時在宅勤務就業規則例
第1章 総則
第2章 緊急時在宅勤務の許可、勤務場所、服務規律
第3章 緊急時在宅勤務時の労働時間等
第4章 緊急時在宅勤務時の勤務体制等
第5章 緊急時在宅勤務時の給与・費用負担
第6章 災害補償
3 サテライトオフィス勤務就業規則例
第1章 総則
第2章 サテライトオフィス勤務の許可、勤務場所、服務規律
第3章 サテライトオフィス勤務時の労働時間等
第4章 サテライトオフィス勤務時の勤務体制等
第5章 サテライトオフィス勤務時の給与・費用負担
第6章 災害補償
4 モバイル勤務就業規則例
第1章 総則
第2章 モバイル勤務の許可、勤務場所、服務規律
第3章 モバイル勤務時の労働時間等
第4章 モバイル勤務時の勤務体制等
第5章 モバイル勤務時の給与・費用負担
第6章 災害補償
第Ⅳ章 就業規則付属様式例
1 在宅勤務者誓約書
2 サテライトオフィス勤務者誓約書
3 在宅勤務許可申請書
4 同居の親族等の同意書
5 在宅勤務命令書
6 事業場外みなし労働時間制の適用対象者の労働条件通知書
【巻末資料・就業規則本則】


冊 


Copyright ©2012- Profession Network Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll to top
Go to home