書籍販売TOP » 書籍販売 » 税務 » 「相当性」をめぐる認定判断と税務解釈

「相当性」をめぐる認定判断と税務解釈

  

「相当性」をめぐる認定判断と税務解釈

借地権課税における「相当の地代」を主たる論点として

著 者 酒井 克彦 著
出版社 清文社
発行日 2013年7月31日
判 型 A5判  226頁
概 要 「相当性」の税務解釈に鋭く切り込んだ意欲作!
税務解釈上、非常に論点の多い「相当の地代」について本格的に取り上げ、数多くの判決・裁決例などを見ながら、借地権課税上の不確定概念の事実解釈とその認定判断の分かれ目を徹底分析、詳解!
ISBN 978-4-433-52063-2

定価:2,160円(税込)

会員価格:1,944円(税込)

※書籍購入にはプロフェッションネットワークの会員登録が必要です。ご登録はこちら

※すでに会員登録がお済みの方はこちらからログインしてください。


冊 

【商品説明】


「相当性」の税務解釈に鋭く切り込んだ意欲作!
税務解釈上、非常に論点の多い「相当の地代」について本格的に取り上げ、数多くの判決・裁決例などを見ながら、借地権課税上の不確定概念の事実解釈とその認定判断の分かれ目を徹底分析、詳解!

【目次】


第1章 租税法律主義と不確定概念
第1節 租税法律主義
第2節 課税要件法定主義
第3節 課税要件明確主義と不確定概念
第4節 相当性概念とは


第2章 借地権課税の前提知識
第1節 借地権の理解
第2節 権利金の意義
第3節 定期借地権と法人税法施行令との関係 


第3章 法人税法上の「相当の地代」-借地権の設定等に係る法人所得の金額の計算-
第1節 借地権等の認定対価と相当の地代
第2節 権利金の認定課税
第3節 裁判例等の紹介


第4章 財産評価上の「相当の地代」
第1節 借地の評価に権利金授受の取引条件を反映させる趣旨
第2節 相当地代通達
第3節 裁判例等の紹介


冊 


Copyright ©2012- Profession Network Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll to top
Go to home