書籍販売TOP » 書籍販売 » 税務 » 相続税・贈与税 » はじめての相続税の申告実務と課否判定

はじめての相続税の申告実務と課否判定

  平成27年1月からの

はじめての相続税の申告実務と課否判定

著 者 みどり税理士法人 代表社員・税理士 新谷 達也 著
出版社 清文社
発行日 2014年12月12日
判 型 A5判  232頁
概 要 相続税大衆課税時代の相続税の申告実務について、基礎と対策やノウハウを、具体例を交えわかりやすく解説。
ISBN 978-4-433-52694-8

定価:2,160円(税込)

会員価格:1,944円(税込)

※書籍購入にはプロフェッションネットワークの会員登録が必要です。ご登録はこちら

※すでに会員登録がお済みの方はこちらからログインしてください。


冊 

【商品説明】


相続税大衆課税時代の相続税の申告実務について、基礎と対策やノウハウを、具体例を交えわかりやすく解説。

【目次】


1 要チェック!平成27年から大幅に変わる新相続税
1 相続税の基礎控除の引下げ
2 相続税の税率の変更
3 改正による影響
4 贈与税の税率の変更
5 相続時精算課税制度の改正点
6 教育資金一括贈与の非課税制度
7 小規模宅地等の限度面積拡大
8 小規模宅地等の特例の要件緩和
9 事業承継税制の要件緩和
10 税制改正の主な内容と改正時期


2 相続税の基本の仕組みはこうなっている
1 相続税とは
2 相続税が課税される範囲は
3 相続税の申告が必要な人は
4 相続税の申告と納税の期限は


3 相続税の課税される財産と課税されない財産
1 相続財産の調査と課否判定
2 相続財産から控除できるもの
3 小規模宅地等の減額特例


4 意外と大変!相続発生後の手続き
1 相続後に手続きが必要なもの
2 相続手続きに必要な書類
3 戸籍謄本等を集めて相続人を特定する
4 法定相続人は決まっています
5 財産・債務を把握して財産目録を作成する
6 遺産を分割する
7 名義変更の手続き
8 所得税の申告
9 事業をしていた場合の各種届出
10 主な手続きの流れ


5 申告書作成前に知っておきたい予備知識
1 相続税の申告期限は
2 申告書の提出先は
3 申告期限までに分割が決まらなかった場合
4 申告内容に異動があった場合
5 申告書の用紙は自分で取りに行くの?
6 申告書に添付する書類は?
7 遺産分割の留意点
8 遺産分割に関するQ&A
9 相続税の税務調査


6 納税をして申告手続きは完了
1 相続税の納付期限
2 納税方法
3 納期限までに納付しなかった場合
4 延納
5 物納
6 連帯納付義務


7 相続税の計算の仕方をマスターしよう


8 相続税申告書の書き方


冊 


関連セミナー/研修

Copyright ©2012- Profession Network Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll to top
Go to home