書籍販売TOP » 書籍販売 » 税務 » その他の税務 » 「株式分散」問題と集約をめぐる整理・対策ポイント

「株式分散」問題と集約をめぐる整理・対策ポイント

  オーナー経営者の視点から

「株式分散」問題と集約をめぐる整理・対策ポイント

著 者 公認会計士・税理士 山田美代子、司法書士 小田桐史治 著
出版社 清文社
発行日 2018年6月28日
判 型 A5判  384頁
概 要 強制的な買取り(スクイーズ・アウト)を含めた分散株式の整理方法や、分散させたままでの経営、分散させない方法、さらに株式の時価などについて、豊富な書式例でわかりやすく解説。
ISBN 978-4-433-62678-5

定価:3,888円(税込)

会員価格:3,499円(税込)

※書籍購入にはプロフェッションネットワークの会員登録が必要です。ご登録はこちら

※すでに会員登録がお済みの方はこちらからログインしてください。


冊 

【商品説明】


強制的な買取り(スクイーズ・アウト)を含めた分散株式の整理方法や、分散させたままでの経営、分散させない方法、さらに株式の時価などについて、豊富な書式例でわかりやすく解説。

【目次】


第1章 株式会社の分散株式をめぐる問題
 1 分散株式をめぐる問題とこの本のポイント
 2 専門家の視点から株式の分散化が引き起こした原因と問題点
 3 中小企業もスクイーズ・アウト制度の積極的な活用へ


第2章 分散株式対策の検討前に知っておくべき会社法の11の知識
 1 知識1 株主の権利
 2 知識2 株式の種類:普通株式、単元株式、単元未満株式、端株
 3 知識3 株券の管理:株券発行&不発行、株主名簿&株主名簿記載事項証明書
 4 知識4 株式会社の機関
 5 知識5 株主総会の開催手続:決議の種類と定款、株主総会の決議の無効と取消の判例
 6 知識6 非公開会社と公開会社
 7 知識7 譲渡制限株式の意義とその手続き
 8 知識8 株式買取請求権:株主の権利である株式買取請求権とその問題点
 9 知識9 会社法による時価、公正な価格と一切の事情を考慮した価格等
 10 知識10 登記事項:登記の手続き、公告、通知、公正証書原本不実記載等罪
 11 知識11 財源規制:配当、分配可能額


第3章 株式会社の分散した株式を集約する(スクイーズ・アウトの方法)
 1 分散した株式の集約方法の比較
 2 少数株主から強制的に株式を買い取る方法
 3 スクイーズ・アウトの税務上の留意点


第4章 株式会社の分散した株式を集約する(スクイーズ・アウト以外の方法)
 1 株式の譲渡
 2 名義株の整理
 3 自己株式の取得


第5章 株式を分散したままで株式会社の経営を行うときに利用する方法
 1 種類株式
 2 単元株制度
 3 従業員持株会
 4 信託


第6章 株式会社の株式を分散させないために
 1 株主間契約
 2 株式の譲渡制限に関する規定の設定
 3 行方不明(所在不明)株主対策
 4 株券不発行の定め
 5 遺言書


第7章 株価の決定方法
 1 分散株式を整理する方法とその株価
 2 税法による株価の計算方法
 3 企業価値評価による株価を計算する方法


冊 


関連セミナー/研修

Copyright ©2012- Profession Network Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll to top
Go to home