書籍販売TOP » 書籍販売 » 税務 » その他の税務 » 税理士が身につけるべきコーディネート力

税理士が身につけるべきコーディネート力

  複眼的視点を養おう!

税理士が身につけるべきコーディネート力

著 者 税理士 木下勇人 著
出版社 清文社
発行日 2019年6月28日
判 型 A5判  288頁
概 要 税理士に求められる問題についてケーススタディをもとに、税務的視点、ビジネス的視点、法務的視点等、あらゆる角度から考える対応策について解説。
ISBN 978-4-433-63449-0

定価:2,808円(税込)

会員価格:2,527円(税込)

※書籍購入にはプロフェッションネットワークの会員登録が必要です。ご登録はこちら

※すでに会員登録がお済みの方はこちらからログインしてください。


冊 

【商品説明】


税理士に求められる問題についてケーススタディをもとに、税務的視点、ビジネス的視点、法務的視点等、あらゆる角度から考える対応策について解説。

【目次】


第1章 総論 税理士が担うべき立ち回り(税理士の立ち位置)
 1 生前対策業務での立ち回り(感情的配慮)
 2 相続税・贈与税・所得税・法人税・消費税・その他税金の立体理解
 3 税理士としての必須ツール(法律的知識)
 4 税理士としての必須ツール(不動産実務)
 5 税理士としての必須ツール(金融機関実務)
 6 税理士としての必須ツール(ビジネス的感覚)


第2章 失敗事例から学ぶ対応策
 1 相続税申告編1 相続放棄の選択ミス
 2 相続税申告編2 相続発生時における建築中の家屋がある場合の評価誤り
 3 相続税申告編3 遺産分割協議のミス(債務承継)
 4 相続税申告編4 非嫡出子(認知済み)に対する遺言対応ミス
 5 相続税申告編5 相続人が遺産分割前に死亡した場合の対応ミス
 6 相続税申告編6 相続人に未成年者がいる場合の対応ミス
 7 相続税申告編7 小規模宅地等の特例の適用ミス
 8 生前贈与対策編1 養子縁組の選択ミス
 9 生前贈与対策編2 負担付贈与に関する確定申告対応ミス
 10 生前贈与対策編3 法人個人間の関係把握ミス


第3章 複眼的視点を養おう
 1 タワーマンションから考える複眼的視点
 2 会社への貸付金から考える複眼的視点
 3 金庫株から考える複眼的視点
 4 認知症の親から考える複眼的視点


第4章 特例事業承継税制の複眼的な検証
 1 事業承継税制の概要
 2 ビジネス(経営)的な視点からの検証
 3 法務的視点からの検証
 4 税務的視点からの検証


冊 


関連セミナー/研修

Copyright ©2012- Profession Network Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll to top
Go to home