書籍販売TOP » 書籍販売 » 税務 » その他の税務 » 相続税申告で鑑定評価を採用すべきケース25

相続税申告で鑑定評価を採用すべきケース25

  

相続税申告で鑑定評価を採用すべきケース25

著 者 株式会社 東京アプレイザル 不動産鑑定士 芳賀則人、株式会社 東京アプレイザル 不動産鑑定士 柳澤泰章、株式会社 東京アプレイザル 不動産鑑定士 永井宏治 著
出版社 清文社
発行日 2020年3月19日
判 型 B5判  296頁
概 要 路線価評価では著しく時価を上回る、不動産鑑定を採用すべきと考えられる土地について25パターンのケースを詳しく解説。
ISBN 978-4-433-72560-0

定価:2,860円(税込)

会員価格:2,574円(税込)

※書籍購入にはプロフェッションネットワークの会員登録が必要です。ご登録はこちら

※すでに会員登録がお済みの方はこちらからログインしてください。


冊 

【商品説明】


路線価評価では著しく時価を上回る、不動産鑑定を採用すべきと考えられる土地について25パターンのケースを詳しく解説。

【目次】


プロローグ 土地評価 実力判定テスト
第1章 路線価評価と鑑定評価~問題の所在
 1 路線価評価の位置付けと問題点
 2 鑑定評価の基礎知識


第2章 鑑定評価を採用すべき25ケース
 0 鑑定評価により時価を採用すべき25ケース
 1 極端な不整形地等
 2 間口が2m未満の土地
 3 奥行が異常に長い整形な土地
 4 帯状地
 5 道路面との段差がある土地
 6 面積が小さすぎる土地
 7 前面道路が建築基準法42条の道路に該当しない土地
 8 自治体の条例等により開発制限が相当厳しい土地
 9 無道路地
 10 前面道路が階段状になっている土地
 11 区画整理事業地内の仮換地指定前の使用収益が不可な土地
 12 土壌汚染・埋蔵文化財・地下埋設物がある土地
 13 土砂災害特別警戒区域内にある宅地
 14 築年数が古く空室率の高いRC造の賃貸マンション等
 15 私道で位置指定道路になっている土地
 16 市街化調整区域内にある山林・雑種地・農地等
 17 特殊な形態の底地
 18 500㎡以上の面積が大きい土地~地積規模の大きな宅地
 19 中小工場地区内にある面積が大きい土地
 20 面積が400~500㎡未満の路地状敷地
 21 指定容積率が300%、400%以上でも容積率分を使用できない土地
 22 路線価5~7万円/㎡程度で1,000㎡を超える平坦地
 23 地積規模の大きな宅地の基準面積未満の土地
 24 路線価が高い都心部に所在する築古の区分所有マンション
 25 正面路線価が5万円未満の大規模な土地


冊 


関連セミナー/研修

Copyright ©2012- Profession Network Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll to top
Go to home