書籍販売TOP » 書籍販売 » 税務 » その他の税務 » 土地利用権における鑑定評価の実務Q&A

土地利用権における鑑定評価の実務Q&A

  

土地利用権における鑑定評価の実務Q&A

著 者 不動産鑑定士 黒沢泰 著
出版社 清文社
発行日 2021年12月3日
判 型 A5判  296頁
概 要 借地権、定期借地権、区分地上権、使用借権、地役権、通行権etc.
❝他人の土地を利用する権利❞をどのように評価するか?
明確な評価基準がなく判断に迷いやすいケースについて合理的な評価の根拠を探り、裁判例等を交えて実践的に解説。
ISBN 978-4-433-77461-5

定価:3,300円(税込)

会員価格:2,970円(税込)

※書籍購入にはプロフェッションネットワークの会員登録が必要です。ご登録はこちら

※すでに会員登録がお済みの方はこちらからログインしてください。


冊 

【商品説明】


借地権、定期借地権、区分地上権、使用借権、地役権、通行権etc.
❝他人の土地を利用する権利❞をどのように評価するか?
明確な評価基準がなく判断に迷いやすいケースについて合理的な評価の根拠を探り、裁判例等を交えて実践的に解説。

【目次】


第1章 土地利用権と経済的価値
 1 土地利用権とは
 2 土地利用権の様々な形態
 3 評価に先立つ権利の存否の確認
 4 土地利用権と経済的価値の有無
 5 土地利用権に経済的価値が認められる場合とその程度
第2章 借地権とその価格 ~借地借家法が適用される普通借地権~
 1 借地借家法が適用される普通借地権とは
 2 借地権があっても借地権の価格があるとは限らない
 3 借地権価格が発生する要因
 4 借地権価格の評価例
 5 地上権と賃借権の価格の差
 6 更新料の性格とその水準
 7 名義変更承諾料、増改築承諾料、建替承諾料の性格とその水準
 8 借地条件変更承諾料の性格とその水準
 9 借地上の建物の登記簿上の表示と借地権の対抗力
 10 取引慣行の成熟の程度の低い地域における借地権の評価
 11 決定地上権とその価格
第3章 定期借地権とその価格
 1 定期借地権と普通借地権の本質的な相違点
 2 定期借地権の3つの類型
 3 定期借地権にも価格が発生するか
 4 前払地代方式による定期借地権設定契約と価格との関係
 5 定期借地権の評価に当たって特に留意すべき事項
 6 他の評価基準による定期借地権の評価規定
 7 事業用定期借地権の設定契約書(公正証書作成時)の一例
第4章 借地借家法が適用されない土地利用権
 1-1 使用借権とその価格(賃借権と使用借権の相違点)
 1-2 使用借権とその価格(使用借権にも価格が認められるか)
 1-3 使用借権とその価格(使用借権の価値割合)
 1-4 使用借権とその価格
    (相続税の財産評価における使用借権の評価規定)
 1-5 使用権とその価格
    (相続税の財産評価において使用貸借とみなされた事例)
 2  一時使用の借地権
 3  民法上の賃借権とその価格
第5章 その他の土地利用権
 1 地役権とその価格
 2 区分地上権とその価格(権利の内容と鑑定評価の手法)
 3 区分地上権とその価格(評価例)
 4 温泉利用権(引湯権)の付いた土地の価格
第6章 場所的利益とその価格
 1 場所的利益とは
 2 場所的環境(場所的利益)を認めた代表的な判例
 3 場所的利益と借地権価格との関係
 4 判例における場所的利益の算定方法
第7章 土地利用権と表裏一体となる権利
 1 普通借地権の付着した土地(底地)とその価格
 2 事業用定期借地権の付着した土地(底地)とその価格
 3-1 借家権価格(不動産鑑定評価基準における借家権の評価規定)
 3-2 借家権価格(借家権価格の試算例)
 3-3 借家権価格(借家権価格をめぐる様々なとらえ方)
 4 定期建物賃貸借契約書の一例


冊 


関連セミナー/研修

Copyright ©2012- Profession Network Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll to top
Go to home