役員報酬をめぐる法務・会計・税務

  • 3,366 円 (会員価格) (税込)
  • 定価: 3,740 円 (税込)
  • 著者

    田辺総合法律事務所、Moore至誠監査法人、Moore至誠税理士法人 編著

  • 出版社

    清文社

  • 発行日2020年08月31日
  • 改訂年第5版
  • 判型A5判 444 頁
  • ISBN978-4-433-74090-0

役員報酬にまつわる会社法などの法律知識や会計処理上の留意点、税務上の取扱いについて、最新の開示の事例も盛り込み横断的に解説。
会社法改正に対応、また、コーポレートガバナンス・コードの改訂、2020年度税制改正にも触れた、役員報酬制度の最前線を示唆する一冊。

在庫2個

【商品説明】

役員報酬にまつわる会社法などの法律知識や会計処理上の留意点、税務上の取扱いについて、最新の開示の事例も盛り込み横断的に解説。
会社法改正に対応、また、コーポレートガバナンス・コードの改訂、2020年度税制改正にも触れた、役員報酬制度の最前線を示唆する一冊。

【目次】

第1章 役員報酬制度の目的と制度設計の在り方
第2章 役員報酬の法務・会計・税務 総論
第3章 固定金銭報酬
第4章 業績連動金銭報酬
第5章 株式型報酬
第6章 非金銭報酬
第7章 役員退職慰労金
第8章 役員報酬に関する開示
第9章 同族会社における役員給与の税務
第10章 役員報酬から派生する論点
第11章 近時の注目点