書籍販売TOP » 書籍販売 » 税務 » 消費税 » 消費税[個別対応方式・一括比例配分方式]有利選択の実務

消費税[個別対応方式・一括比例配分方式]有利選択の実務

  

消費税[個別対応方式・一括比例配分方式]有利選択の実務

著 者 税理士 安部 和彦 著
出版社 清文社
発行日 2013年10月28日
判 型 A5判  352頁
概 要 どっちが有利か?ケーススタディで理解する!
95%ルール改正により選択適用が求められるようになった[個別対応方式]、[一括比例配分方式]について、各方式がどのようなケースで有利になるのかを、具体的事例、計算例、申告書記載例等を用いたケーススタディで徹底詳解!
ISBN 978-4-433-51873-8

定価:2,860円(税込)

会員価格:2,574円(税込)

※書籍購入にはプロフェッションネットワークの会員登録が必要です。ご登録はこちら

※すでに会員登録がお済みの方はこちらからログインしてください。


冊 

【商品説明】


どっちが有利か?ケーススタディで理解する!
95%ルール改正により選択適用が求められるようになった[個別対応方式]、[一括比例配分方式]について、各方式がどのようなケースで有利になるのかを、具体的事例、計算例、申告書記載例等を用いたケーススタディで徹底詳解!

【目次】


第1章 95%ルール改正後の仕入税額控除の基礎
第1節 消費税の概要
第2節 95%ルールと仕入税額控除の意義
第3節 平成23年度および平成24年度改正の内容
第4節 簡易課税制度
第5節 一括比例配分方式
第6節 個別対応方式
第7節 非課税取引


第2章 個別対応方式の用途区分
第1節 用途区分の意義
第2節 共通対応仕入の意義
第3節 交際費および寄附金の取扱い
第4節 用途区分の判定時期
第5節 製造原価と販売費・一般管理費
第6節 不動産関連費用
第7節 国外取引に要する費用
第8節 個別対応方式に係る申告書記載例


第3章 個別対応方式と一括比例配分方式の有利不利~ケーススタディ
第1節 不動産や有価証券の譲渡があるケース
第2節 課税売上割合が低い業種のケース
第3節 課税売上割合が変動するケース
第4節 課税売上割合に準ずる割合を利用するケース
第5節 固定資産に関する税額調整を要するケース
第6節 棚卸資産に関する税額調整を要するケース
第7節 非課税物品の製造を行っているケース


第4章 課税売上割合に準ずる割合の適用
第1節 課税売上割合
第2節 課税売上割合に準ずる割合
第3節 課税売上割合に準ずる割合を検討すべきケース
第4節 課税売上割合に準ずる割合の承認申請手続

冊 


関連セミナー/研修

Copyright ©2012- Profession Network Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll to top
Go to home