書籍販売TOP » 書籍販売 » 税務 » 所得税 » 所得区分と経費性の判断

所得区分と経費性の判断

  迷いがちな税務事例から理解する!

所得区分と経費性の判断

著 者 岩下忠吾 監修
守田啓一 著
出版社 清文社
発行日 2016年12月19日
判 型 A5判  302頁
概 要 所得税法における所得区分と必要経費について、基本事項から、裁判・裁決例に基づいた税務の留意点までを詳しく解説。
ISBN 978-4-433-63076-8

定価:2,592円(税込)

会員価格:2,333円(税込)

※書籍購入にはプロフェッションネットワークの会員登録が必要です。ご登録はこちら

※すでに会員登録がお済みの方はこちらからログインしてください。


冊 

【商品説明】


所得税法における所得区分と必要経費について、基本事項から、裁判・裁決例に基づいた税務の留意点までを詳しく解説。

【目次】


第1部 所得区分の基礎知識と実務の対応
 第1章 所得区分の概要
 第2章 各種所得の概要
 第3章 所得区分と信義則
 第4章 事例から探る実務で迷いがちな所得区分の判断


第2部 必要経費の基礎知識と実務の対応
 第1章 必要経費の概要
 第2章 必要経費の意義
 第3章 必要経費の要件
 第4章 家事関連費と必要経費の関係
 第5章 事例から探る実務で迷いがちな経費性の判断


冊 


Copyright ©2012- Profession Network Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll to top
Go to home