書籍販売TOP » 書籍販売 » 税務 » その他の税務 » はじめての国際相続

はじめての国際相続

  

はじめての国際相続

その着手と税務

著 者 税理士法人ゆいアドバイザーズ 中山史子 著
出版社 清文社
発行日 2022年1月21日
判 型 A5判  272頁
概 要 被相続人・相続人・相続財産のパターン別に必要な手続と相続税・所得税実務を効率的にピンポイントで解説。
ISBN 978-4-433-72921-9

定価:3,300円(税込)

会員価格:2,970円(税込)

※書籍購入にはプロフェッションネットワークの会員登録が必要です。ご登録はこちら

※すでに会員登録がお済みの方はこちらからログインしてください。


冊 

【商品説明】


被相続人・相続人・相続財産のパターン別に必要な手続と相続税・所得税実務を効率的にピンポイントで解説。

【目次】


プロローグ 国際相続の基礎知識 ~本書のご利用にあたって~
 Ⅰ 国際相続とは
 Ⅱ 国際相続の取組み方~専門家の連携プレー
 Ⅲ 日本の相続税の課税範囲
 Ⅳ 相続に関する日本の税務のスケジュール
 Ⅴ よくある国際相続のパターンと手続・税務
第1章 日本に所在する財産の相続手続
 Ⅰ 日本の準拠法
 Ⅱ 準拠法:反致する場合
 Ⅲ 日本に所在する財産の相続手続に「必要な書類」
 Ⅳ 国籍~重国籍になる場合および日本国籍を喪失する場合
第2章 日本の相続税
 Ⅰ 相続税の課税財産の範囲
 Ⅱ 相続税の課税範囲のパターン
 Ⅲ 国外財産の評価
 Ⅳ 国外財産に係る相続税の取扱い
 Ⅴ 外国税額控除
 Ⅵ 相続人・被相続人が海外居住者のとき
 Ⅶ 被相続人が外国人のとき
 Ⅷ 制限納税義務者
 Ⅸ 生前に贈与を受けていた場合
 Ⅹ 外国の公益法人への遺贈・寄附
第3章 外国財産の相続手続
 Ⅰ 国による「相続」の違い
 Ⅱ 「包括承継主義」と「管理清算主義・プロべート」
 Ⅲ 遺言の自由と遺留分
 Ⅳ 準拠法「相続統一主義」と「相続分割主義」
第4章 外国の相続税
 Ⅰ 外国の相続税
 Ⅱ 相続税のある国・ない国
 Ⅲ アメリカの相続税(連邦税)
 Ⅳ フランスの相続税
第5章 国外転出(相続)時課税
 Ⅰ 国外転出時課税の制度
 Ⅱ 国外転出(相続)時課税の「準確定申告」
 Ⅲ 対象者および対象資産
 Ⅳ 国外転出時課税の非上場株式の価額
 Ⅴ 国外転出(相続)時課税の計算「上場株式等に含み損がある場合」
 Ⅵ 帰国等をした場合の課税の取消し
 Ⅶ 国外転出(相続)時課税の納税猶予
 Ⅷ 納税猶予の担保の提供
 Ⅸ 納税猶予を受けていることが条件とされている減額措置等
 Ⅹ 実際に譲渡した場合の取得費の調整
 Ⅺ 個人住民税における国外転出時課税
 Ⅻ 国外転出(相続)時課税に係る所得税の債務控除
 ⅩⅢ 外国人の国外転出(相続)時課税
第6章 国際相続に伴う日本の所得税
 Ⅰ 国外財産に係る所得税
 Ⅱ 非永住者に対する所得税
 Ⅲ 非居住者に対する所得税


冊 


関連セミナー/研修

Copyright ©2012- Profession Network Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll to top
Go to home