税理士はいかにミスと向き合うべきか

  • 2,178 円 (会員価格) (税込)
  • 定価: 2,420 円 (税込)
  • 著者

    税理士 白井一馬 著

  • 出版社

    清文社

  • 発行日2022年02月25日
  • 判型A5判 232 頁
  • ISBN978-4-433-73352-0

税理士業務におけるミスとその防止策について、判例や課税要件の分析をもとに具体的に解説。

在庫5個

【商品説明】

税理士業務におけるミスとその防止策について、判例や課税要件の分析をもとに具体的に解説。

【目次】

第1章 私が考える税理士実務とミスへの向き合い方
第2章 歴史を知れば消費税のミスは防止できる
 第1節 消費税は改正しながら理論を構築していった
 第2節 消費税は租税回避防止税法
 第3節 創設当初から節税防止規定があった
 第4節 いわゆる自販機還付節税への対応
 第5節 人材派遣スキームによる脱法と改正
 第6節 会社分割(創設当初より)
 第7節 特定新規設立法人(平成24年8月改正)
第3章 税理士を安心させた広大地評価の改正
第4章 事業承継税制は事業を凍結してしまう
第5章 所得税基本通達59-6の改正と実務への影響
第6章 揉めたら小規模宅地特例は選択できなくなる
第7章 いつの時代もなくならない株価圧縮手法の否認事例
第8章 コロナ禍で物納の検討場面が増える
第9章 迷走する組織再編税制
第10章 M&A直後の配当金のミスには要注意
第11章 役員給与の思想を理解してミスを防止する
第12章 DESを提案した税理士が損害賠償請求を受けた事例

【著者紹介】

白井一馬(しらい かずま)
税理士
昭和47年6月 大阪府藤井寺市生まれ
平成22年2月 白井税理士事務所 開設
主な著作
『実践 一般社団法人・信託 活用ハンドブック』清文社(共著)
『税理士のための相続税Q&A 小規模宅地等の特例』中央経済社
『顧問税理士のための相続・事業承継業務をクリエイティブにする方法60』中央経済社
『一般社団法人 一般財団法人 信託の活用と課税関係』ぎょうせい(共著)
『実務目線からみた事業承継の実務』大蔵財務協会(共著)