書籍販売TOP » 書籍販売 » 税務 » 税理士が使いこなす 改正国税通則法

税理士が使いこなす 改正国税通則法

  納税者の権利を守るための

税理士が使いこなす 改正国税通則法

著 者 東京税理士会 調査研究部 監修 
税理士・弁護士 石井 亮、税理士 加藤 悦子、税理士 菅納 敏恭、税理士・弁護士 坂田 真吾、税理士 清水 鏡雄、税理士 朴木 直子、税理士 松沼 謙一 著
出版社 清文社
発行日 2016年3月22日
判 型 A5判  360頁
概 要 不服申立手続が抜本的に見直された「改正国税通則法」について、不服申立実務のスペシャリストである国税審判官であった著者らが、改正国税通則法の手続規定の変更や納税者の権利救済手続の概要と実務についての注目裁決事例を、丁寧かつわかりやすく解説。
ISBN 978-4-433-63596-1

定価:2,808円(税込)

会員価格:2,527円(税込)

※書籍購入にはプロフェッションネットワークの会員登録が必要です。ご登録はこちら

※すでに会員登録がお済みの方はこちらからログインしてください。


冊 

【商品説明】


不服申立手続が抜本的に見直された「改正国税通則法」について、不服申立実務のスペシャリストである国税審判官であった著者らが、改正国税通則法の手続規定の変更や納税者の権利救済手続の概要と実務についての注目裁決事例を、丁寧かつわかりやすく解説。

【目次】


第1章 納税者の権利救済の概要
第1節 権利救済制度の意義
第2節 国税の権利救済制度
第3節 地方税の権利救済制度


第2章 課税要件論及び納税義務の確定
第1節 納税義務の成立
第2節 納税義務の確定
第3節 課税要件論
第4節 納付及び徴収手続
第5節 地方税の審査請求


第3章 税務調査
第1節 税務調査手続の明確化
第2節 事前通知の手続
第3節 実地の調査
第4節 質問検査権
第5節 提出物件の留置き
第6節 調査終了の手続
第7節 税務代理人
第8節 理由附記


第4章 再調査の請求
第1節 国税における「再調査の請求」
第2節 地方税における「再調査の請求」


第5章 審査請求
第1節 審査請求制度と審査機関
第2節 審査請求手続
第3節 地方税の審査請求


第6章 国税不服審判所の裁決とその後の対応
第1節 裁決
第2節 裁決への対応
第3節 行政訴訟
第4節 地方税に係る行政訴訟


第7章 事例研究
第1節 名義預金・株式関係
第2節 広大地
第3節 契約書がなくても主張が認められる場合
第4節 国境をまたぐゲームソフトの役務提供取引契約
第5節 不当の主張とその判断
第6節 隠ぺい仮装


冊 


Copyright ©2012- Profession Network Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll to top
Go to home