書籍販売TOP » 書籍販売 » 労務・法務・経営 » 民法[債権法]大改正要点解説

民法[債権法]大改正要点解説

  

民法[債権法]大改正要点解説

改正理由から読み込む重要ポイント

著 者 日本経済団体連合会 参与 阿部泰久、日本経済団体連合会 川崎茂治、日本経済団体連合会 弁護士 篠浦雅幸 著
出版社 清文社
発行日 2017年6月27日
判 型 A5判  610頁
概 要 なぜ民法[債権法]は120年ぶりに大改正されるのか!?
企業の取引活動に重大な影響を与える新たな『契約法』が平成29年6月2日いよいよ公布!!
ISBN 978-4-433-64997-5

定価:5,184円(税込)

会員価格:4,666円(税込)

※書籍購入にはプロフェッションネットワークの会員登録が必要です。ご登録はこちら

※すでに会員登録がお済みの方はこちらからログインしてください。


冊 

【商品説明】


なぜ民法[債権法]は120年ぶりに大改正されるのか!?
企業の取引活動に重大な影響を与える新たな『契約法』が平成29年6月2日いよいよ公布!!

【目次】

第?部 民法(債権法)改正の経緯
 第1 なぜ、債権法改正か
 第2 法制審議開始までの動き
 第3 法制審議会における検討
 第4 国会審議の経緯
第?部 民法(債権法)改正の概要
 第1 意思能力(第3条の2の創設)
 第2 公序良俗(第90条の改正)
 第3 意思表示
 第4 代 理
 第5 無効および取消し
 第6 不正な条件成就条件(第130条第2項の創設)
 第7 消滅時効
 第8 根抵当権
 第9 債権の目的(法定利率を除く)
 第10 法定利率
 第11 履行請求権等
 第12 債務不履行による損害賠償等
 第13 契約の解除
 第14 危険負担
 第15 受領遅滞
 第16 債権者代位権
 第17 詐害行為取消権
 第18 多数当事者
 第19 保証債務
 第20 債権譲渡
 第21 有価証券
 第22 債務引受
 第23 契約上の地位の移転(第539条の2の創設)
 第24 弁 済
 第25 相 殺
 第26 更 改
 第27 契約に関する基本原則
 第28 契約の成立
 第29 定型約款
 第30 第三者のためにする契約
 第31 売 買
 第32 贈 与
 第33 消費貸借
 第34 使用貸借
 第35 賃貸借
 第36 請 負
 第37 委 任
 第38 雇 用
 第39 寄 託
 第40 組 合
 第41 施行期日・経過措置


冊 


Copyright ©2012- Profession Network Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll to top
Go to home