書籍販売TOP » 書籍販売 » 労務・法務・経営 » 士業者のための実は危険な委任契約・顧問契約

士業者のための実は危険な委任契約・顧問契約

  民法(債権関係)改正で見直す

士業者のための実は危険な委任契約・顧問契約

著 者 北浜法律事務所 編
出版社 清文社
発行日 2018年1月31日
判 型 A5判  252頁
概 要 既存の契約実務を法律関係から見直し、民法改正にあわせその内容をアップデートするために理解しておくべき内容をわかりやすく解説。
ISBN 978-4-433-65197-8

定価:2,700円(税込)

会員価格:2,430円(税込)

※書籍購入にはプロフェッションネットワークの会員登録が必要です。ご登録はこちら

※すでに会員登録がお済みの方はこちらからログインしてください。


冊 

【商品説明】


既存の契約実務を法律関係から見直し、民法改正にあわせその内容をアップデートするために理解しておくべき内容をわかりやすく解説。

【目次】


第1章 委任契約・顧問契約のどこに注意すべきか
第?節 委任契約・顧問契約とは
第?節 委任とその他の契約との比較
第?節 民法改正による影響
第?節 契約締結(成立)における注意点
第?節 委任契約・顧問契約を締結することによる受任者の義務
第?節 委任契約・顧問契約を締結することによる受任者の権利
第?節 委任契約の終了


第2章 民法改正が委任契約・顧問契約に与える影響(総則・債権総論)
第?節 代理――依頼者に代理人がいる場合に注意すべき点
第?節 無効及び取消し――依頼者が認知症であった場合に注意すべき点
第?節 消滅時効――報酬はいつまで請求できるか、契約に基づく義務はいつまで負うのか
第?節 法定利率――契約書に利率を定めていなかった場合の利率
第?節 債務不履行による損害賠償――委任契約・顧問契約によりいかなる責任を負うのか
第?節 契約の解除――委任契約・顧問契約を終了させるためにはどうすればいいか
第?節 受領遅滞――依頼者が委任事務の履行を拒む場合
第?節 契約上の地位の移転――契約を第三者に引き継がせる場合
第?節 定型約款――定型取引がされる場合


第3章 民法改正が委任契約・顧問契約に与える影響(委任各論)
第?節 受任者の自己執行義務――復受任者を選任できる場合とはどのような場合か
第?節 報酬に関する規律――報酬の請求時期と委任事務を処理することができなくなった場合等の報酬の請求
第?節 委任契約の任意解除権


第4章 委任契約書
第?節 契約書作成の有用性
第?節 専門家の説明義務及び善管注意義務
第?節 委任契約書条項案
第?節 民法改正に伴う既存契約見直しのチェックポイント


冊 


関連セミナー/研修

Copyright ©2012- Profession Network Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll to top
Go to home