書籍販売TOP » 書籍販売 » 労務・法務・経営 » 税理士の専門家責任とトラブル未然防止策

税理士の専門家責任とトラブル未然防止策

  

税理士の専門家責任とトラブル未然防止策

法的責任から賠償訴訟の対応まで

著 者 弁護士・税理士 鳥飼 重和、税理士 齋藤 和助 編著
出版社 清文社
発行日 2013年12月20日
判 型 A5判  382頁
概 要 税理士の専門家責任について、税務と法務の両面からの視点で、その法的根拠から実際に起きたトラブルの事例検証、未然防止策、事後対策までをわかりやすく解説。
ISBN 978-4-433-54773-8

定価:3,672円(税込)

会員価格:3,305円(税込)

※書籍購入にはプロフェッションネットワークの会員登録が必要です。ご登録はこちら

※すでに会員登録がお済みの方はこちらからログインしてください。


冊 

【商品説明】


税理士の専門家責任について、税務と法務の両面からの視点で、その法的根拠から実際に起きたトラブルの事例検証、未然防止策、事後対策までをわかりやすく解説。

【目次】


序章 税理士賠償責任問題から何を学ぶのか?
1 税理士の職業・人生観と自己責任
2 税理士は法律専門家である
3 結びにかえて


第1章 税理士の損害賠償責任の根拠
1 税理士の負う損害賠償責任の概要
2 税理士の負う専門家としての債務不履行責任の実態
3 税理士の専門家責任の範囲と典型例


第2章 関与段階×税目別
   トラブル事例の検討と対応策
1 関与開始時に注意したいトラブル
2 期中処理時に注意したいトラブル
3 申告時に注意したいトラブル


第3章 税理士賠償事件を発生させないための事前・事後対策
1 未然防止策
2 事後対策


第4章 税理士職業賠償責任保険の知っておきたい基礎知識
1 保険金請求手続
2 保険会社による事故調査
3 回復額の考え方
4 その他特別なケースにおける保険対応
5 損害賠償金に対する課税


第5章 税賠訴訟の基礎知識とその対応
1 訴えが提起されたら、どうするか?
2 第一審訴訟手続の流れ
3 管轄
4 訴状の送達・記載事項等
5 訴訟代理人の選任
6 答弁書の記載事項・添付資料
7 訴訟係属中にすべきこと
8 口頭弁論の手続
9 証拠調べの手続
10 弁論の終結(結審)
11 判決言渡し
12 控訴審
13 上告審
14 訴訟上の和解


冊 


Profession Journal関連記事

「税理士損害賠償請求」頻出事例に見る原因・予防策のポイント【事例47(法人税)】 「国庫補助金等の圧縮記帳を行ったが、経理処理を誤ったため、損金経理がされていないとして税務調査で否認された事例」
公開日:2017年2月23日 (掲載号:No.207) 齋藤 和助
「税理士損害賠償請求」頻出事例に見る原因・予防策のポイント【事例46(個人事業税)】 「不動産所得に係る個人事業税につき、貸付面積を誤記載したため、本来、納付不要であったにもかかわらず賦課決定額を納付していた事例」
公開日:2017年1月26日 (掲載号:No.203) 齋藤 和助
「税理士損害賠償請求」頻出事例に見る原因・予防策のポイント【事例45(法人税)】 「「エネルギー環境負荷低減推進設備等を取得した場合の特別償却」に該当する太陽光発電設備を設置したが、即時償却の処理をせずに消耗品費で処理したため、税務調査で否認されてしまった事例」
公開日:2016年12月22日 (掲載号:No.199) 齋藤 和助
「税理士損害賠償請求」頻出事例に見る原因・予防策のポイント【事例44(法人税)】 「交換差金の額が20%を超えたため、固定資産の交換の特例の適用ができなくなってしまった事例」
公開日:2016年11月24日 (掲載号:No.195) 齋藤 和助

Copyright ©2012- Profession Network Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll to top
Go to home