書籍販売TOP » 書籍販売 » 税務 » その他の税務 » 税理士損害賠償請求事例にみる事故原因と予防策

税理士損害賠償請求事例にみる事故原因と予防策

  

税理士損害賠償請求事例にみる事故原因と予防策

著 者 税理士 齋藤和助 著
出版社 清文社
発行日 2016年10月21日
判 型 A5判  440頁
概 要 Profession Journalの連載が事例を大幅に追加し単行本になりました!!

「税理士職業賠償責任保険」の対象となった損害賠償請求事故について、多数の事例を税目に分けて掲載し、事故原因と予防策のポイントを徹底解説。
●日本税理士会連合会 推薦
ISBN 978-4-433-63696-8

定価:3,740円(税込)

会員価格:3,366円(税込)

※書籍購入にはプロフェッションネットワークの会員登録が必要です。ご登録はこちら

※すでに会員登録がお済みの方はこちらからログインしてください。


冊 

【商品説明】


Profession Journalの連載が事例を大幅に追加し単行本になりました!!

「税理士職業賠償責任保険」の対象となった損害賠償請求事故について、多数の事例を税目に分けて掲載し、事故原因と予防策のポイントを徹底解説。
●日本税理士会連合会 推薦

【目次】

序章 事故事例の前提
第1章 法人税編
第2章 消費税編
第3章 所得税編
第4章 相続税・贈与税編
第5章 その他の税目
第6章 回復の手段
第7章 税理士職業賠償責任保険の基礎知識
第8章 未然防止策
参考資料 意思決定通知書のひな型


冊 


関連セミナー/研修

Profession Journal関連記事

〈小説〉『所得課税第三部門にて。』 【第36話】「コロナ禍における税理士試験」
公開日:2020年9月3日 (掲載号:No.384) 八ッ尾 順一
「税理士損害賠償請求」頻出事例に見る原因・予防策のポイント【事例89(消費税)】 「同族会社に対する貸付金を減らすため建物による代物弁済を実行したが、簡易課税を選択しており建物取得に係る消費税の還付が受けられないことから、錯誤で取り消し、原則課税に戻してから再度実行したため、移転費用が二重にかかってしまった事例」
公開日:2020年8月27日 (掲載号:No.383) 齋藤 和助
「税理士損害賠償請求」頻出事例に見る原因・予防策のポイント【事例88(所得税)】 「相次相続控除により納付税額がゼロであったことから「取得費加算の特例」の適用はないものと思い込み、適用せずに申告してしまった事例」
公開日:2020年7月22日 (掲載号:No.379) 齋藤 和助
「税理士損害賠償請求」頻出事例に見る原因・予防策のポイント【事例87(法人事業税)】 「外形標準課税の付加価値割の計算において、純支払賃借料の計算上、含めない事務所賃貸料に係る管理費を含めて計算し、報酬給与額の計算上、含めるべき現物給与及び出向者に係る給与負担金相当額を含めずに計算したため、トータルで過大納付となった事例」
公開日:2020年6月25日 (掲載号:No.375) 齋藤 和助

Copyright ©2012- Profession Network Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll to top
Go to home