書籍販売TOP » 書籍販売 » 税務 » その他の税務 » 税理士損害賠償請求事例にみる事故原因と予防策

税理士損害賠償請求事例にみる事故原因と予防策

  

税理士損害賠償請求事例にみる事故原因と予防策

著 者 税理士 齋藤和助 著
出版社 清文社
発行日 2016年10月21日
判 型 A5判  440頁
概 要 Profession Journalの連載が事例を大幅に追加し単行本になりました!!

「税理士職業賠償責任保険」の対象となった損害賠償請求事故について、多数の事例を税目に分けて掲載し、事故原因と予防策のポイントを徹底解説。
●日本税理士会連合会 推薦
ISBN 978-4-433-63696-8

定価:3,672円(税込)

会員価格:3,305円(税込)

※書籍購入にはプロフェッションネットワークの会員登録が必要です。ご登録はこちら

※すでに会員登録がお済みの方はこちらからログインしてください。

キャンペーン価格で販売中です。


期間限定で会員価格より更にお得な価格で購入できます。


冊 

【商品説明】


Profession Journalの連載が事例を大幅に追加し単行本になりました!!

「税理士職業賠償責任保険」の対象となった損害賠償請求事故について、多数の事例を税目に分けて掲載し、事故原因と予防策のポイントを徹底解説。
●日本税理士会連合会 推薦

【目次】

序章 事故事例の前提
第1章 法人税編
第2章 消費税編
第3章 所得税編
第4章 相続税・贈与税編
第5章 その他の税目
第6章 回復の手段
第7章 税理士職業賠償責任保険の基礎知識
第8章 未然防止策
参考資料 意思決定通知書のひな型


冊 


関連セミナー/研修

Profession Journal関連記事

「税理士損害賠償請求」頻出事例に見る原因・予防策のポイント【事例71(消費税)】 「「課税事業者届出書」を提出すべきところ誤って「課税事業者選択届出書」を提出したため、調整対象固定資産の仕入れ等を行った場合の「簡易課税制度選択届出書」の提出制限(平成22年改正)により「簡易課税制度選択届出書」の提出はなかったものとみなされてしまった事例」
公開日:2019年2月28日 (掲載号:No.308) 齋藤 和助
「税理士損害賠償請求」頻出事例に見る原因・予防策のポイント【事例70(所得税)】 「「3,000万円の特別控除」は適用できるという税理士の誤ったアドバイスにより、居住用マンションを同族会社へ譲渡したため、修正申告となった事例」
公開日:2019年1月31日 (掲載号:No.304) 齋藤 和助
《速報解説》 関与税理士から還付不能消費税額についての損害賠償金を受け取った場合の課税関係について東京局より文書回答事例が公表される~非課税所得には該当せず不動産所得に係る総収入金額に含める~
公開日:2019年1月21日  齋藤 和助
「税理士損害賠償請求」頻出事例に見る原因・予防策のポイント【事例69(相続税)】 「相続人が契約取得した「立体買換特例」に係る買換資産は、被相続人の相続財産に含まれず、当該買換資産に係る未払金も債務控除の対象にはならないとして更正処分を受けた事例」
公開日:2018年12月27日 (掲載号:No.300) 齋藤 和助

Copyright ©2012- Profession Network Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll to top
Go to home