書籍販売TOP » 書籍販売 » 税務 » 税務調査 » 「正当な理由」をめぐる認定判断と税務解釈

「正当な理由」をめぐる認定判断と税務解釈

  

「正当な理由」をめぐる認定判断と税務解釈

判断に迷う≪加算税免除規定≫の解釈

著 者 酒井 克彦 著
出版社 清文社
発行日 2015年7月31日
判 型 A5判  224頁
概 要 加算税が免除されるか否かという、納税者にとって大きな関心事である「正当な理由」について、加算税の免除要件を構成する「正当な理由」がある場合はどのような場合であるか等、加算税制度の理解や、過去の判例等の知識を整理し、検討の素材を提供。
ISBN 978-4-433-52075-5

定価:2,420円(税込)

会員価格:2,178円(税込)

※書籍購入にはプロフェッションネットワークの会員登録が必要です。ご登録はこちら

※すでに会員登録がお済みの方はこちらからログインしてください。


冊 

【商品説明】


加算税が免除されるか否かという、納税者にとって大きな関心事である「正当な理由」について、加算税の免除要件を構成する「正当な理由」がある場合はどのような場合であるか等、加算税制度の理解や、過去の判例等の知識を整理し、検討の素材を提供。

【目次】


第1章 不確定概念と加算税
第1節 租税法律主義と不確定概念
第2節 加算税制度の概観
第3節 課税要件明確主義と「正当な理由」


第2章 加算税免除要件としての「正当な理由」
第1節 共通問題
第2節 過少申告加算税
第3節 無申告加算税
第4節 不納付加算税


第3章 裁判例の紹介


冊 


Copyright ©2012- Profession Network Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll to top
Go to home