書籍販売TOP » 書籍販売 » 会計 » 成功する!IFRS導入プロジェクト

成功する!IFRS導入プロジェクト

  新版

成功する!IFRS導入プロジェクト

著 者 デロイト トーマツ コンサルティング株式会社 編
出版社 清文社
発行日 2014年10月17日
判 型 A5判  276頁
概 要 任意適用範囲の拡大、グローバル化の進行などにより、再び盛り上がるIFRS導入プロジェクト。その開始のみならず再開・決算日統一・決算早期化に至るまで、さらなる効果的・効率的な実務が満載した究極の1冊。
ISBN 978-4-433-57004-0

定価:2,420円(税込)

会員価格:2,178円(税込)

※書籍購入にはプロフェッションネットワークの会員登録が必要です。ご登録はこちら

※すでに会員登録がお済みの方はこちらからログインしてください。


冊 

【商品説明】


任意適用範囲の拡大、グローバル化の進行などにより、再び盛り上がるIFRS導入プロジェクト。その開始のみならず再開・決算日統一・決算早期化に至るまで、さらなる効果的・効率的な実務が満載した究極の1冊。

【目次】


第1章 IFRS(国際会計基準)とは
1 IFRSをめぐる現状
2 IFRSとはどのようなものか
3 変化しつづけるIFRS


第2章 IFRSにどう向き合うか
1 IFRS導入のメリット
2 IFRS導入の取組み方3つのレベル


第3章 5W+1Hで考えるIFRS導入方針
1 プロジェクトのスタート地点に立つために
2 What~IFRSとはどのようなものか?
3 Why~なぜ導入するのか?
4 Who/Where~誰に/どこに影響するのか?
5 When~いつはじめればよいのか?
6 How~どう取り組めばよいのか?


第4章 IFRS導入プロジェクトの必達ゴール
1 IFRSに対応するために必要なもの
2 グループ会計方針の策定
3 親会社の決算体制整備
4 グループ会社の決算体制整備
5 現地基準との両立
6 J-SOX対応
7 初度適用


第5章 IFRS導入プロジェクトの進め方
1 IFRS導入プロジェクトの全体像
2 フェーズ1 調査・分析フェーズの進め方
3 フェーズ2 導入フェーズの進め方
4 フェーズ3 維持・改善フェーズの進め方
5 IFRS導入プロジェクト再開にあたっての留意点


第6章 システム整備の論点
1 IFRSが企業の情報システムへ与えるインパクト
2 複数会計基準へ対応するためのファイナンスアーキテクチャ
3 会計領域別論点―有形固定資産
4 会計領域別論点―収益


第7章 決算日統一・決算早期化のアプローチ
1 IFRS導入における決算日統一・決算早期化
2 決算日統一のアプローチ
3 決算早期化のアプローチ
4 プロジェクト推進上の要点


冊 


関連セミナー/研修

Copyright ©2012- Profession Network Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll to top
Go to home