書籍販売TOP » 書籍販売 » 労務・法務・経営 » 民法成年年齢引下げが与える重大な影響

民法成年年齢引下げが与える重大な影響

  

民法成年年齢引下げが与える重大な影響

著 者 弁護士 辺見紀男、弁護士 武井洋一、税理士・公認会計士 山田美代子 編集代表
出版社 清文社
発行日 2017年9月29日
判 型 A5判  298頁
概 要 民法の成年年齢が引き下げられることにより生じる法律上の影響を、実務家の観点から詳解。
ISBN 978-4-433-64957-9

定価:3,024円(税込)

会員価格:2,722円(税込)

※書籍購入にはプロフェッションネットワークの会員登録が必要です。ご登録はこちら

※すでに会員登録がお済みの方はこちらからログインしてください。


冊 

【商品説明】


民法の成年年齢が引き下げられることにより生じる法律上の影響を、実務家の観点から詳解。

【目次】


第1章 成年年齢の引下げの意義など ―はじめに―
第2章 未成年者取消権
第3章 親権・養育費
第4章 未成年後見制度
第5章 仕事 ―労働契約―
第6章 児童福祉
第7章 少年法
第8章 喫煙・飲酒・競馬等
第9章 法教育
第10章 税金 ―成年者・未成年者が知っておきたい租税知識
第11章 婚姻、相続、訴訟手続などへの影響


冊 


関連セミナー/研修

Copyright ©2012- Profession Network Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll to top
Go to home