537 件すべての結果を表示

電子書類の法律実務Q&A 【第3回】「電子契約に印紙税はかかるのか」

電子契約に印紙税はかかるのでしょうか。また、電子契約で契約した後、電子契約のデータを印刷した文書には印紙税はかかるのでしょうか。

#No. 497(掲載号)
# 池内 康裕
2022/12/01

空き家をめぐる法律問題 【事例45】「相続登記の義務化に関する不動産登記法の改正」

不動産登記法の改正で相続登記が義務化されると聞きましたが、空き家問題にも関係があると聞いております。どのような改正内容で、いつから適用されますか。
また、改正法は、次のような事例の場合に影響がありますか。

#No. 497(掲載号)
# 羽柴 研吾
2022/12/01

〔相続実務への影響がよくわかる〕改正民法・不動産登記法Q&A 【第12回】「新設された所有者不明土地・建物管理制度の概要と手続」

所有者不明土地・建物の管理制度とはどのような制度ですか。

#No. 496(掲載号)
# 丸山 洋一郎、 松井 知行
2022/11/24

税理士が知っておきたい不動産鑑定評価の常識 【第35回】「敷地内に介在する無地番の土地は何か」~道でも水路でもない細長い形状の土地の扱い~

今回は、不動産鑑定士の誰しもが調査の経験があるとは限らない案件ですが、鑑定評価に当たっては、評価額を求める以前の問題として、その前提条件を踏まえておく必要のあるケースを紹介します。その意味では、鑑定評価の常識ともいえる内容を含んでいます。

#No. 495(掲載号)
# 黒沢 泰
2022/11/17

電子書類の法律実務Q&A 【第2回】「全ての契約を電子契約とすることは可能か」

当社では、業務効率化の観点から、全ての契約を電子契約にしたいと考えています。そこで確認したいのですが、全ての契約を電子契約とすることはできるのでしょうか。書面の作成・交付が必要な契約があれば、教えてください。

#No. 493(掲載号)
# 池内 康裕
2022/11/02

空き家をめぐる法律問題 【事例44】「所在等が不明な共有者がいる場合の共有物の譲渡方法」

私の母Aは、Bと1/2ずつ共有している建物で生活しておりました。Aの死後、建物は空き家となっており、今後、建物を利用する者もいませんので、私と弟は建物を売却したいと考えています。
そこで、共有者のBと協議しようとしましたが、住民票の住所地にBはおらず、Bの所在を知るものはいません。このような場合に、どのような方法で建物を売却すればよいでしょうか。

#No. 493(掲載号)
# 羽柴 研吾
2022/11/02

〔相続実務への影響がよくわかる〕改正民法・不動産登記法Q&A 【第11回】「新設された相続土地国庫帰属制度の概要と手続」

令和3年4月21日の相続土地国庫帰属法の成立により新設された、相続した土地を手放して国庫に帰属させる制度について教えてください。

#No. 492(掲載号)
# 丸山 洋一郎、 松井 知行
2022/10/27

税理士が知っておきたい不動産鑑定評価の常識 【第34回】「市街化調整区域内の土地の評価は不動産鑑定士でも難しい」

今回は、市街化調整区域内にある土地の評価について取り上げます。
税理士の皆様にとって、相続税評価額の算定や有効活用の方法等につき、依頼者から相談のある物件の多くは市街化区域内にある土地や建物であると思われます。

#No. 491(掲載号)
# 黒沢 泰
2022/10/20

電子書類の法律実務Q&A 【第1回】「電子契約とは何か」

当社も電子契約の導入を検討しなければならないと考えていますが、そもそも「電子契約」とはどういった契約なのでしょうか。

#No. 489(掲載号)
# 池内 康裕
2022/10/06

空き家をめぐる法律問題 【事例43】「遺産共有が混在する場合の共有物分割の方法」

私は株式会社Aと空き家となった賃貸物件を共有しておりますが、その敷地は私、妻、長男Bが代表を務めるA社で共有しています。敷地の共有持分は私とA社が95/100を占めており、妻の共有持分は5/100にすぎません。
妻が死亡し、私は、相続人であるBと協議し、敷地上の建物を取り壊してマンションを新築するため土地をA社の単独所有にすることを考えていますが、長女Cと次女Dが反対しています。このような場合、どのような方法で土地の分割をすればよいでしょうか。

#No. 489(掲載号)
# 羽柴 研吾
2022/10/06

新着情報

もっと⾒る

記事検索

メルマガ

メールマガジン購読をご希望の方は以下に登録してください。

#
#