Profession Journal » 読み物 (Page 25)

神田ジャズバー夜話 「2.田舎者」

筆者:山本 博一

初めて男が店に表れたとき、私はその風貌を見て笑ってしまった。髪の毛がワサワサと不定形のアフロヘアーのようで、スーツ姿の大きな体との取り合わせがなんとも可笑しかった。
「今、笑ったでしょ」

神田ジャズバー夜話 「1.ジャズバー店主のひとりごと」

筆者:山本 博一

町名の頭に神田がくっついた、いくつもある町のひとつ。立ち飲み屋やもつ鍋屋の赤い提灯が灯る裏道の古い小さなビル。その地下へ途中で折れ曲がった階段を降り、黒い扉を開けると内側の真っ黒な箱がある。ここはジャズ・バー「G」。

法善寺株式会社から帰ってきたP子は、無言でパソコンに向かっています。
社長の奥さんからお聞きした要望と奮闘していたのです。
P子「う~ん! これだけあると、頭が混乱しそう!」
M子「大変そうですね、先生・・・」
P子「そうなのよ。まずは早急に対策を立てないといけないものと、そんなに急がなくてもいいものの、順位を付けないとね」
M子「なるほど。この中で一番にしないといけないことって、何ですか?」
P子「まず、娘さんに社長のマンションを売却することかしら。娘さんも17年間実家からお勤めされていたから、十分蓄えがあるみたいだし」

〔税理士〕おや、今日はまた、急な問題でも?
〔Q〕この前の特定居住用宅地の減額特例(連載③)の続きなのですがね。
〔税理士〕なにか変わったことでも。
〔Q〕実は、次男が西国の支店に転勤することになりまして。
〔税理士〕それは、寂しくなるとはいえ、栄転でしょうから、おめでたいことで。
〔Q〕それで、私ももう歳なので、姪が同居し面倒を見てくれることになりまして。

鵜野和夫 平成25年度税制改正を読む③ 「相続税が増税」

筆者:鵜野 和夫

〔税理士〕今年の桜は早咲きで、確定申告を終えてから、桜を追いかけて忙しかったですね。
〔Q〕先生、そんな呑気なことを言って・・・。
〔税理士〕なにか、心配ごとでも?
〔Q〕3月末に税制改正があって、相続税が大幅に増税になるということじゃぁないですか。
〔税理士〕そうですね。

〔税理士〕おや、分譲マンションのカタログとカレンダーを見比べて、首をひねっていますね。
〔Q〕先生、ちょうどいいところにいらした。
消費税の税率が上がるというので、この際、思い切って、念願のマイホームを購入しようと思いましてね。
〔税理士〕なるほど、消費税の税率アップが、昨年の税制改正で決まりまして、税率が来年、平成26年4月1日から8%、平成27年10月1日から10%に引き上げられることになりましたからね。

女性会計士の奮闘記 【第3話】「会社の将来を見よう」

筆者:小長谷 敦子

P子の事務所から歩いて5分のところにある法善寺株式会社。
その経理事務は、社長の奥さんが一手に行っています。
奥さんは、主婦業をこなしながら、目の回るような忙しい日々を送っています。
今日は、2ヶ月後に迫った決算の話で、P子が法善寺会社に伺うことになっています。

さる有名大学の医学部長を勤め上げ、定年退職してから、自宅を改装して個人医院を開業したところ、その高名のたまものか、患者は引きも切らず繁盛。
「親の心、子知らず」ともいうが、この医院を息子に引き継がせようと夢に見ていたところ、ままならぬのが世の習いとか。
息子は病人の顔を見て一生を送るのは、まっぴらとのこと。それより人を笑わせてと、お笑いタレントの道に足を突っ込む。
これでこの医院もオレ一代で終わりかと、つぶやいていると、庭先から聞こえる、なにやら孫のキャキャと、楽しそうな声。
なんだろうかと、窓ごしに見ると、幼稚園に通い出した孫が、隣の女の子と、お医者さんごっこ。
ありゃ「栴檀(せんだん)は双葉より芳し」「門前の小僧習わぬ経を読む」とは、このことか。
この孫こそ、おれの後継者だ。

【セミナー開催記念】シンガポールへの進出形態と法人設立手続の概要

筆者:大曽根 貴子

ここ数年、日本企業の海外進出が加速しており、ASEANの中心であるシンガポールに統括会社や子会社を設置する日系企業が増加している。その理由は、税金の安さ、外資規制が少ないこと及び政治が安定していることが挙げられる。
本稿では、シンガポール進出時の事業形態について解説する。

Profession Journal » 読み物 (Page 25)

Copyright ©2012- Profession Network Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll to top
Go to home