Profession Journal » Back Number
TAG index

No.434(2021年9月2日) 目次

税務
会計
法務
その他

解説

monthly TAX views -No.104-「デジタル課税、G20/OECD合意の賞味期限」
公開日:2021年9月2日 (掲載号:No.434) 森信 茂樹
8月12日付の日経新聞に、「パナソニック、家電で機能詰め込み脱却」と題した要旨以下のような記事が掲載されていた。
[令和3年度税制改正における]教育資金の一括贈与に係る贈与税の非課税措置
公開日:2021年9月2日 (掲載号:No.434) 徳田 敏彦
教育資金の一括贈与に係る贈与税の非課税措置は、父母、祖父母等の直系尊属が30歳未満の子、孫等へ教育資金を信託等により一括して拠出した場合に、受贈者ごと1,500万円(うち、学校等以外に支払う金銭は500万円)まで贈与税が非課税となる制度である。 平成31年に1度目の改正があり、令和3年が2度目の改正となる。令和3年度税制改正における主な改正点は2点である。
〔事例で解決〕小規模宅地等特例Q&A 【第1回】「小規模宅地等の特例の適用となる取得原因と取得者」
公開日:2021年9月2日 (掲載号:No.434) 柴田 健次
次に掲げる事由で次に掲げる者が被相続人の居住の用又は事業の用に供していた宅地を取得した場合に、小規模宅地等の特例の対象にならないものはありますか。 ① 遺贈で被相続人の従弟が取得した場合 ② 遺贈で内縁の妻が取得した場合 ③ 死因贈与で養子が取得した場合 ④ 暦年贈与で長男が取得した場合 ⑤ 相続時精算課税贈与で長男が取得した場合
遺贈寄付の課税関係と実務上のポイント 【第2回】「遺贈寄付の課税の全体像」
公開日:2021年9月2日 (掲載号:No.434) 脇坂 誠也
遺贈寄付の税務を理解するために、まず、どのようなことが税務上問題になるのか、今回はその全体像を見ていきたい。
法人税の損金経理要件をめぐる事例解説 【事例33】「業績悪化事由による賞与の減額と事前確定届出給与」
公開日:2021年9月2日 (掲載号:No.434) 安部 和彦
私は、都内の下町において作業工具の製造及び販売を行う株式会社A(3月決算法人)において経理担当の課長を務めております。当社は創業以来50年以上下町の町工場として地道に事業を継続してきましたが、その技術力はNASAや航空機メーカーから直接注文が来るくらい一流であると自負しております。そのためなのか、当社の業績にはかなりムラがあり、高度な工具の受注が多数入り売上が大幅に伸びる期もあれば、その反動で売上が落ち込み損失を計上する期もあります。
〈判例・裁決例からみた〉国際税務Q&A 【第10回】「非居住者である個人株主からの借入れに対して過少資本税制が適用されるか否かの判断」
公開日:2021年9月2日 (掲載号:No.434) 霞 晴久
非居住者である個人株主からの借入れに対し過少資本税制は適用されますか。
居住用財産の譲渡損失特例[一問一答] 【第44回】「買換家屋が店舗併用住宅の場合」-買換家屋の床面積要件の判定-
公開日:2021年9月2日 (掲載号:No.434) 大久保 昭佳
Xは、居住用の家屋とその土地を売却しましたが、多額の譲渡損失が出てしまい、新居購入にあたっては、銀行で住宅ローンを組み、店舗兼住宅(居住専用部分44㎡、併用部分20㎡、店舗専用部分36㎡)とその土地を購入しました。 買換家屋の床面積(50㎡以上)に係る要件以外の適用要件が具備されている場合に、Xは「居住用財産買換の譲渡損失特例(措法41の5)」を受けることができるでしょうか。
〈Q&A〉印紙税の取扱いをめぐる事例解説 【第91回】「ソフトウェア使用許諾契約書」
公開日:2021年9月2日 (掲載号:No.434) 山端 美德
当社はソフトウェア開発会社です。当社所有のソフトウェアを使用することを許諾するにあたり、下記の「ソフトウェア使用許諾契約書」を取り交わすことを予定していますが、印紙税の取扱いはどうなりますか。
〔中小企業のM&Aの成否を決める〕対象企業の見方・見られ方 【第18回】「M&AのためのB/SとP/Lの基本姿勢~P/L編~」
公開日:2021年9月2日 (掲載号:No.434) 荻窪 輝明
中小企業のM&Aにおいて、買い手が売り手候補先の現状を探る情報源として決算書の入手や活用をまったくしないでM&Aを進めることは決してありません。それだけ売り手の決算書から得られる情報は買い手にとって有用なわけですが、一方で、決算書から得られる情報をどれだけ効果的に活用できているかといえば、すなわち、使いこなせているかどうかという点においては、買い手側の経営者や担当者の知見、経験値などに依存します。

Back  Number一覧に戻る

対面が難しい時代の相続実務 【第5回】「想定される場面(その3)」-遺産分割協議における対応-
公開日:2021年9月2日 (掲載号:No.434) 栗田 祐太郎
私の古くからの顧問先の社長であるAさんが亡くなられたとの一報が、ご家族から寄せられました。 Aさんは、自社の株式のほとんどを所有していることもあり、生前から、自分にもしものことがあっても会社の事業に支障が生じないよう準備しておきたいと常々おっしゃっていました。 しかし、今回、突然の脳梗塞によって昏睡状態となり、そのまま病院で亡くなられたため、結局のところ遺言書は作成されないままであったとのことです。

Back  Number一覧に戻る

〈小説〉『所得課税第三部門にて。』 【第48話】「金融所得課税の一体化」
公開日:2021年9月2日 (掲載号:No.434) 八ッ尾 順一
「そうか・・・金融所得課税の一体化か・・・」 中尾統括官は、金融庁の「金融所得課税の一体化」(金融所得課税の一体化に関する研究会)と題する資料を見ている。 金融所得課税の一体化の「現状と問題点」について、次のように述べられている。

Back  Number一覧に戻る

Copyright ©2012- Profession Network Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll to top
Go to home