Profession Journal » Back Number
TAG index

No.93(2014年11月6日) 目次

税務
会計
労務
その他

解説

monthly TAX views -No.22-「始まるいわゆる『出国税』の検討」
公開日:2014年11月6日 (掲載号:No.93) 森信 茂樹
出国税導入に当たっての課題を整理すると、以下のとおりである。 第1に、出国時に時価評価をしなければならないが、それが執行上可能かという問題である。
〈平成26年分〉おさえておきたい年末調整のポイント 【第2回】「通勤手当の非課税限度額の引上げ」
公開日:2014年11月6日 (掲載号:No.93) 篠藤 敦子
改正後の規定は、平成26年4月1日以後に支払われるべき通勤手当(※)について適用される。 (※) 4月1日以後に「支払われるべき」通勤手当であって、4月1日以後に「支払われた」通勤手当ではない。規程等により、4月1日以後に支払うこととなっている通勤手当が対象である。
こんなときどうする?復興特別所得税の実務Q&A 【第13回】「非居住者へ支払う不動産の譲渡対価から源泉徴収する所得税及び復興特別所得税の処理」
公開日:2014年11月6日 (掲載号:No.93) 上前 剛
先日、当社は、中古マンションを購入しました。売主は、中国人のA氏です。それに伴い、11月末までにマンションの譲渡対価をA氏の口座へ振り込まなければなりません。マンションの譲渡対価は、5,000万円です。A氏は、中国に在住しており、所得税法上の非居住者です。 非居住者へ支払う不動産の譲渡対価から源泉徴収する所得税及び復興特別所得税の処理についてご教示ください。
組織再編・資本等取引に関する最近の裁判例・裁決例について 【第13回】「2つの東京地裁平成26年3月18日判決の総括②」
公開日:2014年11月6日 (掲載号:No.93) 佐藤 信祐
東京地裁平成26年3月18日判決に係る2つの事件においては、朝長英樹氏から3本の鑑定意見書が出されており、平成23年10月28日にみなし共同事業要件について争われた事件(東京地裁平成23年(行ウ)第228号)に対して提出された内容については、前回解説した通りである。 本事件においては、平成24年5月14日には資産調整勘定について争われた事件(東京地裁平成23年(行ウ)第698号)に対しても提出された鑑定意見書について考察を行うこととする。
税務判例を読むための税法の学び方【47】 〔第6章〕判例の見方(その5)
公開日:2014年11月6日 (掲載号:No.93) 長島 弘
民事事件には、裁判所が法令に照らし、当事者間の権利・義務関係について判断するものと、裁判所が自らの裁量に基づき、権利・義務関係を具体的に形成する事件とがある。 前者を「訴訟事件」と呼ぶのに対し、後者は「非訟事件」と呼ばれる。これは民事の法律関係に関する事項について、終局的な権利義務の確定を目的とせず、裁判所が通常の訴訟手続によらずに(その手続は「非訟事件手続法(平成23年5月25日法律第51号)」等による)、簡便な手続で処理をし判断をするものである。
経理担当者のためのベーシック会計Q&A 【第61回】包括利益①「包括利益とは?」―包括利益を開示する制度、包括利益と当期純利益の関係
公開日:2014年11月6日 (掲載号:No.93) 石川 理一
Q 当事業年度の期中に上場会社A社が当社の発行済株式総数の80%を取得したことにより、当社はA社の連結子会社となりました。A社から包括利益に関する情報の提出を求められています。 この「包括利益」とはどのような利益か教えてください。
減損会計を学ぶ 【第20回】「割引率②」~割引率の選択~
公開日:2014年11月6日 (掲載号:No.93) 阿部 光成
割引率については、「固定資産の減損に係る会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第6号。以下「減損適用指針」という)45項において、4つの方法が示されている。 前回に引き続いて、今回も、割引率に関する論点について解説を行う。 文中、意見に関する部分は、私見であることを申し添える。

Back  Number一覧に戻る

最新!《助成金》情報 【第5回】「雇用関連助成金の活用(その5)《新たに労働者を雇い入れる場合の助成金》」
公開日:2014年11月6日 (掲載号:No.93) 五十嵐 芳樹
1 新たに労働者を雇い入れる場合の助成金の目的 労働者の新規雇入れに関する助成金は、新たに労働者を雇い入れる事業主に対する次のような助成をすることで、失業の予防や雇用機会を増大させることを目的とする。
公的年金制度の“今”を知る 【第1回】「公的年金制度の概要と現状」
公開日:2014年11月6日 (掲載号:No.93) 大東 恵子
国民年金法が成立し「国民皆年金」が実現してから50余年、私たちを取り巻く社会状況は大きな変化に直面している。予想をはるかに上回る速度で少子高齢化が進み、労働力人口が減少するとともに、経済の低成長時代が続いている。 1970(昭和45)年頃は1人の高齢者(65歳以上)を8.5人の現役世代(20~64歳)で支える、“胴上げ型”の社会であったが、現在は高齢者1人を3人で支える“騎馬戦型”、そして2050年頃には高齢者1人を1人で支えなければならない“肩車型”になるといわれている。 本連載では全4回にわたって、公的年金制度の過去・現在・未来を考えていく。

Back  Number一覧に戻る

私が出会った[相続]のお話 【第11回】「税理士の皆さまに求めたい『いざ相続!』前の日常対策」~漏れのない対応が結果として自分を助けることに~
公開日:2014年11月6日 (掲載号:No.93) 木山 順三
主に法人に関わる保有資産状況については比較的クリアになっているものの、個人の保有資産については意外とクリアになっていない、顧問税理士が把握できていないケースがあるのではないでしょうか。 つまり、クライアントから隠されてしまっているわけです。

Back  Number一覧に戻る

Copyright ©2012- Profession Network Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll to top
Go to home