Profession Journal » Back Number
TAG index

No.361(2020年3月19日) 目次

税務
会計
労務
法務
経営
その他

解説

日本の企業税制 【第77回】「グループ通算制度創設に伴う税効果会計の適用」
公開日:2020年3月19日 (掲載号:No.361) 小畑 良晴
令和2年度税制改正に係る所得税法等の一部を改正する法律案が、1月31日に国会に提出された。2月28日に衆議院を通過し、3月6日に参議院財政金融委員会に付託された。
〈検証〉TPR事件 東京高裁判決 【第2回】
公開日:2020年3月19日 (掲載号:No.361) 佐藤 信祐
「〈検証〉TPR事件 東京地裁判決」でも解説したように、東京地裁、東京高裁が示した制度趣旨は、平成22年度税制改正と整合していないことから、平成22年度税制改正後の事件において参考にすべきではないと考えている。
〈ポイント解説〉役員報酬の税務 【第12回】「役員退職給与に係る功績倍率の是認水準」
公開日:2020年3月19日 (掲載号:No.361) 中尾 隼大
当社は、代表取締役が今期退任するため、役員退職給与を支給する予定です。役員退職給与の損金算入限度額について、代表取締役であれば功績倍率を3倍まで設定することができるとセミナーで聞いたので、その通りにする予定です。また、「特段の事情」があれば認められる功績倍率がさらに大きく増加するとも聞いたのですが、これらは正しいでしょうか。
相続税の実務問答 【第45回】「令和元年台風第19号による被災地内の土地等の評価」
公開日:2020年3月19日 (掲載号:No.361) 梶野 研二
長野県N市に住んでいた私の父は、令和元年6月20日に亡くなりました。相続人は母、姉及び私の3名です。主な相続財産は、自宅建物及びその敷地並びに貸家及びその敷地で、いずれもN市内にあります。 相続税の申告の準備をしていたところ、10月の台風第19号により、近くを流れる河川が氾濫し、これらの土地が冠水してしまいました。N市は台風第19号に係る「特定地域」に指定されたと聞きましたが、冠水してしまった土地の評価について何らかの配慮はされないのでしょうか。
基礎から身につく組織再編税制 【第14回】「非適格合併を行った場合の合併法人の取扱い」
公開日:2020年3月19日 (掲載号:No.361) 川瀬 裕太
被合併法人が合併により合併法人にその有する資産・負債の移転をしたときは、合併時の時価による譲渡をしたものとされるため、合併法人が受け入れる資産・負債の取得価額は、合併時の時価となります(法法62)。
2020年3月期決算における会計処理の留意事項 【第3回】
公開日:2020年3月19日 (掲載号:No.361) 西田 友洋
条件付取得対価の定義が変更されている(企業会計基準第21号「企業結合に関する会計基準(以下、「結合基準」という)」(注2))。企業結合において、条件付取得対価がある場合に、企業結合日後に返還される場合もあるため、これについて定義に含めている。
計算書類作成に関する“うっかりミス”の事例と防止策 【第33回】「配当原資の記載ミス」
公開日:2020年3月19日 (掲載号:No.361) 石王丸 周夫
【事例33-1】は、剰余金の配当に関する注記事項です。この中にミスが1ヶ所あります。しかも、結構、重大なミスです。 ミスの場所は、3.(2)の記載事項の中ですが、この注記だけを眺めていても、見つけることはできません。株主資本等の数値を合わせて見ていかなければ、わからないでしょう。

Back  Number一覧に戻る

給与計算の質問箱 【第3回】「高年齢労働者の雇用保険料の徴収」
公開日:2020年3月19日 (掲載号:No.361) 上前 剛
令和2年4月1日からは、すべての雇用保険被保険者の雇用保険料を徴収しなければならなくなるそうですが、詳しく教えてください。
組織再編時に必要な労務基礎知識Q&A 【Q27】「会社分割した場合、雇用保険に関してどのような手続きが必要か」
公開日:2020年3月19日 (掲載号:No.361) 岩楯 めぐみ
【Q27】 会社分割した場合、雇用保険に関してどのような手続きが必要か
税理士が知っておきたい不動産鑑定評価の常識 【第3回】「借地権価格の評価は「更地価格×借地権割合」だけに限られない」
公開日:2020年3月19日 (掲載号:No.361) 黒沢 泰
ある人が地主から土地を借りてそこに建物を建て、長期間にわたり居住の用に供したり、営業活動の本拠として利用している例は全国に多々あります。もちろん、ここでお話する内容は、権利金や地代を支払って(=賃貸借契約に基づいて)土地を借りていることを暗黙の前提としています(なかには、建物を建てる目的であっても、親子間・親族間ではむしろ無償で貸し借りをする方が多いと思われますが)。 建物所有を目的とする有償の借地契約で借地権価格の評価が問題となった場合、不動産鑑定士は、どのような考え方に基づいて評価をしているのでしょうか。
中小企業経営者の[老後資金]を構築するポイント 【第23回】「老後資産の保有、売却、組替え」
公開日:2020年3月19日 (掲載号:No.361) 税理士法人トゥモローズ
事業承継によって会社を後継者へ引き継ぎ、会社の株式の相続対策が完了した後は、経営者個人の老後資産についての対策が必要となる。 次の表及びグラフは、国税庁が発表している相続税申告をされた方の財産の金額及び割合を示したものである。 今回はこのグラフを基に、引退した後継者が行うべき対策を検討したい。

Back  Number一覧に戻る

令和時代の幕開けに思い馳せる会計事務所経営 【第12回】「営業マンは点火人たれ」~勇気と元気を送り、「その気」にさせるのがセールスマンシップ~(セールスマンシップ論③:知識≦スキル≦品格)
公開日:2020年3月19日 (掲載号:No.361) 杉山 豊
いよいよ最終回となりました。 今まで本連載をお読みいただき、感謝申し上げます。 そしてこのような機会を提供いただいた、株式会社プロフェッションネットワークの関係各位に深く御礼申し上げます。 まだまだ皆さんにお伝えしたいことは尽きませんが、一旦これにて最終回とさせていただきます。 この最終回で最後にお伝えしたいこと、それは営業マンに必須の条件のみならず、1人の人間として人生を謳歌するために大切にしたい「情熱」についてです。

Back  Number一覧に戻る

Copyright ©2012- Profession Network Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll to top
Go to home