Profession Journal » 税務・会計 » 会計 » 解説 » 財務会計 » 制度会計 » 計算書類作成に関する“うっかりミス”の事例と防止策 【第33回】「配当原資の記載ミス」

計算書類作成に関する“うっかりミス”の事例と防止策 【第33回】「配当原資の記載ミス」

筆者:石王丸 周夫

文字サイズ

計算書類作成に関する

“うっかりミス”の事例と防止策

【第33回】

「配当原資の記載ミス」

 

公認会計士 石王丸 周夫

 

1 今回の事例

計算書類のドラフトにはうっかりミスがつきものです。
たとえば、こんなミスをよく見かけます。

【事例33-1】
剰余金の配当の注記で、決算書に照らすと問題が判明する記載がある。

【事例33-1】は、剰余金の配当に関する注記事項です。この中にミスが1ヶ所あります。しかも、結構、重大なミスです。

ミスの場所は、3.(2)の記載事項の中ですが、この注記だけを眺めていても、見つけることはできません。株主資本等の数値を合わせて見ていかなければ、わからないでしょう。

この会社の連結株主資本等変動計算書と株主資本等変動計算書は以下のとおりです(いずれも株主資本部分のみ抜粋)。どこが問題なのかわかりますか?

ヒントは今回のタイトルにあるとおり、「配当原資」に関することです。

 

2 配当原資が利益剰余金でないこともある

では、正解を見てみましょう。以下のとおりです。


○記事全文をご覧いただくには、プレミアム会員としてのログインが必要です。
○プレミアム会員の方は下記ボタンからログインしてください。

○プレミアム会員のご登録がお済みでない方は、下記ボタンから「プレミアム会員」を選択の上、お手続きください。

○一般会員の方は、下記ボタンよりプレミアム会員への移行手続きができます。

○非会員の皆さまにも、期間限定で閲覧していただける記事がございます(ログイン不要です)。
こちらからご覧ください。

連載目次

計算書類作成に関する“うっかりミス”の事例と防止策

▷2015年掲載
▷2016年掲載
▷2017年掲載
▷2018年掲載
▷2020年掲載
このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者紹介

関連書籍

Profession Journal » 税務・会計 » 会計 » 解説 » 財務会計 » 制度会計 » 計算書類作成に関する“うっかりミス”の事例と防止策 【第33回】「配当原資の記載ミス」

Copyright ©2012- Profession Network Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll to top
Go to home