Profession Journal » Back Number
TAG index

No.84(2014年9月4日) 目次

税務
会計
労務
その他

解説

monthly TAX views -No.20-「アベノミクスと『所得格差・資産格差』」
公開日:2014年9月4日 (掲載号:No.84) 森信 茂樹
世界的に、所得格差、資産格差を論じた書物と論文が大きな注目を浴びている。 1つはフランスの経済学者トマ・ピケティが書いた『21世紀の資本論(原題Capital)』であり、先進諸国の試算と所得のデータを集めて分析した歴史書であるが、フランスより米国でベストセラーとなった。
《編集部レポート》 個人事業主に対する事業承継税制の創設を要望~経済産業省、生産等設備投資促進税制の廃止を含む27年度税制改正要望を公表~
公開日:2014年9月4日 (掲載号:No.84) Profession Journal 編集部
平成27年度税制改正に向け各省庁からの税制改正要望が出揃ったが、その中でも注目が集まるのが経済産業省。わが国経済の活性化に向けて、経済産業省から出された要望項目を概観すると、下記のとおりだ。
《編集部レポート》 空家の除却等を促進させるための土地に対する固定資産税強化を要望~国土交通省、平成27年度改正に向け改正要望を公表~
公開日:2014年9月4日 (掲載号:No.84) Profession Journal 編集部
年度改正で経済産業省に並び税理士業務に大きな影響を与える要望を提出するのが国土交通省だ。 来年度改正に向けた同省の要望項目を概観すると、下記のようになる
《編集部レポート》 金融庁、ジュニアNISAの創設を要望~金融庁、文部科学省、厚生労働省の注目改正要望をチェック~
公開日:2014年9月4日 (掲載号:No.84) Profession Journal 編集部
平成27年税制改正に対する各省庁からの改正要望のうち、経済産業省、国土交通省以外の省庁から出された注目の要望項目をピックアップしてみよう。 金融庁からは、現行のNISAに関して年間投資上限額の引上げ(100万円から120万円)が要望されているが、この他に「ジュニアNISA」を盛り込んでいる
有料老人ホームをめぐる税務上の留意点 【第1回】「『老人ホーム』の種類と特徴」
公開日:2014年9月4日 (掲載号:No.84) 齋藤 和助
総務省が発表した平成25年10月1日現在の推計人口によると、我が国の総人口は1億2,729万8,000人で、そのうち65歳以上の人口は31,898千人、総人口に占める割合は25.1%と、初めて4人に1人が65歳以上人口となった。 このような超高齢化社会にある我が国において、税の専門家である我々税理士は、高齢者にまつわる税務知識について、一通りおさえておきたいところである。
平成26年度税制改正における消費税関係の改正事項 【第3回】「簡易課税制度のみなし仕入率の見直し③(個人事業者の適用関係)」
公開日:2014年9月4日 (掲載号:No.84) 金井 恵美子
個人事業者の課税期間は、課税期間の特例を選択しない限り暦年である(消法19①一)。したがって、原則として、平成28年から改正後のみなし仕入率を適用することとなる。 ただし、平成 26 年 10 月1日前に簡易課税制度選択届出書を提出した事業者でその課税期間につき簡易課税制度の強制適用を受けるものについては、簡易課税制度の適用を開始した課税期間の初日から2年を経過する日の属する課税期間の末日の翌日以後に開始する課税期間について改正後のみなし仕入率が適用される(改正消令附則4)。
生産性向上設備投資促進税制の実務 【第9回】「中小企業投資促進税制の上乗せ措置」
公開日:2014年9月4日 (掲載号:No.84) 小幡 修大
前回までは、生産性向上設備投資促進税制(措法42の12の5)の制度概要や別表の記載例等を紹介してきた。 その中で、中小企業投資促進税制(措法42の6)の上乗せ措置については、制度自体は大変重要にもかかわらず、これまでの解説の中で混在していたため整理ができていなかった。 そこで今回は、中小企業投資促進税制の上乗せ措置の理解を深めるために、テーマを絞って解説する。
〔しっかり身に付けたい!〕はじめての相続税申告業務 【第29回】 「統計データでみる相続税の税務調査」
公開日:2014年9月4日 (掲載号:No.84) 根岸 二良
相続税の申告・納税が完了した後、一定の確率で、税務調査が行われる。 国税庁が公表した「平成24事務年度における相続税の調査の状況について」によれば、相続税の調査実績は以下のようになっている。
貸倒損失における税務上の取扱い 【第25回】「判例分析⑪」
公開日:2014年9月4日 (掲載号:No.84) 佐藤 信祐
このように、法人税基本通達9-6-2の適用については、その全額が回収不能であることが要求されているため、本事件においても、その点が議論となっている。また、第19回で紹介した大阪地裁昭和44年5月24日判決(行集20巻5・6号675頁、判タ238号263頁、金判168号8頁、税資56号703頁)にあるように、「企業会計の場合よりも厳格なある種の制約を加えることは、当然に起こりうることである。」としていることから、企業会計における全額回収不能の判断よりも厳格な判断が行われる場合も考えられるという点に留意が必要である。
〔事例で使える〕中小企業会計指針・会計要領《貸倒損失・貸倒引当金》編 【第2回】「貸倒損失」
公開日:2014年9月4日 (掲載号:No.84) 前原 啓二
前回ご紹介した有税引当となる貸倒引当金の繰入は、いずれその後の事業年度において、法人税法の規定する個別評価金銭債権に係る貸倒引当金繰入又は貸倒損失に該当し、税務上も損金算入されます。今回は、このように前期以前に有税引当された貸倒引当金が税務上も損金算入されるときの処理をご紹介します。
経理担当者のためのベーシック会計Q&A 【第54回】連結会計④「子会社の資産及び負債の評価」
公開日:2014年9月4日 (掲載号:No.84) 上村 治
当社(A社)は、B社の株式を100%取得し子会社化しました。B社の保有する資産・負債には含み益がありますが、その場合に必要な連結処理を教えてください。
基礎から学ぶ統合報告 ―IIRC「国際統合報告フレームワーク」を中心に― 【第6回】「8つの「内容要素」とは?(その1)」
公開日:2014年9月4日 (掲載号:No.84) 若松 弘之
フレームワークの目的は、統合報告書の全般的な内容を統括する「指導原則」と「内容要素」を規定し、それらの基礎となる概念を説明することでした。前回までで「基礎概念」と「指導原則」については詳しく解説してきましたので、今回はいよいよ最後のヤマ場である「内容要素」について、しっかり理解していきましょう。 フレームワークでは、「内容要素」を以下のように定義付けています。

Back  Number一覧に戻る

最新!《助成金》情報 【第1回】「雇用関連助成金の活用(その1)」
公開日:2014年9月4日 (掲載号:No.84) 五十嵐 芳樹
失業予防や雇用機会の増大などは社会の安定に不可欠のため、時の政府にとって重要な政策目標となる。例えば長引くデフレによる景気低迷時には新分野への事業進雇用関連助成金とは雇用保険被保険者の雇用に関連する助成金のことをいうが、その種類と内容は多岐にわたる。これらの助成金はタダで簡単にもらえると考えている方も多いようであるが、助成金を受給するには多くの要件を満たしたうえでさらに定められた手順に従って計画的に手続を進めなければならない。
建設業をめぐる労災制度のポイント 【第1回】「建設業に特有の労災制度とは」
公開日:2014年9月4日 (掲載号:No.84) 菅原 由紀
労災保険とは、業務上の事由又は通勤による労働者の負傷・疾病・障害又は死亡に対して労働者やその遺族のために、必要な保険給付を行う制度である。 労災保険給付の概要は以下の通りである。

Back  Number一覧に戻る

私が出会った[相続]のお話 【第9回】「当家全員のハートをつかむには、真摯に。そして、実意丁寧に。」~困難な遺留分侵害の遺言執行が第2・第3の事案依頼へ~
公開日:2014年9月4日 (掲載号:No.84) 木山 順三
Fさんはご両親のお世話のため、他の兄弟姉妹に代わり、70歳になるまでずっと独身のまま過ごしてこられました。Fさんのおかげで、他の兄弟姉妹は今日まで気楽な生活を過ごしてこられたわけです。 いわばFさんは、他の兄弟姉妹の犠牲になってきたと言っても過言ではないでしょう。 そんなわけで妻に先立たれたお父様も、Fさんにほとんどの財産を相続させる旨の公正証書遺言書を残されました。これは完全なる「遺留分侵害の遺言書」です。

Back  Number一覧に戻る

Copyright ©2012- Profession Network Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll to top
Go to home