Profession Journal » その他お知らせ

連載記事一覧(トップページ)(更新)

筆者:Profession Journal 編集部

ここでは、各カテゴリごとの連載記事(連載終了したもの・連載中のものそれぞれの)一覧へのリンクを掲載しています。
読みたいカテゴリをクリックしてページを移動してください。
また、半年ごとの目次一覧(PDF)も掲載していますので、こちらもご利用ください。
読み返したい記事、ブックマークし忘れた記事はありませんか。 ぜひご確認ください。

プロフェッションジャーナル No.318が公開されました!~今週のお薦め記事~

筆者:Profession Journal 編集部

1テーマを3回で解説する酒井克彦中央大学教授の人気連載『深読み◆租税法』は今回から新テーマへ。租税法の解釈にもたびたび登場する「日本標準産業分類」について、その位置づけ等、改めて検証します。

平成30年分の年末調整では、改正された配偶者控除・配偶者特別控除の適用をめぐり一部混乱もあったようですが、実際に合計所得金額等の誤りについて税務署から各企業へ指摘があった場合にどのように対応すべきか、篠藤敦子公認会計士・税理士による解説記事を掲載。

【期間限定】無料公開記事を更新しました!

筆者:Profession Journal 編集部

Profession Journal は、プロフェッションネットワークのプレミアム会員専用の閲覧サービスですが、下記の記事については期間限定で、非会員の方でも閲覧していただけます。
不定期の公開となりますので、今のうちにぜひご覧ください。

プロフェッションジャーナル No.316が公開されました!~今週のお薦め記事~

筆者:Profession Journal 編集部

『収益認識会計基準と法人税法22条の2及び関係法令通達の論点研究』は昨年度の改正法人税法の概要を2回にわたり確認。【第4回】以降は法人税法22条の2及び関連法規を細かく検証します(泉絢也千葉商科大学商経学部講師)。

プロフェッションジャーナル No.315が公開されました!~今週のお薦め記事~

筆者:Profession Journal 編集部

中小企業の事業承継をめぐる深刻な状況は船舶会社も例外ではなく、その事業形態と船舶の評価に係る特徴から、問題を一層難解にしています。これら問題の解決に取り組む弁護士法人東町法律事務所に所属する3名の弁護士が、船舶会社の事業承継で生じうる問題点を分かりやすく解説します。

プロフェッションジャーナル No.314が公開されました!~今週のお薦め記事~

筆者:Profession Journal 編集部

収益認識会計基準の創設に伴い、前年度の税制改正では法人税法22条の2が新設され関係する法令通達が整備されました。従前の取扱いを整備したものであり影響は軽微であるとの意見もありますが、今後どのような問題が発生し得るのか、新設・改正された各条項の逐条解説と事例研究で検証を行う長期連載がスタートしました(泉絢也千葉商科大学商経学部講師)。

Profession Journal » その他お知らせ

Copyright ©2012- Profession Network Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll to top
Go to home