Profession Journal » Back Number
TAG index

No.147(2015年12月3日) 目次

税務
会計
労務
法務
経営
その他

解説

monthly TAX views -No.35-「外形標準課税のさらなる拡充はアベノミクスに逆行する」
公開日:2015年12月3日 (掲載号:No.147) 森信 茂樹
新聞報道によれば、平成28年度税制改正で、法人実効税率が20%台に下がることが決まったようだ。そしてこの財源は、外形標準課税のさらなる拡大(8分の5までの拡大)によるとのことである。 ただし、法人事業税の外形標準課税(における外形部分)を半分以上に増加させることには、これから述べるように、税制としての多くの問題がある。
[無料公開中]理由付記の不備をめぐる事例研究 【第1回】「理由付記制度及び判例法理等の概観」
公開日:2015年12月3日 (掲載号:No.147) 泉 絢也
理由付記制度に関して注目すべき点は、課税処分の内容自体に取り消されるべき瑕疵がないとしても、理由付記を欠いていたり、あるいは理由付記がされていたとしても、法が要求する理由付記の記載の程度に照らして十分な内容ではない場合には、課税処分が取り消されることである。しかしながら、理由付記に当たり、どの程度の記載をすべきであるかを定める条文は存在しない。
平成28年施行の金融所得一体課税と3月決算法人の実務上の留意点 【第2回】「公社債等に係る所得税額控除の所有期間按分の廃止」
公開日:2015年12月3日 (掲載号:No.147) 芦川 洋祐
法人税額から控除する所得税額の計算上、下記に掲げる利子及び収益の分配に係る所得税の額については、元本所有期間による按分計算を廃止し、その全額が控除されることとなった。
組織再編・資本等取引に関する最近の裁判例・裁決例について 【第40回】「その他の裁判例③」
公開日:2015年12月3日 (掲載号:No.147) 佐藤 信祐
今回、解説する事件は、最初連結親法人事業年度開始の日を合併期日とし、100%子会社を被合併法人とする適格合併を行った場合において、当該被合併法人の繰越欠損金の引継ぎを認めなかった事件である。 なお、当然のことながら、本事件は、法人税のみが論点となっており、住民税及び事業税については論点となっていないという点にご留意されたい。
租税争訟レポート 【第26回】「債務免除益と源泉所得税の納税告知処分(最高裁判決)」
公開日:2015年12月3日 (掲載号:No.147) 米澤 勝
【事案の概要】 被上告人が、その理事長であったAに対し、同人の被上告人に対する借入金債務の免除をしたところ、所轄税務署長から、上記債務免除に係る経済的な利益がAに対する賞与に該当するとして、給与所得に係る源泉所得税の納税告知処分及び不納付加算税の賦課決定処分を受けたため、上告人を相手に上記各処分取消しを求める事案である。
なぜ工事契約会計で不正が起こるのか?~東芝事件から学ぶ原因と防止策~ 【第2回】「東芝「第三者委員会調査報告書」で示された不正内容」
公開日:2015年12月3日 (掲載号:No.147) 中谷 敏久
東芝が公表した第三者委員会調査報告書(以下「報告書」)では、工事原価総額を過少に見積もることによって、 (1) 売上の過大計上 (2) 工事損失引当金の過少計上又は未計上 が発生すると述べられており、19の不正事例を指摘している。
金融商品会計を学ぶ 【第16回】「貸倒引当金の計上方法①」
公開日:2015年12月3日 (掲載号:No.147) 阿部 光成
「金融商品に関する会計基準」(企業会計基準第10号。以下「金融商品会計基準」という)及び「金融商品会計に関する実務指針」(会計制度委員会報告第14号。以下「金融商品実務指針」という)では、貸倒見積高の算定として、貸倒引当金の計上方法を規定している。 なお、文中、意見に関する部分は、私見であることを申し添える。
経理担当者のためのベーシック会計Q&A 【第102回】会社税務に係る会計処理①「法人税、住民税及び事業税と租税公課」
公開日:2015年12月3日 (掲載号:No.147) 横塚 大介
Q 会社に課される税金には、損益計算書で「法人税、住民税及び事業税」に計上されるものと、「租税公課」に計上されるものがあると聞きました。「法人税、住民税及び事業税」と「租税公課」の違いについて教えてください。 また、租税公課に計上される税金にはどのようなものがありますか。租税公課に計上される代表的な税金と会計処理について教えてください。

Back  Number一覧に戻る

義務だけで終わらせない「ストレスチェック」の活かし方 【第1回】「メンタルヘルスの意義」
公開日:2015年12月3日 (掲載号:No.147) 大東 恵子
巷にあふれるさまざまなストレス関連本を見てみると、「ストレスのない快適な職場を」と謳われ、ストレスを完全になくそうという動きが見受けられる。もちろんストレスはないに越したことはない。ストレスによって従業員のメンタルヘルスを悪化してしまえば、集中力や注意力が低下し、仕事においてさまざまな支障が生じてしまう。休職に陥ってしまえば、その穴を埋めるべくさまざまな手立てを打たなければならず、その損失は決して少なくない。
中小企業事業主のための年金構築のポイント 【第18回】「法人の役員・個人事業主にも影響のある改正年金法」~70歳以上の人の在職老齢年金と5年の後納制度~
公開日:2015年12月3日 (掲載号:No.147) 佐竹 康男
平成27年10月に厚生年金保険、共済年金の被用者年金一元化など大きな改正が行われたが、その中で、今回は、法人の役員に関連する「70歳以上の在職老齢年金制度」と個人事業主に関連のある「国民年金の保険料の後納制度」について解説する。
養子縁組を使った相続対策と法規制・手続のポイント 【第13回】「民法上の養子と相続税法上の養子」
公開日:2015年12月3日 (掲載号:No.147) 米倉 裕樹
前回(第12回)までは本連載における「第1部」として位置づけ、「養子縁組をめぐる法規制と手続」について解説を行ってきた。 今回からは「第2部」として、これまで解説してきた内容を踏まえ、「養子縁組を使った代表的な相続対策と留意点」について解説を行っていく。なお、本連載の今後の掲載予定については、論末の連載目次をご覧いただきたい。
企業の不正を明らかにする『デジタルフォレンジックス』 【第3回】「デジタルフォレンジックスと「eディスカバリー」」
公開日:2015年12月3日 (掲載号:No.147) 吉田 卓
「eディスカバリー(eDiscovery)」は、Electronic Discoveryを略したものである。 もともとディスカバリー制度は、米国の民事訴訟における証拠開示手続のことを指していたが、2006年に一部改正された米国連邦民事訴訟規則(FRCP)において、電子形式で保存された情報(ESI:Electronically Stored Information)をいかに取り扱うべきかについて、一貫性のある基本原則が明記されたことに端を発し、定着した言葉である。

Back  Number一覧に戻る

〈小説〉『資産課税第三部門にて。』 【第3話】「準備調査」~実子とみなす者~
公開日:2015年12月3日 (掲載号:No.147) 八ッ尾 順一
「何を勘違いしたんだい?」 田中統括官は、谷垣調査官の顔を見た。 「家系図を見てください。このケース、税法上の相続人は何人いると計算しますか?」 田中統括官は再び家系図に目を向けた。 「夫は既に亡くなっている・・・子供のCとDは後妻の子供だから当然相続人になる・・・そして、後妻の養子としてAとBがいる・・・」 田中統括官はここで少し首をかしげた後、机の上にある税務六法をめくった。 「そうだった・・・」

Back  Number一覧に戻る

Copyright ©2012- Profession Network Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll to top
Go to home