Profession Journal » Back Number
TAG index

No.288(2018年10月4日) 目次

税務
会計
法務
経営
その他

解説

monthly TAX views -No.69-「消費増税の準備はなぜ進まないのか?」
公開日:2018年10月4日 (掲載号:No.288) 森信 茂樹
2019年10月からの消費税率10%への引上げまで1年をきったが、事業者の準備が進んでいない。 今回の引上げの特色は、わが国で初めての8%の軽減税率が飲食料品などに導入されるという点である。軽減税率の導入に際しては、食料品などを販売する小売店や外食関連の店は、8%と10%という2つの税率に対応したレジへの切り替えや価格表示、さらには経理事務が必要となる。
組織再編税制の歴史的変遷と制度趣旨 【第57回】
公開日:2018年10月4日 (掲載号:No.288) 佐藤 信祐
相続又は遺贈による財産の取得をした個人で、当該相続又は遺贈につき相続税額があるものが、当該相続の開始があった日の翌日から当該相続に係る申告書の提出期限の翌日以後3年を経過する日までの間に当該相続税額に係る課税価格の計算の基礎に算入された資産の譲渡をした場合には、譲渡所得に係る取得費の計算上、当該相続税額のうち当該譲渡をした資産に対応する部分を加算することが認められている(措法39①)。
租税争訟レポート 【第39回】「消費税の適正な転嫁と課税庁による外注費の給与認定」
公開日:2018年10月4日 (掲載号:No.288) 米澤 勝
本稿では、免税事業者に対しても税率引上げ後の消費税額等の適正な転嫁を推進する中小企業庁/公正取引員会の取組みと、外注費等について給与認定を行うことによって課税仕入れに該当しないものとして取り扱い、仕入税額控除を否認すると同時に、源泉所得税の徴収洩れに伴う納税告知処分を行っている税務調査の現場と、これを認容する国税不服審判所の判断を参照しながら、免税事業者と消費税について、論考を行いたい。
企業の[電子申告]実務Q&A 【第5回】「義務化に際して連結申告法人が注意すべき点」
公開日:2018年10月4日 (掲載号:No.288) 坂本 真一郎
消費税及び地方消費税の申告については、その申告主体ごとにその資本金の額又は出資金の額で対象か否かを判断することとなります。
〈平成30年度改正対応〉賃上げ・投資促進税制(旧・所得拡大促進税制)の適用上の留意点Q&A 【Q10】「比較雇用者給与等支給額に関する調整計算」-(4)分割等が行われた場合の調整計算(分割承継法人等)-
公開日:2018年10月4日 (掲載号:No.288) 鯨岡 健太郎
適用年度に分割等が行われた場合、分割等の日の属する月以後、分割法人等から引き継いだ国内雇用者に対する給与等支給額が加味され、雇用者給与等支給額が大きく増加することとなる。
海外移住者のための資産管理・処分の税務Q&A 【第7回】「金融資産④(移住後に非上場会社である内国法人の株式譲渡を行う場合)」
公開日:2018年10月4日 (掲載号:No.288) 島田 弘大
私は来年、海外へ移住することを検討しています。現在、日本の非上場会社の株式を10年以上にわたり100%保有していますが、移住後にその株式を売却する可能性があります。 移住後に売却した場合の課税関係を教えて下さい。
〈Q&A〉印紙税の取扱いをめぐる事例解説 【第63回】「輸出免税物品購入記録票に貼付・割印するレシートの課否」
公開日:2018年10月4日 (掲載号:No.288) 山端 美德
当社はホテル業ですが、海外からの旅行客が多いことから、ホテル内の売店にて輸出物品販売場の許可を受けています。 非居住者(外国人旅行者等)のパスポートに添付する「輸出免税物品購入記録票」を作成する際に、購入される物品が多いなどの場合は品名、数量、単価及び販売価格の明細を記録票に記載する代わりにレシートの写しを貼り付けて割印を押して、パスポートに貼り付けることがあります。この場合、第17号の1文書(売上代金に係る金銭の受取書)に該当しますか。
〔事例で使える〕中小企業会計指針・会計要領《税効果会計》編 【第1回】「税効果会計の適用(1)」
公開日:2018年10月4日 (掲載号:No.288) 前原 啓二
「中小企業会計指針」では、税効果会計の適用を省略できるのは、一時差異に重要性がない場合に限定しています。 今回は、税効果会計を適用する初年度の会計処理をご紹介し、税効果会計を適用する場合と適用しない場合の税引前当期純利益に対する法人税計上額の比率についても例示します。
経理担当者のためのベーシック会計Q&A 【第143回】企業結合会計⑪「逆取得」
公開日:2018年10月4日 (掲載号:No.288) 渡邉 徹
当社(A社)は、B社の株主であるX社と株式交換を行い、B社株式を取得しました。株式交換の対価として当社はX社に新株を発行しました。当該株式交換の結果、B社は当社の完全子会社となったものの、当社の議決権総数の過半数をX社が有することとなりました。 この場合に必要な当社の個別財務諸表上及び連結財務諸表上の会計処理を教えてください。

Back  Number一覧に戻る

空き家をめぐる法律問題 【事例7】「空き家を『相続させる』旨の遺言と放棄の可否」
公開日:2018年10月4日 (掲載号:No.288) 羽柴 研吾
父の遺品を整理していたところ、遺言書が見つかりました。遺言書には、長男である私に実家を相続させると記載されていました。父は、死亡するまでの数年間、施設で生活をしておりましたので、実家は空き家の状態となっていました。 父の相続人は私と弟ですが、私は遠方に居住しており、築年数も古い空き家を相続したくありません。弟も実家は要らないと以前言っているのを聞きました。私は、実家を除く現預金などの他の相続財産については相続したいのですが、どうすればよいでしょうか。
役員インセンティブ報酬の分析 【第10回】「役員インセンティブ報酬をめぐる動向と株式交付信託の現状」
公開日:2018年10月4日 (掲載号:No.288) 中野 竹司
平成30年6月、3年ぶりにコーポレートガバナンス・コードが改訂された。改訂コーポレートガバナンス・コードでは、原則4-2①で、「取締役会が、客観性・透明性ある手続きに従い、報酬制度を設計し、具体的な報酬額を決定するべきである」との一文が加わった。また、補充原則4-10①において、設置する任意の諮問委員会の具体例として報酬委員会が示された。

Back  Number一覧に戻る

〈小説〉『所得課税第三部門にて。』 【第13話】「重加算税と延滞税」
公開日:2018年10月4日 (掲載号:No.288) 八ッ尾 順一
「それで・・・納税者には修正申告を勧奨したの?」 中尾統括官は税務六法を手に取り、国税通則法74条の11第3項をみる。

Back  Number一覧に戻る

Copyright ©2012- Profession Network Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll to top
Go to home