Profession Journal » 読み物 » インタビュー » 《編集部レポート》 第46回日税連公開研究討論会が札幌で開催

《編集部レポート》 第46回日税連公開研究討論会が札幌で開催

筆者:Profession Journal 編集部

文字サイズ

※この記事は会員以外の方もご覧いただけます。

《編集部レポート》

第46回日税連公開研究討論会が札幌で開催

Profession Journal 編集部

 

日本税理士会連合会(神津信一会長)は、第46回日税連公開研究討論会を札幌で開催した。
札幌での公開研究討論会の開催は15年ぶり。

公開研究討論会は、税理士による研究成果の発表、討論の過程を通じて、税制・税務行政及び税理士業務の改善・進歩並びに税理士の資質の向上を図るとともに、本会が行う研修事業に資することを目的として実施する、との理念の下、毎年開催されているもの。

今回の担当は、第1グループ =北海道税理士会、東北税理士会の2税理士会が担当し、それぞれ次のテーマで発表を行った。

「個人が負担する税等の制度についての提言~所得税と個人住民税の関係を中心に~」(北海道会)
「新時代における消費税制のあり方~2桁税率時代を迎えて~」(東北会)

当日はおよそ1,000名の税理士が全国から集い、研究発表の成果に耳を傾け、来賓として灘野正規札幌国税局長と鈴木直道北海道知事が来場し、花を添えた。

(北海道会の発表の様子)

東北会は、QRコードを活用した会場内アンケートを実施し、瞬時に結果を公開するなど新たな試みもみられた。

(東北会の発表の様子)

当日の北海道会と東北会の研究発表の模様は、日税連HP(会員専用ページ)から視聴できる。

次回第47回は第6グループ(四国税理士会、中国税理士会)が担当し松山で開催される。

(了)

「編集部レポート」は、不定期の掲載となります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者紹介

  • Profession Journal 編集部

    会員の皆さまに役立つ情報を提供してまいります。
    Profession Journalへのご意見・ご要望はこちらから。

    税務・会計Web情報誌 Profession Journalは、実務書出版社の「株式会社清文社」と「資格の学校TAC」の合弁会社である「株式会社プロフェッションネットワーク」が管理・運営を行っています。

        

    ▷気に入った記事・気になる記事を見つけたら・・・

    各記事ページにあるSNSの「いいね!」ボタンを押して拡散してください!

    タイトル横の「ブックマークする」ボタンを押せば、ページ右の「ブックマーク一覧」からすぐにご覧いただけます!
    ※「ブックマークする」ボタンは、会員ログイン後に表示されます。

    FOLLOW US!!
      

関連書籍

関連セミナー/研修

Profession Journal » 読み物 » インタビュー » 《編集部レポート》 第46回日税連公開研究討論会が札幌で開催

Copyright ©2012- Profession Network Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll to top
Go to home