公開日: 2022/09/15 (掲載号:No.486)
文字サイズ

〈エピソードでわかる〉M&A最前線 【第5回】「なぜ今、病院のM&Aが注目されるのか」-医療業M&Aにおける譲渡側・譲受側それぞれのメリット①-

筆者: 株式会社日本M&Aセンター

カテゴリ:

〈エピソードでわかる〉

M&A最前線

【第5回】

「なぜ今、病院のM&Aが注目されるのか」

-医療業M&Aにおける譲渡側・譲受側それぞれのメリット①-

 

株式会社日本M&Aセンター
医療介護支援部
永泉 耀

 

【第5回】は、近年注目されている医療業界のM&Aについて、ご紹介します。

今日の医療業をとりまく経営環境を整理しながら、「なぜ今、病院のM&Aが注目されるのか」というテーマに基づき、譲渡側のメリット、譲受側のメリットとそれぞれの視点に焦点を置き、実例を挙げていきながら解説します。

個人経営の無床診療所から500床規模の地域の中核を担うような医療法人まで、日本M&Aセンターでは、多くの医療業のM&Aを支援してきました。医療業においてM&Aが近年より一層業界の「スタンダード」となってきているのではないでしょうか。

M&Aによる医療業の事業譲渡は、譲渡側、譲受側ともに明確なメリットがあります。まず、譲渡側の「後継者不在」により、第三者への事業承継を行うことで、地域医療、地域社会を支える「事業承継型」のM&A。また、年々厳しくなっていく病院をとりまく経営環境の中で、これまでと同じような単独事業で経営を行っていくことが大変困難な時代となってきています。その1つの打開策として、医療と経営を分離することで解決する「医経営分離型」のM&A。

一方、譲受側では、業界での事業拡大や新規参入において、M&Aを用いて既存の経営基盤を活かすことでリスクヘッジし、より有利な状態で、厳しい市場状況に立ち向かっていくM&Aも多く見受けられるようになりました。

 

1 後継者問題の解決✕独立開業の実現-譲渡法人P診療所✕譲受者Q医師の場合

譲渡法人の理事長である自分は高齢でいつまで事業を続けられるかわからず、かといって適当な後継者もいない。診療所理事長の多くが抱えている問題です。本事例では、「独立したい」という想いを持った買い手側の医師とのマッチングが大きなポイントになりました。

この記事全文をご覧いただくには、プロフェッションネットワークの会員(プレミアム
会員又は一般会員)としてのログインが必要です。
通常、Profession Journalはプレミアム会員専用の閲覧サービスですので、プレミアム
会員のご登録をおすすめします。
プレミアム会員の方は下記ボタンからログインしてください。

プレミアム会員のご登録がお済みでない方は、下記ボタンから「プレミアム会員」を選択の上、お手続きください。

〈エピソードでわかる〉

M&A最前線

【第5回】

「なぜ今、病院のM&Aが注目されるのか」

-医療業M&Aにおける譲渡側・譲受側それぞれのメリット①-

 

株式会社日本M&Aセンター
医療介護支援部
永泉 耀

 

【第5回】は、近年注目されている医療業界のM&Aについて、ご紹介します。

今日の医療業をとりまく経営環境を整理しながら、「なぜ今、病院のM&Aが注目されるのか」というテーマに基づき、譲渡側のメリット、譲受側のメリットとそれぞれの視点に焦点を置き、実例を挙げていきながら解説します。

個人経営の無床診療所から500床規模の地域の中核を担うような医療法人まで、日本M&Aセンターでは、多くの医療業のM&Aを支援してきました。医療業においてM&Aが近年より一層業界の「スタンダード」となってきているのではないでしょうか。

M&Aによる医療業の事業譲渡は、譲渡側、譲受側ともに明確なメリットがあります。まず、譲渡側の「後継者不在」により、第三者への事業承継を行うことで、地域医療、地域社会を支える「事業承継型」のM&A。また、年々厳しくなっていく病院をとりまく経営環境の中で、これまでと同じような単独事業で経営を行っていくことが大変困難な時代となってきています。その1つの打開策として、医療と経営を分離することで解決する「医経営分離型」のM&A。

一方、譲受側では、業界での事業拡大や新規参入において、M&Aを用いて既存の経営基盤を活かすことでリスクヘッジし、より有利な状態で、厳しい市場状況に立ち向かっていくM&Aも多く見受けられるようになりました。

 

1 後継者問題の解決✕独立開業の実現-譲渡法人P診療所✕譲受者Q医師の場合

譲渡法人の理事長である自分は高齢でいつまで事業を続けられるかわからず、かといって適当な後継者もいない。診療所理事長の多くが抱えている問題です。本事例では、「独立したい」という想いを持った買い手側の医師とのマッチングが大きなポイントになりました。

この記事全文をご覧いただくには、プロフェッションネットワークの会員(プレミアム
会員又は一般会員)としてのログインが必要です。
通常、Profession Journalはプレミアム会員専用の閲覧サービスですので、プレミアム
会員のご登録をおすすめします。
プレミアム会員の方は下記ボタンからログインしてください。

プレミアム会員のご登録がお済みでない方は、下記ボタンから「プレミアム会員」を選択の上、お手続きください。

連載目次

筆者紹介

株式会社日本M&Aセンター

株式会社日本M&Aセンターは、M&A仲介業のリーディングカンパニーとして、「M&A業務を通じて企業の存続と発展に貢献する」ことを企業理念とし、創業以来累計7,000件を超えるM&A支援実績を有しています。
1,000を超える公認会計士、税理士事務所が加盟する日本M&A協会を組織し、全国ネットワークを構築。公認会計士、税理士と協働し事業承継やM&Aに関する相談機会の創出を加速し、M&Aマッチングを強化しています。

〔執筆メンバー〕
常務執行役員 提携統括事業部 事業部長 鈴木 康之
コーポレートアドバイザー統括部 ゼネラルマネージャー 経営支援室 副室長 公認会計士 ⾧坂 晃義
提携統括事業部 東日本会計部 シニアチーフ 豊田 元幹
業種特化事業部 医療介護支援部 永泉 耀

関連書籍

中小企業のための 成功する 健康経営実践ガイド

特定社会保険労務士 稲田耕平 編著 社会保険労務士 阿藤通明 著 特定社会保険労務士 石原美由紀 著 産業医 今井鉄平 著 中小企業診断士 小川亮一 著 特定社会保険労務士 澤上貴子 著 特定社会保険労務士 鈴木光子 著 特定社会保険労務士 田中亮子 著 特定社会保険労務士 坂野祐輔 著 特定社会保険労務士 山岡洋秋 著 特定社会保険労務士 八巻裕香 著

中小企業の事業承継

税理士 牧口晴一 著 名古屋商科大学大学院教授 齋藤孝一 著

相続・事業承継に役立つ生命保険活用術

税理士法人レディング 税理士 木下勇人 著

新着情報

もっと⾒る

記事検索

メルマガ

メールマガジン購読をご希望の方は以下に登録してください。

#
#