公開日: 2022/12/15 (掲載号:No.499)
文字サイズ

社員の不妊治療をサポートする会社環境整備のポイント 【後編】

筆者: 飯野 正明

社員の不妊治療をサポートする会社環境整備のポイント

【後編】

 

Be Ambitious社会保険労務士法人 代表社員
特定社会保険労務士
 飯野 正明

 

《【前編】はこちら

1 不妊治療の現状

2 不妊治療のこと、ご存じですか?

3 職場で求められる配慮

 

4 どんな制度が必要か

会社は不妊治療と仕事の両立を支援するために、どのような制度を整えればよいかについて考えてみます。

〈図表6〉 不妊治療を行っている従業員が受けられる支援制度等の実施状況

〈図表6〉を見ると実際には、制度として行っていると回答した会社の割合は9%となっており、まだまだ支援の制度化は進んでいないようです。支援をしていない理由としては、「要望等が表面化していないため」「対象者がいないため」「不妊治療を行っている従業員を把握していないため」が多く挙げられています。労働者が会社に「伝えていない」ので、「不妊治療と仕事の両立」を課題として捉えられていない現状となっていると考えられます。

この記事全文をご覧いただくには、プロフェッションネットワークの会員(プレミアム
会員又は一般会員)としてのログインが必要です。
通常、Profession Journalはプレミアム会員専用の閲覧サービスですので、プレミアム
会員のご登録をおすすめします。
プレミアム会員の方は下記ボタンからログインしてください。

プレミアム会員のご登録がお済みでない方は、下記ボタンから「プレミアム会員」を選択の上、お手続きください。

社員の不妊治療をサポートする会社環境整備のポイント

【後編】

 

Be Ambitious社会保険労務士法人 代表社員
特定社会保険労務士
 飯野 正明

 

《【前編】はこちら

1 不妊治療の現状

2 不妊治療のこと、ご存じですか?

3 職場で求められる配慮

 

4 どんな制度が必要か

会社は不妊治療と仕事の両立を支援するために、どのような制度を整えればよいかについて考えてみます。

〈図表6〉 不妊治療を行っている従業員が受けられる支援制度等の実施状況

〈図表6〉を見ると実際には、制度として行っていると回答した会社の割合は9%となっており、まだまだ支援の制度化は進んでいないようです。支援をしていない理由としては、「要望等が表面化していないため」「対象者がいないため」「不妊治療を行っている従業員を把握していないため」が多く挙げられています。労働者が会社に「伝えていない」ので、「不妊治療と仕事の両立」を課題として捉えられていない現状となっていると考えられます。

この記事全文をご覧いただくには、プロフェッションネットワークの会員(プレミアム
会員又は一般会員)としてのログインが必要です。
通常、Profession Journalはプレミアム会員専用の閲覧サービスですので、プレミアム
会員のご登録をおすすめします。
プレミアム会員の方は下記ボタンからログインしてください。

プレミアム会員のご登録がお済みでない方は、下記ボタンから「プレミアム会員」を選択の上、お手続きください。

連載目次

社員の不妊治療をサポートする会社環境整備のポイント

【前編】

1 不妊治療の現状

2 不妊治療のこと、ご存じですか?

3 職場で求められる配慮

【後編】

4 どんな制度が必要か

5 まとめ

筆者紹介

飯野 正明

(いいの・まさあき)

特定社会保険労務士
Be Ambitious社会保険労務士法人 代表社員

社会人歴27年は社労士業界一筋。現在は、経営者として8名の職員の「働き方改革」に取組ながら、中小企業の労務管理を支援している。これまで、社長とその母親の2名の印刷業から、1万名超規模の不動産業、その業種は、オフィス製品の製造販売、建設業、警備業、小売業、金融業、飲食業、IT関連企業や外資系企業など多種多様な企業の労務管理に携わる (関与先企業数600社以上) 。

ホームページ: http://www.sr-iino.com/
お問い合わせ: http://www.sr-iino.com/contact/contact.php

関連書籍

記事検索

メルマガ

メールマガジン購読をご希望の方は以下に登録してください。

#
#