Profession Journal » 労務・法務・経営 » 労務 » 労働基準関係 » 誤りやすい[給与計算]事例解説〈第10回〉-賞与計算(1)-【事例①】退職時の社会保険料控除

誤りやすい[給与計算]事例解説〈第10回〉-賞与計算(1)-【事例①】退職時の社会保険料控除

筆者:安田 大

文字サイズ

誤りやすい [給与計算] 事例解説

〈第10回〉

-賞与計算(1)-

 

税理士・社会保険労務士  安田 大

 

前回まで、誤りやすい給与計算事例について、労働基準法などの労働法規面から、社会保険や労働保険に関する法律面から、また所得税や地方税の税務面から、取り上げてきたところである。
今回から3回にわたり、給与計算に引き続いて、賞与計算で発生しがちな事例を取り上げ、正しい処理と考え方を解説していくことにする。

【事例①】―退職時の社会保険料控除

当社では12月5日に賞与を支給し、社会保険の被保険者については、社会保険料の被保険者負担分を控除した。
その後、賞与の支給を受けた社員Aが12月28日に退職したが、社会保険料に関する処理は特に行っていない。


○記事全文をご覧いただくには、プレミアム会員としてのログインが必要です。
○プレミアム会員の方は下記ボタンからログインしてください。

○プレミアム会員のご登録がお済みでない方は、下記ボタンから「プレミアム会員」を選択の上、お手続きください。

○一般会員の方は、下記ボタンよりプレミアム会員への移行手続きができます。

○非会員の皆さまにも、期間限定で閲覧していただける記事がございます(ログイン不要です)。
こちらからご覧ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者紹介

  • 安田 大

    (やすだ・だい)

    税理士・社会保険労務士

    東京都出身、慶應義塾大学経済学部卒業。
    1993年、税理士・社会保険労務士登録、開業。現在、あすか会計事務所代表。
    事務所経営の傍ら、書籍・雑誌の執筆や実務セミナー講師、社会福祉法人・公益財団法人等の監事を務める。

    【著書】
    ・『Q&A人事・労務専門家のための税務知識』(中央経済社)
    ・『入門の入門 図解でわかる減価償却のしくみ』
    ・『小さな会社の総務・経理の仕事ができる本』
    ・『人気講師が教える税理士最短最速合格法』
    ・『税金のキモが2時間でわかる本』 (以上、日本実業出版社)
    ・『税務・会計担当者のための労務知識』(TAC出版)
    ・『給与計算セミナー実況中継』
    ・『初心者にもよくわかる給与計算マニュアル』 (以上、日本法令)
    など

関連書籍

関連セミナー/研修

Profession Journal » 労務・法務・経営 » 労務 » 労働基準関係 » 誤りやすい[給与計算]事例解説〈第10回〉-賞与計算(1)-【事例①】退職時の社会保険料控除

Copyright ©2012- Profession Network Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll to top
Go to home