Profession Journal » 労務・法務・経営 » 労務 » 労働基準関係 » 会社が取り組む社員の健康管理【第2回】「健康診断を実施する際のポイント」

会社が取り組む社員の健康管理【第2回】「健康診断を実施する際のポイント」

筆者:佐藤 信

文字サイズ

会社が取り組む

社員の健康管理

【第2回】

「健康診断を実施する際のポイント」

 

社会保険労務士 佐藤 信

 

1 はじめに

健康診断において脳・心臓疾患に関連する所見をはじめ、何らかの所見を有する労働者が年々増加する傾向にあり、労働者の健康確保は大きな課題となっている。

労働者が健康を維持しながら働き続けるためには、会社が労働者の健康状態を的確に把握し、適切な健康管理を行うことが不可欠である。

【参考】
有所見者の割合の推移をみると、平成10年までは30%台後半で推移、その後徐々に高まり平成20年以降は50%を超え、平成23年には52.7%と増加傾向にある。

 

2 健康診断のポイント

会社が実施する健康診断について、認識しておきたい点は次のとおりである。

① 実施は会社に義務づけられている(労働安全衛生法)

② 判定を含め、医師が行う

③ 健康診断の項目や実施頻度などが定められている

④ 必要に応じ事後措置をとる。事後措置の内容についても法令に定めあり。

特に④の「事後措置」については、既に生じている健康障害の悪化や再発を防ぎ、他の労働者の予防に活かしていくためにも重視したい(事後措置の具体的な方法については、次回解説する)。

 

3 健康診断の実施目的

健康障害の早期発見、業務上の事故や疾病の防止につなげていくためにも、健康診断が形式的なものとならぬよう、以下のような目的を持って実施していくことが望ましいといえる。


○記事全文をご覧いただくには、プレミアム会員としてのログインが必要です。
○プレミアム会員の方は下記ボタンからログインしてください。

○プレミアム会員のご登録がお済みでない方は、下記ボタンから「プレミアム会員」を選択の上、お手続きください。

○一般会員の方は、下記ボタンよりプレミアム会員への移行手続きができます。

○非会員の皆さまにも、期間限定で閲覧していただける記事がございます(ログイン不要です)。
こちらからご覧ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者紹介

  • 佐藤 信

    (さとう・まこと)

    社会保険労務士
    佐藤社会保険労務士事務所
    人事・労務管理information

    1993(平成 5)年3月 法政大学経済学部経済学科卒
    1993(平成 5)年4月 コンピュータ販売会社にて販売企画調査職担当
    1997(平成 9)年 社会保険労務士試験合格
    1998(平成10)年 佐藤社会保険労務士事務所開設
    人事・労務管理のコンサルティング、労務監査、就業規則の作成、労働保険、社会保険の手続、セミナーや勉強会の講師などを行っています。

    【講師業、執筆業】
    1998(平成10)年から2010(平成22)年まで約13年間、週末に社会保険労務士資格取得の専門学校にて講師業を行うとともに、受験向けのテキスト等を執筆。その他実務者向け定期購読誌の原稿校正等を実施。
    上記講師経験を活かし各種セミナー、企業研修の講師を行っています。
    また、各種実務書籍等の執筆依頼についても承っております。

Profession Journal » 労務・法務・経営 » 労務 » 労働基準関係 » 会社が取り組む社員の健康管理【第2回】「健康診断を実施する際のポイント」

Copyright ©2012- Profession Network Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll to top
Go to home