Profession Journal » 労務・法務・経営 » 労務 » 労働基準関係 » 年俸制と裁量労働制  【第3回】「2種類の裁量労働制の特徴」

年俸制と裁量労働制  【第3回】「2種類の裁量労働制の特徴」

筆者:成澤 紀美

文字サイズ

年俸制と裁量労働制

【第3回】

「2種類の裁量労働制の特徴」

 

なりさわ社会保険労務士事務所 代表
特定社会保険労務士 成澤 紀美

 

裁量労働制とは、業務の遂行手段や時間配分について、使用者が細かく指示するのではなく、労働者本人の裁量に任せ、実際の労働時間数とは関係なく、労使の合意で定めた労働時間数を働いたものとみなす制度である。

裁量労働制には、「専門業務型」と「企画業務型」という2つの種類がある。

 

専門業務型裁量労働制

専門業務型裁量労働制は、業務の性質上その遂行方法を労働者の大幅な裁量に委ねる必要性があるため、業務遂行の手段及び時間配分につき具体的指示をすることが困難な一定の専門的業務に適用されるもので、現在19種類の業務に適用されている。


○記事全文をご覧いただくには、プレミアム会員としてのログインが必要です。
○プレミアム会員の方は下記ボタンからログインしてください。

○プレミアム会員のご登録がお済みでない方は、下記ボタンから「プレミアム会員」を選択の上、お手続きください。

○一般会員の方は、下記ボタンよりプレミアム会員への移行手続きができます。

○非会員の皆さまにも、期間限定で閲覧していただける記事がございます(ログイン不要です)。
こちらからご覧ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者紹介

  • 成澤 紀美

    (なりさわ・きみ)

    特定社会保険労務士
    社会保険労務士法人スマイング 代表社員
     http://www.nari-sr.net

    弘前大学人文学部卒業、システムエンジニアとしてシステム構築設計に従事。
    平成11年1月に社会保険労務士登録。

    IT業界に特化した人事労務ノウハウをもち、採用支援・人事労務管理・人事制度や賃金退職金制度の見直し・給与計算・社会保険手続き代行と、ワンストップサービスを行っている。

Profession Journal » 労務・法務・経営 » 労務 » 労働基準関係 » 年俸制と裁量労働制  【第3回】「2種類の裁量労働制の特徴」

Copyright ©2012- Profession Network Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll to top
Go to home