Profession Journal » 労務・法務・経営 » 経営 » 〔検証〕適時開示からみた企業実態 【事例18】株式会社大戸屋ホールディングス 「第34回定時株主総会における議案の一部否決に関するお知らせ」(2017.6.29)

〔検証〕適時開示からみた企業実態 【事例18】株式会社大戸屋ホールディングス 「第34回定時株主総会における議案の一部否決に関するお知らせ」(2017.6.29)

筆者:鈴木 広樹

文字サイズ

〔検証〕

適時開示からみた企業実態

【事例18】

株式会社大戸屋ホールディングス

「第34回定時株主総会における議案の一部否決に関するお知らせ」

(2017.6.29)

 

事業創造大学院大学 准教授
鈴木 広樹

 

1 今回の適時開示

今回取り上げる適時開示は、株式会社大戸屋ホールディングス(以下「大戸屋」という)が平成29年6月29日に開示した「第34回定時株主総会における議案の一部否決に関するお知らせ」である。

同社は、平成29年5月10日、従業員等に対してストックオプションを付与するという内容の「ストックオプション(新株予約権)の付与に関するお知らせ」を開示していた。そのストックオプションの付与が、平成29年6月28日開催の定時株主総会において否決されたのである(翌日の平成29年6月29日ではなく平成29年6月28日中に開示すべきであったが)。

 

2 可決された議案

大戸屋は、平成29年5月10日、「ストックオプション(新株予約権)の付与に関するお知らせ」とともに「創業者功労金の贈呈に伴う特別損失の計上に関するお知らせ」も開示している。創業者功労金として2億円を支払うという内容だが、その決定理由として次のような記載がある。


○記事全文をご覧いただくには、プレミアム会員としてのログインが必要です。
○プレミアム会員の方は下記ボタンからログインしてください。

○プレミアム会員のご登録がお済みでない方は、下記ボタンから「プレミアム会員」を選択の上、お手続きください。

○一般会員の方は、下記ボタンよりプレミアム会員への移行手続きができます。

○非会員の皆さまにも、期間限定で閲覧していただける記事がございます(ログイン不要です)。
こちらからご覧ください。

連載目次

〔検証〕 適時開示からみた企業実態

  • 【事例1】
    株式会社東芝「当社子会社であるウェスチングハウス社に係るのれんの減損について(2015.11.17)」
  • 【事例2】
    セーラー万年筆株式会社「代表取締役および役員の異動に関するお知らせ(2015.12.12)」
  • 【事例3】
    AppBank株式会社「過年度に係る決算短信等(一部訂正)の公表について(2016.2.17)」
  • 【事例4】
    クックパッド株式会社「代表執行役の異動に関するお知らせ(2016.3.24)」
  • 【事例5】
    株式会社小僧寿し「平成27年12月期通期連結業績予想と実績値との差異に関するお知らせ(2016.2.17)」
  • 【事例6】
    株式会社シャープ「ストック・オプション(新株予約権)の割当てに関するお知らせ(2016.5.12)」
  • 【事例7】
    アキュセラ・インク「ドライ型加齢黄斑変性治療薬候補『エミクススタト塩酸塩』の 臨床第2b/3相試験におけるトップラインデータについて(2016.5.26)」
  • 【事例8】
    ソフトバンクグループ株式会社「代表取締役の異動(退任)に関するお知らせ(2016.6.21)」
  • 【事例9】
    株式会社王将フードサービス「『第三者委員会調査報告書提言に対する当社取り組みについて』 の報告終了に関するお知らせ(2016.8.12)」
  • 【事例10】
    株式会社ピーシーデポコーポレーション「弊社プレミアムサービスご契約のお客様対応に関するお知らせ(2016.8.17)」
  • 【事例11】
    株式会社東芝「CB&Iの米国子会社買収に伴うのれん及び損失計上の可能性について(2016.12.27)」
  • 【事例12】
    株式会社デジタルデザイン「臨時株主総会の開催日並びに基準日の変更に関するお知らせ」(2017.1.6)」
  • 【事例13】
    株式会社あみやき亭「平成29年3月期第3四半期決算短信」(2017.1.4)
  • 【事例14】
    クックパッド株式会社「平成28年12月期決算短信」(2017.2.9)
  • 【事例15】
    株式会社フュートレック「監査等委員会設置会社への移行中止に関するお知らせ」(2017.4.21)
  • 【事例16】
    株式会社東芝「2016年度通期業績見通しに関するお知らせ」(2017.5.15)
  • 【事例17】
    ソレキア株式会社「佐々木ベジ氏による当社株券に対する公開買付けの結果並びに主要株主である筆頭株主の異動に関するお知らせ」(2017.5.24)
  • 【事例18】
    株式会社大戸屋ホールディングス「第34回定時株主総会における議案の一部否決に関するお知らせ」(2017.6.29)
  • 【事例19】
    出光興産株式会社「株主による新株式発行の差止め仮処分の申立てに関するお知らせ」(2017.7.5) 9/28公開
このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者紹介

  • 鈴木 広樹

    (すずき・ひろき)

    事業創造大学院大学 准教授

    1995年早稲田大学政治経済学部卒業。
    証券会社勤務等を経て、2010年より事業創造大学院大学准教授。

    【主著】
    『タイムリー・ディスクロージャー(適時開示)の実務』税務研究会
    『株式投資に活かす適時開示』国元書房
    『株式投資の基本-伸びる会社がわかる財務諸表の読み方』税務経理協会
    検証・裏口上場-不適当合併等の事例分析』清文社
    『適時開示実務入門』同文舘
    税務コンプライアンスの実務』(共著) 清文社

関連書籍

Profession Journal » 労務・法務・経営 » 経営 » 〔検証〕適時開示からみた企業実態 【事例18】株式会社大戸屋ホールディングス 「第34回定時株主総会における議案の一部否決に関するお知らせ」(2017.6.29)

Copyright ©2012- Profession Network Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll to top
Go to home